カイトゲニーのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

カイトゲニーの近走

20/8/23 2歳未勝利

新潟 芝1600m(外)良

着順:1着(1.34.8・-0.4差)

騎手:丸山元気(54キロ)

外枠12番から、道中は2番手。

このクラスとしてはそこそこ流れる中盤。

4角も2番手で直線に向き、残り200mで逃げるスターリーアイズを捉えると、そこからは2馬身半突き放して快勝。

走破時計も翌週の「新潟2歳S(G3)」の1.34.6と比較しても優秀。

【期待される能力】

  • SP持続力

20/12/13 つわぶき賞(2歳1勝C)

中京 芝1400m 良

着順:1着(1.22.0・-0.2差)

騎手:柴田大知(54キロ)

7枠7番からハナを切り、前半は前走よりも緩い流れだが、後半800mは淀みのないラップを刻んだ。

坂を上ってもバテる気配は見せず、ラスト200mもしっかり凌いで快勝。

やはりこの馬、持久力はなかなかありそう。

カイトゲニーの脚質

距離は1600mまでだろう。

前につければかなりしぶといスピード持続型。

カイトゲニーの血統背景

父は2012年の「NHKマイルC」の勝ち馬、カレンブラックヒル(サンデー系ダイワメジャー)。

母の父はティンバーカントリー(ミスプロ系)。

ティンバーカントリーは米国で走り、ダートG1を3勝。主戦場はダートの短距離~中距離。

カイトゲニーの次走

次走は2月13日(土)、東京競馬場 芝1600mで行われる「クイーンカップ(G3)」。

すんなりハナを切れればしぶとそうだが。

 

その他、クイーンカップ(G3)の有力馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】