2020年10月11日【毎日王冠】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、サリオスの好走パターンを分析。

サリオスの距離適性

サリオスはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-0-0-0)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(0-1-0-0)
  • 芝2400m(0-1-0-0)

1800mまでならパーフェクト。

2000m以上にしても、「皐月賞」では勝ったコントレイルに半馬身差、3着のガロアクリークには3馬身半つけているのだから、まったくダメと言うわけではない。

サリオスの脚質

ハイラップをものともしない圧倒的なスピード持続力が最大の武器。

末脚のキレ味も一級品だが、頂点を獲るなら積極的な競馬が必須。

サリオスのコース適正

サリオスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(3-1-0-0)
  • 中山(0-1-0-0)
  • 阪神(1-0-0-0)

好位で競馬ができるので、コースによる巧拙はあまり生じないだろう。

サリオスの持ち時計(ベストタイム)

サリオスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.7 1着(-0.2差・東京)※2歳レコード
  • 芝1800m:1.45.5 1着(-0.5差・東京)
  • 芝2000m:2.00.8 2着(0.1差・中山)
  • 芝2400m:2.24.6 2着(0.5差・東京)

高速馬場、高速決着はなんら問題はない。

サリオスの重馬場適正

サリオスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

本格的な道悪はまだ未知数。

サリオスの鉄砲実績(休み明け)

サリオスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-1-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)

サリオスの枠順適正

サリオスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(3-1-0-0)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(未)

サリオスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-2-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-0)

サリオスの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-0)
  • 55キロ(2-0-0-0)
  • 57キロ(0-2-0-0)

サリオスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 528~540キロ

サリオスの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母の父はロミタス(ND系ニジンスキー)。

ロミタスは欧州、米国で走り、芝のG1を3勝。主戦場は芝の1600m~2400m。G1勝利は3勝とも芝2400m。

半姉に2020年の「府中牝馬S(G2)」を勝ったサラキア(父はディープインパクト)。

サリオスのここまでの走り

19/6/2 2歳新馬 8頭立て

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.37.1 -0.3差)

騎手:レーン(54キロ)

8頭立ての5番手からの競馬。

直線残り200mで抜け出すと、あとはほぼ馬なりで余裕のゴール。

2着馬に2馬身、3着馬に9馬身つける圧勝。

レース内容は超スローの上りだけの競馬だが、圧倒的な瞬発力を見せつけた。

19/10/5 サウジアラビアカップRC(G3) 9頭立て

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.32.7 -0.2差)※レコード

騎手:石橋脩(55キロ)

時計の出る馬場状態、出たなりの3番手で追走。

新馬戦と比べると一気にペースもアップしていたが、3番手を楽に追走し、直線は残り300mあたりから2着に入ったクラヴァシュドールと併せ馬の状態で伸びてくる。

ゴール前、追いすがるクラヴァシュドールを1馬身1/4離してゴール。

上りは最速33.1秒でレコードタイムのおまけつき。

3番手追走でこの上り。

とてつもない瞬発力。

19/12/8 朝日杯FS(G1) 16頭立て

阪神 芝1600m(外) 良

着順:1着(1.33.0 -0.4差)

騎手:ムーア(55キロ)

今走も3番手だが、逃げたビアンフェが刻むペースが桁外れに速かった。

それでも残り300m付近で先頭に並びかけると、残り200mの急坂で一気に抜け出し、あとは後続に2馬身半つける圧勝劇。

前走のとてつもない瞬発力に加えて、今走ではとてつもないスタミナとパワー。

これは相当に強い。

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:2着(2.00.8・0.1差)

騎手:レーン(57キロ)

道中は中団の前、4~5番手。

4角も4番手で回って、直線入口では早くも先頭に立ち抜け出しを計るが、後方から追い込んで来たコントレイルと坂下から馬体を併せての激しい追い比べ。

結果、ゴール前で半馬身及ばずの2着。

3~4角で馬場の悪い内目を走ったサリオスに対して、馬場の荒れていない大外を回したコントレイル。

どちらも一長一短あるだけに、サリオスに不利な展開だったとは言い難い。

ただ道中、離して逃げたキメラヴェリテの位置でサリオスが競馬をしていたら結果はどうだったか?

いつもよりは位置取りが若干後ろだったような気がしないでもない。

 2020年 皐月賞のラップ分析&回顧

20/5/31 日本ダービー(G1)

東京 芝2400m 良

着順:2着(2.24.6・0.5差)

騎手:レーン(57キロ)

道中は中団の外目。

4角も大外を回して直線で追い込んでくるが、先に抜け出したコントレイルとの差は一向に詰まらず。

いつもより位置取りが後ろになった。

あわせて、レースのペースはスロー。

スローの末脚勝負でコントレイルに勝てるわけがない。

12番ゲートと言うこともあっただろうが、どうしてもう少し積極的な競馬ができなかったのか?

持ち味のスタミナがまったく反映されないレースとなった。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

20/10/11 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 稍重

着順:1着(1.45.5・-0.5差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中はハイラップで逃げるトーラスジェミニから少し離れた4番手。

4角も4番手で直線に入ると、坂上までは楽な手応えで先頭との間を詰め、残り200mで気合を入れると、一瞬にして後続を引き離して余裕のゴール。

初めての古馬との一戦だったが、まるで古馬を子ども扱い。

ここでは力が違いすぎた。

2020年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

サリオスの次走

次走は11月22日、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「マイルCS(G1)」。

古馬、そして同世代の一線級を相手に、どのような走りを見せるのか、実に興味深い。

 

その他、マイルチャンピオンシップの出走馬を分析