2021年5月16日【ヴィクトリアマイル】終了時点までのデータをもとに、ディアンドルの好走パターンを分析。

ディアンドルの距離適性

ディアンドルはこれまでに芝1200mの距離のレースに使われてきた。

着度数は次の通り;

  • 芝1200m(5-2-0-2)
  • 芝1400m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝1800m(1-0-1-0)
  • 芝2000m(0-0-0-2)

ベストは1200m、1400mまでは守備範囲。

1600m以上になると、緩い流れか、消耗戦。

ディアンドルの脚質

逃げ、もしくは前目につけて押し切る競馬。

スピード持続型。

しかし、千六以上の距離になるとそれでは持たない。

千六以上では、軽ハンデならそこそこ走るが、斤量を背負った場合では、緩い流れの先行押し切り、もしくはバテ比べの消耗戦で浮上。

ディアンドルのコース適正

ディアンドルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(2-0-0-1)
  • 中京(0-1-0-2)
  • 京都(1-0-0-3)
  • 阪神(1-0-0-1)
  • 小倉(1-1-1-0)

コースによる巧拙はそれほどなさそうだが、秋の中山など、速い時計が出る馬場状態では苦戦か?

未勝利戦からの5連勝は、開催後半のレースが多かったことからも、時計のかかる馬場状態で持ち味を発揮する傾向。

ディアンドルの持ち時計(ベストタイム)

ディアンドルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.0 1着(京都)
  • 芝1400m:1.22.3 13着(京都)
  • 芝1600m:1.31.8 4着(東京)
  • 芝1800m:1.45.7 3着(小倉)※ハンデ53キロ
  • 芝2000m:1.59.4 8着(阪神)

芝1200mは、高速決着となった19年の中山「スプリンターズS」では1.5差の13着に沈んでいる。

高速決着は不向きだろう。

ディアンドルの重馬場適正

ディアンドルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-1)

基本的に時計のかかる道悪は歓迎の口だと思う。


ディアンドルの枠順適正

ディアンドルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-1)
  • 5~9番(2-1-0-3)
  • 10~14番(2-0-0-3)
  • 15~18番(0-0-1-1)

先手が取りたい同馬としては、枠順は内目の方がよりベター。

ディアンドルの鉄砲実績(休み明け)

ディアンドルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-1-0)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

ディアンドルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-1-3)
  • 3~5月(春):(2-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-2-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-3)

ディアンドルの斤量別着度数

  • 52キロ(0-1-0-0)
  • 53キロ(0-0-1-1)
  • 54キロ(2-1-0-2)
  • 55キロ(4-0-0-3)
  • 56キロ(0-0-0-1)
  • 57キロ(0-0-0-1)

ディアンドルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~502キロ

ディアンドルの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ/クイーンエリザベス2世カップ、宝塚記念2着 他)。

母の父はスペシャルウィーク(サンデー系/日本ダービー、春天、秋天、ジャパンカップ、)。

ディアンドルの近走

21/2/21 小倉大賞典(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良

着順:3着(1.45.7・0.2差)

騎手:団野大成(53キロ)

道中は2番手。

中盤までに逃げるトーラスジェミニを深追いしなかったのが良かった。

これなら単騎の逃げとほぼ同じだろう。

残り400mから差を詰めて行き、4角では先頭に立って直線。

直線もギリギリまで粘りはしたが、ゴール前2頭に交わされて3着。

ハンデ53キロをうまく生かした3着。

2021年 小倉大賞典(G3)のラップ分析&回顧

21/4/24 福島牝馬S(G3)

新潟 芝1800m(外)良

着順:1着(1.46.9・ハナ差)

騎手:団野大成(55キロ)

6枠11番からの逃げ。

道中しっかりペースを落としてマイペースの逃げ。

メンバーレベルが低く、このペースでこの面子なら「逃げたもん勝ち」みたいなところはあった。

2021年 福島牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

21/5/16 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良

着順:4着(1.31.8・0.8差)

騎手:団野大成(55キロ)

道中は先団4~5番手。

4角も4番手で直線に向き、残り200mあたりでグランアレグリアにはあっさり交わされるが、その他もろもろとは良い勝負。

グランアレグリアを除いては、たいしたレベルではないレース。

4着と言っても額面通りには喜べない。

2021年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

次走、中京記念(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月18日(日)、小倉競馬場、芝1800mで行われる「中京記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

緩い流れになると、粘り込める可能性も出て来る。

 

⇒その他、2021・中京記念(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)