2020年9月20日【ローズS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、リアアメリアの好走パターンを分析。

リアアメリアの距離適性

リアアメリアはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-0-0-2)
  • 芝2000m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

2400mは「オークス(G1)」で0.3差の4着。

マイルより、本当に良いのは2000m以上ではないか?

リアアメリアの脚質

中団あたりで脚をためて、終いを生かす競馬。

そこそこの瞬発力はあるが、1600mではペースが上がったときに終いが甘くなる印象。

ペース的に、距離は中距離くらいが良さそう。

リアアメリアのコース適正

リアアメリアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 阪神(1-0-0-2)

リアアメリアの持ち時計(ベストタイム)

リアアメリアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.2 6着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.9 1着(中京)
  • 芝2400m:2.24.7 4着(東京)

リアアメリアの重馬場適正

リアアメリアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪はあまり得意ではなさそう。

リアアメリアの鉄砲実績(休み明け)

リアアメリアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

叩き2走目はいずれも3着以内を外しているが、「オークス」の4着は良い内容。

リアアメリアの枠順適正

リアアメリアの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-0)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(0-0-0-1)

リアアメリアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-0)

リアアメリアの斤量別着度数

  • 54キロ(3-0-0-1)
  • 55キロ(0-0-0-2)

リアアメリアの連対体重

  • 462~488キロ

リアアメリアの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はロックポートハーバー(ミスプロ系ファピアノ)。

ロックポートハーバーは米国で走り、ダートのマイル~中距離で活躍。

リアアメリアの評価

終いのキレはそこそこ評価できる。

ただ距離に関しては、1600mよりむしろ2000m以上で持ち味を発揮しそう。

リアアメリアの近走

19/6/1 2歳新馬

阪神 芝1600m 良 7頭 

着順:1着(1.36.5・-1.3差)

騎手:川田将雅(54キロ)

出遅れて後方から。

序盤は頭を上げて行きたがる素振りだが、中盤あたりではおさまって臨戦態勢。

直線ではすぐに先頭を交わして、あとは終始楽な手応えで追い出しもせず楽勝ゴール。

時計は平凡だが、慣らし運転と言った感じでまったく本気ではなかった様子。

ここでは力が違い過ぎた。

19/10/26 アルテミスS(G3)

東京 芝1600m 良 9頭 

着順:1着(1.34.3・-0.1差)

騎手:川田将雅(54キロ)

五分のスタートだが控えて後方から。

序盤はここでも行きたがる素振りで頭を上げ下げ。

しかしそれもやがておさまって、4角は後方8番手の外を回って直線。

直線は馬場の外目を追い込んできて、ゴール前は前の2頭をしっかり捉えてゴール。

上りは最速の33.0秒だが、レース自体は超スローペースの上りの競馬。

ここ2戦、勝ち方は派手だが、内容的にはたいしたことはない印象。

期待される能力

  • 瞬発力

19/12/8 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m 良 16頭 

着順:6着(1.34.2・1.5差)

騎手:川田将雅(54キロ)

外枠15番から無理せず後方から。

直線も14番手で終いに賭けるが、直線も伸びることなく6着に順位を上げただけ。

ペースは前2走に比べると明らかに上がっていて、序盤3Fで3秒近くも速いのだから、馬も戸惑っただろう。

この先、ペースの慣れは見込めるのか?

それともこれがこの馬の実力なのか?

2020/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)重 18頭

着順:10着(1.37.3・1.2差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は中団。

直線ではインを突くが脚色は劣勢。

ディープ産駒だけに、この馬も馬場が応えた口か。

2020年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

20/5/24 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:4着(2.24.7・0.3差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は中団のやや後ろで脚を溜める。

直線は外に持ち出して、追うごとに伸びて0.3差の4着。

レースのペース自体がそれほど速くはなく、中団で十分に溜めた脚で直線は久々に弾けた。

2020年 優駿牝馬(オークス)のラップ分析&回顧

20/9/20 ローズS(G2)

中京 芝2000m 良

着順:1着(1.59.9・-0.3差)

騎手:川田将雅(54キロ)

1枠1番から先行策。

道中は逃げるエレナアヴァンティの2番手。

レースのペースは決して速くはなく、かえって中だるみのスローペース。

4角で先頭に並びかけたリアアメリアは、直線入り口で早くも先頭に立つと、坂で後続を突き放し、最後はセーフティーリードを保ったままでゴール。

2歳10月も「アルテミスS(G3)」以来の勝利。

復活というか、これくらいの距離が一番合ってそう。

2020年 ローズS(G2)のラップ分析&回顧

リアアメリアの次走

次走は10月18日、京都 芝2000m(内)で行われる、牝馬三冠の最後の一冠「秋華賞(G1)」。

前走は快勝だったが、この馬はまだスローペースでしか勝っていない。

スローの瞬発力勝負ならそこそこやれるかもしれないが、タフな展開になってどうかは未知数。

 

その他、秋華賞の出走馬を分析