2020年5月31日【目黒記念】終了時点までのデータをもとに、サトノクロニクルの好走パターンを分析。

サトノクロニクルの距離適性

サトノクロニクルはこれまでに芝1800m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-0-1)
  • 芝2000m(1-1-0-0)
  • 芝2200m(0-2-1-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝2500m(0-0-0-3)
  • 芝3000m(0-1-0-1)
  • 芝3200m(0-0-0-1)

距離的には守備範囲は広いタイプ。

G2くらいまでなら、条件さえ整えばどの距離でもそこそこ走ってくる。

サトノクロニクルの脚質

前目にポジションを取って押し切る競馬がベスト。

スピード持続型の馬。

流れは緩いよりも流れた方が断然良い。

切れる脚はない。

サトノクロニクルのコース適正

サトノクロニクルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-1-1-3)
  • 京都(2-1-0-2)
  • 阪神(1-2-0-0)
  • 小倉(0-1-0-0)

左回りコースへの出走が極端に少ない。おそらく苦手なのだろう。

その他右回りのコースはそこそこどこでもこなせそうだが、関東圏への輸送競馬では苦戦傾向。

サトノクロニクルの持ち時計(ベストタイム)

サトノクロニクルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.6 1着(ハナ差・京都)
  • 芝2000m:1.57.4 2着(0.5差・小倉)
  • 芝2200m:2.13.2 3着(0.5差・中山)
  • 芝2400m:2.26.4 7着(0.6差・東京)
  • 芝2500m:2.30.3 8着(0.7差・東京)
  • 芝3000m:3.03.8 2着(0.2差・阪神)
  • 芝3200m:3.17.5 12着(1.3差・京都)

速い馬場にもそこそこ対応できる。

サトノクロニクルの重馬場適正

サトノクロニクルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

稍重程度ならこなすが、それ以上の道悪は苦手のようだ。

サトノクロニクルの鉄砲実績(休み明け)

サトノクロニクルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-3-1-1)

馬券圏内を外したのは約1年半ぶりの「アメリカJCC」で5着。

サトノクロニクルの枠順適正

サトノクロニクルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-1-1)
  • 5~9番(0-2-0-4)
  • 10~14番(0-1-0-3)
  • 15~18番(1-0-0-0)

外枠で勝っているのは「未勝利戦」。

内枠が良い。

サトノクロニクルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-2)
  • 3~5月(春):(1-2-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-1)

サトノクロニクルの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(未)
  • 54.5~56キロ(2-4-1-4)
  • 57キロ~(1-1-0-4)

サトノクロニクルの連対体重

  • 450~462キロ

サトノクロニクルの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)、母の父はインティカブ(ロベルト系)。

母の父は欧州などで走り、主に芝のマイル戦で活躍した。

サトノクロニクルの好走傾向

  • 右回り
  • 関西圏
  • G2以下

この条件下なら、距離を問わずそこそこ良い走りを見せる。

サトノクロニクルの近走

18/3/18 阪神大賞典(G2) 11頭立て

阪神 芝3000m 良

着順:2着(3.03.8 0.2差)

騎手:川田将雅(55キロ)

そこそこ流れたペースを中団から。

3~4角で勝ったレインボーラインと一緒に進出しはじめ、直線も必死に追いすがるが、勝ち馬の一瞬のキレに屈した。

しかし、3000mでもそこそこ走る。

18/4/29 天皇賞・春(G1) 17頭立て

阪神 芝3200m 良

着順:12着(3.17.5 1.3差)

騎手:川田将雅(58キロ)

フワッと出て中団の後ろから。

ヤマカツライデンが大逃げを打つ中、2周目の向う上面で動いて行って3角では4番手。

そこから各馬一斉に動き出し、4角では6番手に後退し、直線では脚が残っていなかった。

積極的な競馬は評価。

位置取りさえもう少し前なら、もっとやれた感じ。

18/8/5 小倉記念・H(G3) 12頭立て

小倉 芝2000m 良

着順:2着(1.57.4 0.5差)

騎手:M・デムーロ(57キロ)

7枠10番から出ムチを入れて先団に取り付く。

残り600mで早くもムチ入れて先頭を捉えにかかるが、前を行くトリオンフとの差は縮まらない。

開催2周目の小倉は時計が出るコンディション。

上り33.5秒と速かった割には、この馬にしては頑張った。

勝ったトリオンフの1.56.9はレコード。

20/1/26 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 稍重 12頭

着順:5着(2.16.0・1.0差)

騎手:大野拓弥(56キロ)

大外12番からのスタートで、道中は中団のうしろあたり。

3角をすぎて、勝負どころで動いて行くが、前を走るマイネルフロストに故障発生で急ブレーキ。

直線は馬場の中ほどでしっかり伸びていただけに、あの不利が痛かった。

しかし1年半のブランクを考えれば上々の出来ではないか。

20/3/28 日経賞(G2)

中山 芝2500m 良 14頭

着順:10着(2.34.7・1.8差)

騎手:大野拓弥(56キロ)

道中は先団につけたが、勝負どころでは精彩を欠いた。

緩急の差が激しいレースになったが、全体的には締まっていた。

この馬にとっては位置取り、ペースともに悪くはない展開だったが、かなり荒れていた馬場の内側を終始走らされていたのが応えた感じ。

20/5/9 メトロポリタンS(L)

東京 芝2400m 良 11頭

着順:7着(2.26.4・0.6差)

騎手:福永祐一(57キロ)

前走とは打って変わって今度は超スローの展開。

道中は2番手追走も、レースの上りが33.6秒ではこの馬に出番はない。

初めての左回りだったが、そこそここなしていたのではないか。

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:8着(2.30.3・0.7差)

騎手:武藤雅(56キロ)

道中は中団の前にポジションを取り、4角は外を回して直線に向いた。

直線は残り300mまではそこそこの追い込みを見せるが、残り200mあたりでバッタリ。

この馬が好むそこそこタフな展開になったが、結果は出なかった。

2020年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

やはり左回りではダメなのか?

サトノクロニクルの次走

次走は9月6日 新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

休み明けは気にしない馬だが、再度長距離輸送で左回り。

一変を感じさせる条件が見当たらない。

 

その他、新潟記念の出走馬を分析