エーポスのキャリアはまだ6戦なので、近走だけを振り返る。

エーポスの近走

19/12/14 2歳新馬

中山 芝1600m 良 16頭 

着順:1着(1.36.0・-0.3差)

騎手:池添謙一(54キロ)

先団につけて快勝。

走破タイムや内容などでは得に強調材料はない。

平均的な勝ち上がり。

20/1/19 白梅賞(1勝クラス)

京都 芝1600m(内) 良 9頭 

着順:5着(1.37.0・0.8差)

騎手:池添謙一(54キロ)

スローペースを中団から。

行った行ったの展開で見せ場なし。

切れる脚はなさそう。

20/2/8 エルフィンS(3歳・L)

京都 芝1600m(外) 良 16頭 

着順:4着(1.34.8・1.2差)

騎手:池添謙一(54キロ)

8枠11番から強引にハナを取ったが、その後外から来られて2番手。

序盤、中盤はこのようなハナ争いで速いラップを刻んだ。

4角回って直線入口では一旦は先頭に立ったが、残り200mを過ぎて3頭に交わされて4着。

それでも最後までヘバッてはいない。

序盤、中盤のペースを考えれば良く粘っている。

期待されるの能力

  • スタミナ

20/3/15 フィリーズレビュー(G2)

阪神 芝1400m(内)稍重 18頭

着順:1着(1.21.0・-0.2差)

騎手:岩田康誠(54キロ)

スタートでやや後手を踏んで中団の後ろあたり10番手。

道中のペースは稍重を考慮してもかなり速いペースで推移。

直線も10番手の内で直線を向いたエーポスは、馬場の内側をジワジワとと追い上げて、ゴール前しっかり差し切った。

レースの上りは36.0秒。

上りのかかる消耗戦では強さを発揮する。

期待される能力

  • スタミナ
  • パワー
  • 道悪適正

2020年 フィリーズレビュー(G2)のラップ分析&回顧

20/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)重

着順:9着(1.37.3・1.2差)

騎手:岩田康誠(55キロ)

大外18番から、道中は中団あたり。

中盤あたりから動いて行って、4角9番手で直線に向き、直線も馬群の中ほどを伸びてはくるが、坂の上りで一杯になった感じ。

前走から中3週、馬体重+12キロで迎えた本番。

大外枠から道中外目を回って、そこそこの競馬はできたのではないか。

2020年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

21/4/10 阪神牝馬S(G2)

阪神 芝1600m(外)良

着順:5着(1.32.2・0.2差)

騎手:岩田康誠(54キロ)

大外12番から、道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線も坂の途中までは良い感じで粘っていたが、ゴール前、わずかに甘くなって5着。

やはり千六は微妙に長いか?

しかし、約1年ぶりの競馬を考えれば上出来。

2021年 阪神牝馬S(G2)のラップ分析&回顧


エーポスの脚質

適距離は1400m、1600mはギリギリか?

「エルフィンS」を見る限りでは、1600mは少し長いように思うが・・・。

脚質は、切れる脚はなさそうなので、前目につけて押し切る競馬が向いてそう。

少々のハイペースでもバテないスタミナを持つ。

上り時計のかかる展開で浮上か。


エーポスの血統背景

父はジャスタウェイ(サンデー系ハーツクライ/天皇賞(秋)、ドバイデューティフリー、安田記念、ジャパンカップ2着)。

母の父はスマートストライク(ミスプロ系)

スマートストライクは米国、カナダで走り、ダートG1を1勝。活躍の場はダートの7~8.5F(約1400~1700m)。

半兄にカイザーミノル(マイラーズC3着)。

次走、京王杯スプリングC(G2)に向けて

次走は5月15日(土)、東京競馬場 芝1400mで行われる「京王杯スプリングC(G2)」。

前走は1年ぶりの競馬で良い内容。叩いた上積みはありそう。

1400mは適距離だが、初めての左回りと、久々の関東遠征がどうか?

 

その他、京王杯スプリングC(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)