2021年9月12日【セントウルS】終了時点までのデータをもとに、レシステンシアの好走パターンを分析。

レシステンシアの距離適性

レシステンシアはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-1-0-0)
  • 芝1400m(3-0-0-0)
  • 芝1600m(1-2-1-2)

ベストはマイルより、それより短い距離だろう。

レシステンシアの脚質

先行脚質。

前につければとにかくしぶとい。

スピード持続型。

瞬発力も相当なものを持っている印象だが、瞬発力だけの勝負では、他の一線級の末脚自慢には劣るところがあるかもしれない。

一番強さが引き立つのは、「肉を切らせて骨を断つ」感じのレース。

レシステンシアのコース適正

レシステンシアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-1-0-1)
  • 中京(1-1-0-0)
  • 京都(2-0-0-0)
  • 阪神(2-1-1-1)

レシステンシアの持ち時計(ベストタイム)

レシステンシアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.2 2着(中京)
  • 芝1400m:1.19.2 1着(阪神)※レコード
  • 芝1600m:1.31.9 6着(東京)

短距離なら、高速馬場、高速決着はそこそこ走れる。

レシステンシアの重馬場適正

レシステンシアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-2-0-0)

道悪は気にしないが、良馬場の方が当然良い。


レシステンシアの枠順適正

レシステンシアの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-1)
  • 5~9番(3-0-0-0)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(0-2-0-1)

先行脚質だけに、内枠が欲しいことは確か。

「桜花賞」、「高松宮記念」の2着も、外枠からのスタートがまったく影響していないことはないだろう。

レシステンシアの鉄砲実績(休み明け)

レシステンシアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-0-0)
  • 3戦目(0-1-0-1)

レシステンシアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(4-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-3-1-1)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(3-0-0-1)

レシステンシアの斤量別着度数

  • 54キロ(5-0-1-1)
  • 55キロ(0-3-0-1)

レシステンシアの好走体重

3着以内の体重は;

476~508キロ

レシステンシアの血統背景

父はダイワメジャー(サンデー系/皐月賞、秋天、マイルCS連覇、安田記念)。

母の父はリザードアイランド(ND系デインヒル)。

リザードアイランドは欧州などで走り、重賞はG2での1勝のみ。主戦場は芝の短距離。

レシステンシアの近走

19/10/14 2歳新馬 18頭立て

京都 芝1400m 稍重

着順:1着(1.22.9 -0.2差)

騎手:武豊(54キロ)

ラップも走破時計も至極平均的なタイム。

しかし当日の稍重馬場を考えると、前目につけて押し切ったレシステンシアのパワーは評価に値する。

19/11/2 ファンタジーS(G3) 15頭立て

京都 芝1400m 良

着順:1着(1.20.7 -0.2差)

騎手:北村友一(54キロ)

前半かなり速いペースを3番手で追走し、直線では早々に抜け出して押し切った。

スピード持続力もかなりのもの。

19/11/2 阪神JF(G1) 16頭立て

阪神 芝1600m 良

着順:1着(1.32.7 -0.8差)※2歳レコード

騎手:北村友一(54キロ)

今回は自ら逃げて速いラップを刻み、直線では早々に抜け出して一人旅。

後続に5馬身の差をつける圧巻のレコード結着。

強すぎる。

20/3/7 チューリップ賞(G2) 

阪神 芝1600m 良 14頭

着順:3着(1.33.5・0.2差)

騎手:北村友一(54キロ)

前走同様ハナを切るが、ペースは前走とは全く違い緩いラップを刻んで行く。

直線は残り200mまでは粘っていたが、そこからマルターズディオサ、クラヴァシュドールに交わされて3着。

自らスローのラップを刻み、末脚の強さを計ったのか?

いずれにしても瞬発力勝負では後手を踏むことが露呈した格好。

本番はまたぶっ飛ばすのか?

2020年 チューリップ賞(G2)のラップ分析&回顧

20/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m 重 18頭

着順:2着(1.36.3・0.2差)

騎手:武豊(55キロ)

外枠17番から、主張するスマイルカナにハナを譲るかたちで2番手追走。

ペースは重馬場にしてはかなりのハイラップ。

4角はスマイルカナと並ぶように直線に入り、しばしスマイルカナとの追い比べ。

坂を上って抜け出したように見えたが、外からのデアリングタクトの強襲に屈して2着。

良馬場なら?

