2021年1月16日【愛知杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、サトノダムゼルの好走パターンを分析。

サトノダムゼルの距離適性

サトノダムゼルはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(4-2-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-3)

1800mではまだ底を見せていない。

2000mも緩い流れならなんとかなりそう。

サトノダムゼルの脚質

前でも踏ん張れるし、後ろからでも脚は出せる。

スタミナ、パワーはありそうなので、道悪は走る。

ただ、これまでの好走例はどれも緩めのペース。

締まった流れでどうか?

サトノダムゼルのコース適正

サトノダムゼルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(2-0-0-1)
  • 東京(1-1-0-0)
  • 中山(1-1-0-0)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)

「軽い」、「重い」で言えば、重い芝のコース形態の方がレースはしやすそう。

サトノダムゼルの持ち時計(ベストタイム)

サトノダムゼルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.1 1着(新潟)
  • 芝2000m:1.59.6 7着(中京)

速い時計は得意ではないだろう。

サトノダムゼルの重馬場適正

サトノダムゼルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-1)
  • 重(3-0-0-0)
  • 不良(未)

デムーロ騎手は道悪は良くない旨の談話を残しているが、結果としては道悪は走る。


サトノダムゼルの枠順適正

サトノダムゼルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-1)
  • 5~9番(2-1-0-0)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(未)

サトノダムゼルの鉄砲実績(休み明け)

サトノダムゼルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

サトノダムゼルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-2)
  • 3~5月(春):(未)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

サトノダムゼルの斤量別着度数

  • 52キロ(2-0-0-0)
  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(1-2-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-1)

サトノダムゼルの連対体重

  • 448~470キロ

サトノダムゼルの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はアカテナンゴ(ハンプトン系)。

アカテナンゴは欧州で走り、G1を7勝。主戦場は芝の2000~2500m。

全兄は中央でOPまで勝ち上がったサトノキングダム。主戦場は芝の1800mで、芝2000m以上での勝ち鞍はない。

サトノダムゼルの評価

非常に安定した戦績を残しているが、2000mの距離が微妙。

「秋華賞」での大敗はどう見るか?

2019年の「秋華賞」は非常にタフな馬場でのレースになったが、タフな馬場はサトノダムゼルにとってはプラス材料。

それでいてあの大敗なのだから敗因が気になる。

ローテが中2週-中3週と詰まっていたことに加え、初めての長距離輸送で体重を減らしていたことも敗因の一つと考えられるが、距離が長かった可能性も捨てきれない。

2020年の「新潟記念」は0.3差の5着だが、残り200mあたりまでは先頭に立っていた。

残り200mからは内に刺さって苦しそうにも見えたが・・・。

全兄のサトノキングダムも2000mの距離に勝ち鞍はなかった。

サトノダムゼルの前走

21/1/16 愛知杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:7着(0.9差)

騎手:川田将雅(53キロ)

道中は前の3頭からは離れた4番手。

4角は先頭との差も詰めて4番手の内で直線。

直線も坂の上りまでは粘りを見せていたが、ラスト200mで脚色が鈍った。

おそらくこれまでのキャリアの中では最も締まったレース展開だっただろう。

ハンデ53キロでこの着差。

距離とペースに課題が残った。

2021年 愛知杯(G3)のラップ分析&回顧

サトノダムゼルの次走

次走は3月13日(土)、中山競馬場 芝1800mで行われる「中山牝馬S(G3・ハンデ)」。

ハンデは53キロ。

底を見せていない千八の距離だが、オープンクラスの流れに対応できるか?

 

その他、中山牝馬S(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)