2020年5月10日【NHKマイルC】終了時点までのデータをもとに、レシステンシアの好走パターンを分析。

レシステンシアの距離適性

レシステンシアはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(2-0-0-0)
  • 芝1600m(1-2-1-0)

現状では1600mがベスト。

レシステンシアの脚質

先行脚質。

前につければとにかくしぶとい。

スピード持続型。

瞬発力勝負では劣るので、とにかく前に出て、レースを作る必要がある。

まさに、「肉を切らせて骨を断つ」タイプの馬。

レシステンシアのコース適正

レシステンシアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-1-0-0)
  • 京都(2-0-0-0)
  • 阪神(1-1-1-0)

レシステンシアの持ち時計(ベストタイム)

レシステンシアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.7 1着(京都)
  • 芝1600m:1.32.7 1着(阪神)※レコード

高速馬場、高速決着は問題ない。

レシステンシアの重馬場適正

レシステンシアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-1-0-0)

道悪はまったく苦にしない。

レシステンシアの枠順適正

レシステンシアの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-0)
  • 5~9番(1-0-0-0)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(0-1-0-0)

先行脚質だけに、内枠が欲しいことは確か。

「桜花賞」の2着も、17番ゲートからのスタートがまったく影響していないことはないだろう。

レシステンシアの鉄砲実績(休み明け)

レシステンシアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(0-1-0-0)

レシステンシアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-2-1-0)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-0)

レシステンシアの斤量別着度数

  • 54キロ(3-0-1-0)
  • 55キロ(0-2-0-0)

レシステンシアの好走体重

3着以内の体重は;

476~490キロ

レシステンシアの血統背景

父はダイワメジャー(サンデー系)。

母の父はリザードアイランド(ND系デインヒル)。

リザードアイランドは欧州などで走り、重賞はG2での1勝が最高。主戦場は芝の短距離。

レシステンシアの近走

19/10/14 2歳新馬 18頭立て

京都 芝1400m 稍重

着順:1着(1.22.9 -0.2差)

騎手:武豊(54キロ)

ラップも走破時計も至極平均的なタイム。

しかし当日の稍重馬場を考えると、前目につけて押し切ったレシステンシアのパワーは評価に値する。

19/11/2 ファンタジーS(G3) 15頭立て

京都 芝1400m 良

着順:1着(1.20.7 -0.2差)

騎手:北村友一(54キロ)

前半かなり速いペースを3番手で追走し、直線では早々に抜け出して押し切った。

スピード持続力もかなりのもの。

19/11/2 阪神JF(G1) 16頭立て

阪神 芝1600m 良

着順:1着(1.32.7 -0.8差)※レコード

騎手:北村友一(54キロ)

今回は自ら逃げて速いラップを刻み、直線では早々に抜け出して一人旅。

後続に5馬身の差をつける圧巻のレコード結着。

強すぎる。

20/3/7 チューリップ賞(G2) 

阪神 芝1600m 良 14頭

着順:3着(1.33.5・0.2差)

騎手:北村友一(54キロ)

前走同様ハナを切るが、ペースは前走とは全く違い緩いラップを刻んで行く。

直線は残り200mまでは粘っていたが、そこからマルターズディオサ、クラヴァシュドールに交わされて3着。

自らスローのラップを刻み、末脚の強さを計ったのか?

いずれにしても瞬発力勝負では後手を踏むことが露呈した格好。

本番はまたぶっ飛ばすのか?

2020年 チューリップ賞(G2)のラップ分析&回顧

20/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m 重 18頭

着順:2着(1.36.3・0.2差)

騎手:武豊(55キロ)

外枠17番から、主張するスマイルカナにハナを譲るかたちで2番手追走。

ペースは重馬場にしてはかなりのハイラップ。

4角はスマイルカナと並ぶように直線に入り、しばしスマイルカナとの追い比べ。

坂を上って抜け出したように見えたが、外からのデアリングタクトの強襲に屈して2着。

良馬場なら?

枠がもう少し内目なら?

勝ったデアリングタクトも強かったが、レシステンシアにしても完敗という内容ではない。

2020年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

20/5/10 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良

着順:2着(1.32.7・0.2差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中はしっかりハナには立ったものの、直線では競り負けた。

雨の重馬場「桜花賞」の激戦から中3週。おまけに初めての長距離輸送に初めての左回り。

疲れや戸惑いは当然あった中、牡馬に混じっての2着確保はやはり強い。

2020年 NHKマイルC(G1)のラップ分析&回顧

レシステンシアの次走

次走は11月22日、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「マイルCS(G1)」。

「NHKマイルC」のあと、軽度の骨折で休養、復帰初戦がここ。

体調万全なら、「阪神JF(G1)」をレコード勝ちしたこの舞台、しっかり力は出してくれそう。

とにかく、余計な駆け引きなしに、行けるとこまでぶっ飛ばして欲しい。

光明はその先にある。

 

その他、マイルチャンピオンシップの出走馬を分析