枠がもう少し内目なら?

勝ったデアリングタクトも強かったが、レシステンシアにしても完敗という内容ではない。

2020年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

20/5/10 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良

着順:2着(1.32.7・0.2差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中はしっかりハナには立ったものの、直線では競り負けた。

雨の重馬場「桜花賞」の激戦から中3週。おまけに初めての長距離輸送に初めての左回り。

疲れや戸惑いは当然あった中、牡馬に混じっての2着確保はやはり強い。

2020年 NHKマイルC(G1)のラップ分析&回顧

20/11/22 マイルCS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:8着(1.32.8・0.8差)

騎手:北村友一(54キロ)

1枠2番の絶好枠からハナを切るが、ラップの出方は緩め。

4角も先頭で直線に向くが、直線では切れ味勝負の様相。

坂下で後続に交わされると、あとはズルズル。

もう少しペースを上げて逃げて欲しかったが、ケガがあり半年ぶりの競馬なら、仕方がない面もある。

この馬も力を出し切って負けたわけではないと思うので、古馬になってからの巻き返しに期待したい。

2020年 マイルCS(G1)のラップ分析&回顧

21/2/28 阪急杯(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:1着(1.19.2・-0.3差)※レコード

騎手:北村友一(54キロ)

スタート直後は内のロードアクアがハナを切るかに見えたが、スピードの違いでレシステンシアがハナを奪う。

道中はさほど飛ばさず平均的なラップを刻み、4角も先頭で直線。

直線では坂下から一気に後続を突き放し、レコードタイムでの圧勝。

瞬発力はイマイチなので「溜め逃げ」は危険と考えていたが、それは大きな間違いだった。

圧倒的なスピード持続力と瞬発力。

2021年 阪急杯(G3)のラップ分析&回顧

21/3/28 高松宮記念(G1)

中京 芝1200m 重

着順:2着(1.09.2・クビ差)

騎手:浜中俊(55キロ)

外枠16番から道中は好位の外。

4角も好位の7番手で直線に向き、直線は馬群の外目を追い込んでくるが、ゴール前、ダノンスマッシュにクビ差交わされての2着。

外枠が響いたが、それは勝ったダノンスマッシュも14番からなので言い訳にはならない。

道悪も走る馬だが、レコードを2度も出している馬だけに、良馬場の方が力は出しやすいのかも。

2021年 高松宮記念(G1)のラップ分析&回顧

21/5/16 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良

着順:6着(1.31.9・0.9差)

騎手:武豊(55キロ)

道中は先団3番手。

4角は2番手で直線に向き、直線は坂の上りで先頭に立つが、坂を上ってグランアレグリアにあっさりと交わされると、あとはゴール前、後続の末脚にも応戦できずに6着。

大外枠はあったにせよ、これくらいのペースならもう少しやれて当然の馬。

やはり現状ではマイルの距離は長くなったのだと思う。

スプリンターとして、もう一花咲かせて欲しい。

2021年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

21/9/12 セントウルS(G2)

中京 芝1200m 良

着順:1着(1.07.2・クビ差)

騎手:ルメール(54キロ)

4枠8番から、スタート良くハナを切れる体勢だったが、内からシャンデリアムーンが主張したため控えるかたちで、道中は2番手を追走。

4角も2番手で直線に向くと、直線では坂の上りでバテ気味のシャンデリアムーンを交わして先頭。

残り200mでは後続に1~2馬身の差をつけてこのまま楽に押し切るかと思われたが、ゴール前はちょっと息が上がった感じで、外から来たピクシーナイトに詰め寄られる。

しかし何とかクビ差凌いでゴール。

このハイペースを2番手で追走、最後は詰め寄られはしたが、休み明けを考えると及第点。

2021年 セントウルS(G2)のラップ分析&回顧

次走、スプリンターズS(G1)に向けて

次走は10月3日(日)、中山競馬場 芝1200mで行われる「スプリンターズS(G1)」。

当然中心になる馬。

勝ち負けしてくることは当然として、唯一心配な点は、中山コースが初めてだということ。

 

⇒その他、2021・スプリンターズS(G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)