2020年3月8日【弥生賞】終了時点までのデータをもとに、オーソリティの好走パターンを分析。

オーソリティの距離適性

オーソリティはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

芝1800m(1-0-0-0)

芝2000m(1-0-1-1)

デビュー4戦。

現状では中距離は安定してそう。

オーソリティの脚質

オーソリティの好走時の脚質は先行策。

3~4番手で競馬を進めて、終いは33秒台の末脚を繰り出す。

ただ、今のところ好走したのは緩いペースのみ。

ペースが上がった「ホープフルS(G1)」では、スタート後に不利はあったが、終いの脚はパッとしなかった。

オーソリティのコース適正

オーソリティの競馬場ごとの着度数は次の通り;

函館(1-0-0-0)

中山(1-0-1-1)

いずれも直線の短いコースでの勝ち鞍。

直線の長い競馬場での適正は未知数だが、ペースが落ち着きやすい分、戦いやすいかもしれない。

オーソリティの持ち時計(ベストタイム)

オーソリティの持ち時計は次の通り;

芝1800m:1.54.9 1着(1.0差・函館)

芝2000m:2.02.2 5着(0.8差・中山)

いずれの時計も、同クラス条件で比較してみても決して速くはなく、どちらかと言えば遅い。

今後、速い時計にどれだけ対応できるかは未知数。

オーソリティの重馬場適正

オーソリティの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-1-0)

道悪はこなしはするが、巧いかどうかはまだ未知数。

オーソリティの鉄砲実績(休み明け)

オーソリティの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-1)

問題なさそう。

オーソリティの近走診断

19/7/7 2歳新馬戦

函館 芝1800m 良

着順:1着(クビ差)騎手:池添謙一(54キロ)

6枠6番から3~4番手で追走。

残り600mで仕掛けて行って、4角では先頭を窺う勢い。

残り200m付近から抜け出して、10番ブラックホールには詰め寄られるがクビ差しのいでゴール。

中盤緩く、上りだけの競馬。

順当勝ち。

19/9/22 芙蓉S(2歳オープン)

中山 芝2000m 良

着順:1着(-0.6差)騎手:池添謙一(54キロ)

6頭立ての4番手から追走。

ゆったりした流れの中、3~4角で仕掛けて行って、直線を向くころには先頭に並びかける。

坂の上りで先頭を交わし、そのまま後続を突き放してゴール。

坂で一気に伸びた感じ。

上り時計はメンバー最速の33.8秒。

パワーを感じさせる走りだが、ペースはかなり緩かった。

19/12/28 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良 13頭

着順:5着(2.02.2・0.8差)

騎手:池添謙一(55キロ)

7枠11番からのスタートだったが、スタート後に挟まれる不利で位置取りがいつもより後ろになった。

残り600mを切って一気に順位を押し上げて行って4角では4番手の外。

直線は馬場の中ほどを追い上げてくるが、早目のスパートが効いたのか、坂下から伸びを欠いた。

上り時計はメンバー4位の36.3秒。

スタート後、同じように挟まれて不利を受けたワーケアは3着に入っている。

不利があったとは言っても、ちょっと物足りない内容。

過去2走に比べて、ペースが一気に速くなったことが上がり時計に影響しているとすれば、先行きがあまり明るくない。

20/3/8 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 重 11頭

着順:3着(2.03.3・0.4差)

騎手:L.ヒューイットソン(56キロ)

中団の前につけて、直線ではサトノフラッグの内側で食い下がるが、最後の坂で伸びきれなかった感じ。

レースは重馬場にしては締まった展開。

レースの上りも36.6秒かかっている。

このタフな展開で3着に粘れたことは収穫。

「ホープフルS」で0.3秒だったワーケアとの差も0.1秒まで詰めた。

オーソリティの次走

次走は5月2日、東京競馬場の芝2400mで行われるダービートライアルの「青葉賞(G2)」。

左回りの東京は初めてとなるが、コース替わりで変わり身はあるか?