2021年9月19日【ローズS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、エイシンヒテンの好走パターンを分析。

エイシンヒテンの距離適性

エイシンヒテンはこれまでに芝1200m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-1-0-0)
  • 芝1400m(0-1-0-1)
  • 芝1600m(1-0-0-3)
  • 芝2000m(0-2-0-1)

2000m前後が合ってそうにも思う。

エイシンヒテンの脚質

父親譲り、前につけて押し切る競馬がベスト。

逃げればしぶといだけに、出来れば逃げたい。

エイシンヒテンのコース適正

エイシンヒテンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中京(0-1-0-0)
  • 阪神(1-2-0-3)
  • 小倉(1-1-0-0)

エイシンヒテンの持ち時計(ベストタイム)

エイシンヒテンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.8 2着(小倉)
  • 芝1400m:1.21.5 11着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.5 4着(東京)
  • 芝2000m:1.58.2 2着(阪神)

二千の時計は3歳牝馬OPの「忘れな草賞」で、そこそこ速い。

エイシンヒテンの重馬場適正

エイシンヒテンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

エイシンヒテンの鉄砲実績(休み明け)

エイシンヒテンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(0-1-0-0)

エイシンヒテンの枠順適正

エイシンヒテンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-1)
  • 5~9番(1-1-0-1)
  • 10~14番(0-2-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-2)

脚質的に、内枠が欲しい。

エイシンヒテンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-2-0-2)
  • 9~11月(秋):(2-1-0-0)

エイシンヒテンの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(2-4-0-4)

エイシンヒテンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 442~452キロ

エイシンヒテンの血統背景

父はエイシンヒカリ(サンデー系ディープインパクト/香港C、イスパーン賞、毎日王冠、エプソムC)。主要距離は芝の中距離。

母の父はエイシンワシントン(ダマスカス系/セントウルS、CBC賞、スプリンターズS2着)。主要距離は芝の短距離。

父、母の父ともに、「逃げ」で鳴らした名馬。

エイシンヒテンの近走

21/2/13 クイーンC(G3)

東京 芝1600m 良

着順:4着(1.33.5・0.2差)

騎手:団野大成(54キロ)

6枠11番からハナへ。

道中はそこそこ締まったラップを刻み、4角も先頭で直線。

直線は坂を上って残り200m過ぎまでは何とか粘ったが、そこからが少し甘くなった。

しかし前に行った組ではこの馬が唯一掲示板。

そこそこの持続力は示せたのではないか。

2021年 クイーンカップ(G3)のラップ分析&回顧

21/3/14 フィリーズレビュー(G2)

阪神 芝1400m(内)良

着順:11着(1.21.5・0.8差)

騎手:団野大成(54キロ)

外枠15番から痛恨の出遅れ。

4角10番手で直線に向くが、直線では見せ場なし。

前につけてこその馬。

この出遅れは痛かった。

2021年 フィリーズレビュー(G2)のラップ分析&回顧

21/4/11 忘れな草賞(L)

阪神 芝2000m(内)良

着順:2着(1.58.2・0.2差)

騎手:団野大成(54キロ)

7枠8番からハナへ。

道中はそこそこ良いペースを刻みながら4角は後続に3馬身の差をつけて直線へ。

直線も内ラチ沿いを軽快に逃げて、そのまま押し切るかに見えたが、ゴール前ステラリアに交わされて2着。

道中のペースを考えれば、この2着は及第点だろう。

この先中距離でも目処が立ったのではないか。

21/8/15 藻岩山特別(3歳上・2勝C)

札幌 芝2000m 良

着順:4着(2.01.5・1.0差)

騎手:団野大成(52キロ)

休み明けの+8キロ。

2枠2番からハナへ。

マイペースの逃げだったが、ソーヴァリアントが番手からしっかりマーク。

3角過ぎてからのペースアップではソーヴァリアントも手応え十分。

逆にエイシンヒテンの手応えが怪しくなって4角ではハナを譲る格好に。

しかし直線ではそのままズルズルとは行かず、何とか掲示板は確保。

前走のペースを考えると、ここでも決して引けを取ることはないはずだが、休み明けの+8キロを考えると、早めに来られたのが堪えたか?

21/9/19 ローズS(G2)

中京 芝2000m 良

着順:2着(2.00.2・0.2差)

騎手:松若風馬(54キロ)

5枠10番からスタート良くハナを切った。

抜群のスタートでハナを切ったため、競る相手もなく、テンの200mが13.1秒。

労せずハナを切ることができて、あとはマイペースの逃げから直線。

直線も馬場の内目には行かず、馬場の3~4分どころをひた走る。

坂で勝ち馬に交わされてからも、道中の貯金からか脚色は衰えず、アールドヴィーヴルの強襲を半馬身差凌いで2着を確保。

気持ちよく逃げることができれば、これくらいは走る馬。

他に逃げそうな馬がいない中、12番人気はちょっと舐められすぎ。

2021年 ローズS(G2)のラップ分析&回顧

次走、秋華賞(G1)に向けて

次走は10月17日(日)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「秋華賞(G1)」。

今回も逃げ馬らしい逃げ馬はこの馬一頭か?

さすがに今回は前走ほど楽には逃がしてはくれないだろうが、それでも展開次第では楽しみはある。

 

⇒その他、2021・秋華賞(G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)