2022年4月2日【ダービー卿CT】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、リフレイムの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

リフレイムの距離適性

リフレイムはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-1)
  • 芝1600m(3-1-0-2)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

マイルが一番合っているのだろう。

リフレイムの脚質

逃げ、先行脚質。

2、3勝クラスを連勝してきているが、いずれもスローの前残りっぽい展開。

3歳重賞では勝負にならなかった馬だけに、OPクラスではしばらく様子見が必要だろう。

リフレイムのコース適正

リフレイムの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(3-1-0-2)
  • 中山(0-0-0-2)

右回りは陣営はここまで1度しか使っていない。

怪しい。

リフレイムの持ち時計(ベストタイム)

リフレイムの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.22.0 5着(東京)
  • 芝1600m:1.33.3 1着(東京)
  • 芝1800m:1.50.0 10着(中山)

時計勝負はダメっぽい。

リフレイムの重馬場適正

リフレイムの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだなんとも言えない。


リフレイムの鉄砲実績(休み明け)

リフレイムの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-3)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

リフレイムのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(1-0-0-1)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

リフレイムの枠順適正

リフレイムの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(2-0-0-2)
  • 10~14番(0-1-0-1)
  • 15~18番(1-0-0-0)

リフレイムの頭数別着度数

リフレイムの走りに出走頭数の多い少いは影響しているか?

  • 8頭以下(1-0-0-0)
  • 9~13頭(2-1-0-2)
  • 14頭以上(1-0-0-4)

馬群を嫌がっていたというコメントがあった。

多頭数では極端な競馬が必要かも。

リフレイムの斤量別着度数

  • 52キロ(0-1-0-0)
  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(4-0-0-3)

リフレイムの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-1-0-1)

リフレイムの好走体重

3着以内の体重は;

  • 490~514キロ

リフレイムの血統背景

リフレイムは外国産馬。

父はアメリカンファラオ(ミスプロ系ファピアノ)。

アメリカンファラオは米国で走り、キャリア11戦で9勝2着1回。ダート、AWのG1を8勝しており、主要距離はダートの8.5F~10F(約1700~2000m)。

母の父はタピット(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

タピットは米国で走り、ダートの中距離で活躍(ダートG1を1勝)。

次走、京王杯スプリングC(G2)に向けて

次走は5月14日(土)、東京競馬場 芝1400m で行われる「京王杯スプリングC(G2)」。

1400mの距離は2歳戦以来。

このクラスではまだ力が足りないと思うが。

 

⇒その他、京王杯スプリングC(G2)の出走馬を分析