リフレイムのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

リフレイムのここまでの走り

20/7/25 2歳新馬

新潟 芝1600m(外)稍重

着順:1着(1.34.8・-0.1差)

騎手:木幡巧也(54キロ)

外枠15番から、2Fすぎたあたりでようやくハナへ。

その後、新馬戦としてはそこそこ速いラップを刻んで4角も先頭で直線へ。

しかし直線では、だんだんと外へふくれ出し、騎手も制御不能で外ラチまで行ってしまう。

だが、外ラチ沿いを失速することもなく走り続け、2着に半馬身差つけて勝ってしまった。

常識外れ、規格外の強さ。

20/10/25 2歳1勝クラス

東京 芝1400m 良

着順:1着(1.22.6・-0.8差)

騎手:木幡巧也(54キロ)

そっと出て、最後方からの追走。

4角も最後方で、直線は馬群の外から追いはじめるが、今度は逸走することもなく、ジワジワと先頭を追い詰め、残り100mあたりで先頭を交わすと、あとは5馬身つけての圧勝。

自身の上りは33.6秒。

前からでも後ろからでも規格外の強さ。

【期待される能力】

  • 瞬発力

20/11/7 京王杯2歳S(G2)

東京 芝1400m 良

着順:5着(1.22.0・0.2差)

騎手:木幡巧也(54キロ)

道中は中団あたり。

4角も中団11番手で直線。

直線は馬群の中で窮屈そう。

残り200mで進路を外に取って追い上げるが、0.2秒届かずの5着。

しかしゴール前は確実に追い詰めていた。

中1週の参戦で、体重もマイナス8キロにしては上出来ではないか。

展開ひとつで逆転可能。

リフレイムの脚質

前からでも後ろからでも競馬はできそう。

問題は気性面だろう。

かなりクセの強い馬と言った印象だが、秘めたるポテンシャルはかなり高そう。

リフレイムの血統背景

リフレイムは外国産馬。

父はアメリカンファラオ(ミスプロ系ファピアノ)。

アメリカンファラオは米国で走り、キャリア11戦で9勝2着1回。ダート、AWのG1を8勝しており、主要距離はダートの8.5F~10F(約1700~2000m)。

母の父はタピット(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

タピットは米国で走り、ダートの中距離で活躍(ダートG1を1勝)。

リフレイムの次走

次走は2月13日(土)、東京競馬場 芝1600mで行われる「クイーンカップ(G3)」。

普通に走れば勝ち負けだろうが・・・。

真価が問われる一戦。

 

その他、クイーンカップ(G3)の有力馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】