2021年11月6日【愛知杯】終了時点までのデータをもとに、ディアンドルの好走パターンを分析。

ディアンドルの距離適性

ディアンドルはこれまでに芝1200mの距離のレースに使われてきた。

着度数は次の通り;

  • 芝1200m(5-2-0-2)
  • 芝1400m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-2)

ベストは1200m。

最近は距離を延ばしてきているが、大敗はないものの、向いているとも思えない。

ディアンドルの脚質

逃げ、もしくは前目につけて押し切る競馬。

スピード持続型。

時計のかかる馬場でしぶとい。

ディアンドルのコース適正

ディアンドルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中山(2-0-0-1)
  • 中京(0-1-0-2)
  • 京都(1-0-0-3)
  • 阪神(1-0-0-1)
  • 小倉(1-1-0-0)

コースによる巧拙はそれほどなさそうだが、秋の中山など、速い時計が出る馬場状態では苦戦か?

未勝利戦からの5連勝は、開催後半のレースが多かったことからも、時計のかかる馬場状態で持ち味を発揮する傾向。

ディアンドルの持ち時計(ベストタイム)

ディアンドルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.0 1着(京都)
  • 芝1400m:1.22.3 13着(京都)
  • 芝1600m:1.33.7 10着(中京)
  • 芝2000m:1.59.4 8着(阪神)

芝1200mは、高速決着となった19年の中山「スプリンターズS」では1.5差の13着に沈んでいる。

ディアンドルの重馬場適正

ディアンドルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-1)

基本的に時計のかかる道悪は歓迎の口だと思う。

ディアンドルの枠順適正

ディアンドルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-1)
  • 5~9番(2-1-0-3)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

先手が取りたい同馬としては、枠順は内目の方がよりベター。


ディアンドルの鉄砲実績(休み明け)

ディアンドルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ディアンドルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-3)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-2-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-3)

ディアンドルの斤量別着度数

  • 52キロ(0-1-0-0)
  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(2-1-0-2)
  • 55キロ(3-0-0-2)
  • 56キロ(0-0-0-1)
  • 57キロ(0-0-0-1)

ディアンドルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~492キロ

ディアンドルの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はスペシャルウィーク(サンデー系)。

ディアンドルの次走

次走は2月21日(日)、小倉競馬場 芝1800mで行われる「小倉大賞典(G3)・ハンデ)」。

同型の逃げが内に入っただけに、軽ハンデの逃げ粘りも厳しそう。

 

その他、小倉大賞典(G3)の出走馬を分析