2020年11月21日【アンドロメダS】終了時点までのデータをもとに、サトノクロニクルの好走パターンを分析。

サトノクロニクルの距離適性

サトノクロニクルはこれまでに芝1800m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-0-1)
  • 芝2000m(1-1-0-3)
  • 芝2200m(0-2-1-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝2500m(0-0-0-3)
  • 芝3000m(0-1-0-1)
  • 芝3200m(0-0-0-1)

距離的には守備範囲は広いタイプ。

G2くらいまでなら、条件さえ整えばどの距離でもそこそこ走ってくる。

サトノクロニクルの脚質

好走時の脚質は、前目にポジションを取って押し切る競馬

スピード持続型の馬。

しかし最近の競馬では、なかなか先手が取れずに苦戦傾向。

加齢とともにズブくなっている可能性が高い。

流れは緩いよりも流れた方が断然良い。

切れる脚はない。

サトノクロニクルのコース適正

サトノクロニクルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-1-1-3)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-1-0-2)
  • 阪神(1-2-0-0)
  • 小倉(0-1-0-0)

左回りコースは(0-0-0-4)。

右回りのコースはそこそこどこでもこなせそうだが、関東圏への輸送競馬では苦戦傾向。

サトノクロニクルの持ち時計(ベストタイム)

サトノクロニクルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.6 1着(ハナ差・京都)
  • 芝2000m:1.57.4 2着(0.5差・小倉)
  • 芝2200m:2.13.2 3着(0.5差・中山)
  • 芝2400m:2.26.4 7着(0.6差・東京)
  • 芝2500m:2.30.3 8着(0.7差・東京)
  • 芝3000m:3.03.8 2着(0.2差・阪神)
  • 芝3200m:3.17.5 12着(1.3差・京都)

速い馬場にもそこそこ対応できている。

サトノクロニクルの重馬場適正

サトノクロニクルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

稍重程度ならこなすが、それ以上の道悪だと苦戦。


サトノクロニクルの鉄砲実績(休み明け)

サトノクロニクルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-3-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-4)
  • 3戦目(1-0-0-3)
  • 4戦目(0-0-0-2)

サトノクロニクルの枠順適正

サトノクロニクルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-1-1)
  • 5~9番(0-2-0-5)
  • 10~14番(0-1-0-4)
  • 15~18番(1-0-0-1)

外枠で勝っているのは「未勝利戦」。

内枠が良い。

サトノクロニクルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-2)
  • 3~5月(春):(1-2-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-4)

サトノクロニクルの斤量別着度数

  • 55キロ(1-2-0-1)
  • 56キロ(1-2-1-6)
  • 57キロ(1-1-0-3)
  • 58キロ(0-0-0-1)

サトノクロニクルの連対体重

  • 450~462キロ

サトノクロニクルの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)、母の父はインティカブ(ロベルト系)。

母の父は欧州などで走り、主に芝のマイル戦で活躍した。

サトノクロニクルの好走傾向

  • 右回り
  • 関西圏
  • G2以下

この条件下なら、距離を問わずそこそこ良い走りを見せていたが、2018年8月から2020年1月までの球節炎による長期休養後は、まったく精彩を欠いている

サトノクロニクルの次走

次走は12月5日 阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「チャレンジカップ(G3)」。

中1週で再度阪神の2000m。

かつての得意コースだが、現状ではちょっと手が出せない。

 

その他、チャレンジカップの出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)