2021年3月13日【中山牝馬S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、サトノダムゼルの好走パターンを分析。

サトノダムゼルの距離適性

サトノダムゼルはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(4-2-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-3)

ベストは1800m。連対を外したのは不良馬場の「中山牝馬S」のみ。

2000mはギリギリっぽいが、緩い流れならなんとかなりそう。

サトノダムゼルの脚質

前でも踏ん張れるし、後ろからでも脚は出せる。

ただ、これまでの好走例はどれも緩めのペース。

締まった流れでどうか?

サトノダムゼルのコース適正

サトノダムゼルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(2-0-0-1)
  • 東京(1-1-0-0)
  • 中山(1-1-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)

「軽い」、「重い」で言えば、重い芝のコース形態の方がレースはしやすそう。

サトノダムゼルの持ち時計(ベストタイム)

サトノダムゼルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.1 1着(新潟)
  • 芝2000m:1.59.6 7着(中京)

速い時計は得意ではないだろう。

サトノダムゼルの重馬場適正

サトノダムゼルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-1)
  • 重(3-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

道悪で走っているのはすべて下級条件。

OPでは不良馬場の「中山牝馬S」で8着に負けている。


サトノダムゼルの枠順適正

サトノダムゼルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-1)
  • 5~9番(2-1-0-0)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

サトノダムゼルの鉄砲実績(休み明け)

サトノダムゼルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

休み明けが良い。

サトノダムゼルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-2)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

サトノダムゼルの斤量別着度数

  • 52キロ(2-0-0-0)
  • 53キロ(0-0-0-3)
  • 54キロ(1-2-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-1)

サトノダムゼルの連対体重

  • 448~470キロ

サトノダムゼルの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はアカテナンゴ(ハンプトン系)。

アカテナンゴは欧州で走り、G1を7勝。主戦場は芝の2000~2500m。

全兄は中央でOPまで勝ち上がったサトノキングダム。主戦場は芝の1800mで、芝2000m以上での勝ち鞍はない。

サトノダムゼルの前走

21/1/16 愛知杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:7着(0.9差)

騎手:川田将雅(53キロ)

道中は前の3頭からは離れた4番手。

4角は先頭との差も詰めて4番手の内で直線。

直線も坂の上りまでは粘りを見せていたが、ラスト200mで脚色が鈍った。

おそらくこれまでのキャリアの中では最も締まったレース展開だっただろう。

ハンデ53キロでこの着差。

距離とペースに課題が残った。

2021年 愛知杯(G3)のラップ分析&回顧

21/3/13 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 不良

着順:8着(1.55.7・0.9差)

騎手:田辺裕信(53キロ)

道中は中団の前目。

4角は5番手の外で直線に向くが、直線ではすでに脚は残っていなかった。

この馬も過去には道悪は走っているが、パワー以上にスタミナを求められる今回のような道悪は割引かも。

2021年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

次走、府中牝馬S(G2)に向けて

次走は10月16日(土)、東京競馬場 芝1800m(内)で行われる「府中牝馬S(G2)」。

約5か月ぶりの競馬。

適距離で適コース。

緩い流れなら、まったくの無印はちょっと怖い。

 

⇒その他、2021・府中牝馬S(G2)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)