2021年4月11日【桜花賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アカイトリノムスメの好走パターンを分析。

アカイトリノムスメの距離適性

アカイトリノムスメはこれまでに芝1600mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-0-0-2)

千六までは問題ないが、それ以上でどうか?

血統的には一抹の不安も(後述)。

アカイトリノムスメの脚質

これまで5戦して4戦で出遅れているが、終いは確実。

スタートさえ修正できればなかなか強そう。

アカイトリノムスメのコース適正

アカイトリノムスメの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(3-0-0-0)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

アカイトリノムスメの持ち時計(ベストタイム)

アカイトリノムスメの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.3 4着(0.2差・阪神)

アカイトリノムスメの重馬場適正

アカイトリノムスメの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪を走るか走らないかは未知数。


アカイトリノムスメの鉄砲実績(休み明け)

アカイトリノムスメの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

アカイトリノムスメのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-0-0)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

アカイトリノムスメの枠順適正

アカイトリノムスメの枠番別着度数は;

  • 1~4番(未)
  • 5~9番(2-0-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

アカイトリノムスメの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-0)

アカイトリノムスメの斤量別着度数

  • 54キロ(3-0-0-1)
  • 55キロ(0-0-0-1)

アカイトリノムスメの好走体重

3着以内の体重は;

  • 444~450キロ

アカイトリノムスメの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母は2010年の「三冠牝馬」、アパパネ

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

アパパネ産駒の重賞勝利は、現在のところはアカイトリノムスメだけ。他は、重賞ではいい線は行くが勝ち切れていない。

2400mの距離に関しては、ディープ、キンカメの線は問題ないが、牝系に目を向けると一抹の不安はある。

母の母ソルティビッドは1200mまで。母母父のソルトレイクは米国で走り、ダートの短距離で活躍。

全兄のオープン馬ジナンボーも、連対を果たしているのは2000mまで。

アカイトリノムスメのここまでの走り

20/8/2 2歳新馬

新潟 芝1600m 良

着順:7着(1.36.8・1.2差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

スタート大きく出遅れたが、二の脚で中団まで順位を上げる。

4角も中団の後ろあたり12番手で直線に向くが、7着まで押し上げるのが精一杯。

新馬戦にしてはペースも流れた。

出遅れて二の脚を使った分、直線ではお釣りがなかったのだろう。

20/10/17 2歳未勝利

東京 芝1600m 稍重

着順:1着(1.35.9・-0.2差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

今回も出遅れるが、二の脚で中団まで順位を上げる。

4角も同じような位置取りの7番手で直線。

直線は馬群の外目を追い上げて、ゴール前で先頭レーヴドゥラプレリを捉えてゴール。

出遅れて二の脚を使ったが、今回は終いもしっかり伸びた。

20/11/22 赤松賞(2歳1勝C)

東京 芝1600m 良 10頭

着順:1着(1.34.5・-0.2差)

騎手:横山武史(54キロ)

スタート悪く出遅れるが、今回はまだましな方。

小頭数とあって、無理に順位を押し上げずに、後方からの追走。

4角も後方9番手で直線に向き、直線は馬群を割って伸びてきて、残り200mで先頭。

あとは追いすがるメイサウザンアワーをしっかりと振り切ってゴール。

母のアパパネもこの「赤松賞」を1.34.5(当時の2歳レコード)で快勝。

終いは確実、あとはスタートだけ。

【期待される能力】

  • 瞬発力

21/2/13 クイーンC(G3)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.33.3・クビ)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

道中は中団の前あたり。

4角も同じような位置取りの5番手で直線。

直線は坂を上って逃げるエイシンヒテンを交わすと、そこからアールドヴィーヴルの猛追を凌ぎ切ってゴール。

課題のスタートは満点ではないものの、そこそこのスタートは切れた。

それにより良いポジションも確保でき、先手先手のレース運びができた。

どちらかと言えば2着馬に有利な展開ではあったが、それをクビ差差し切った内容も評価できる。

2021年 クイーンカップ(G3)のラップ分析&回顧

21/4/11 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:4着(1.31.3・0.2差)

騎手:横山武史(55キロ)

道中は先団、ソダシの外目を追走するかたち。

4角も3番手のソダシを前に見据えて直線に向き、馬群の外目から追い上げを計るが、ソダシとの差は詰まらない。

ゴール前は先に抜け出していたファインルージュも捉えられず、外から来たサトノレイナスにも交わされて4着。

前から攻める積極的な競馬を選択したが、今回の走りを見る限り、終いを生かした方が良いような気がする。

2021年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

次走、優駿牝馬・オークス(G1)に向けて

次走は5月23日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「優駿牝馬・オークス(G1)」。

ルメール騎手に乗り替わりで人気はしそうだが、微妙な一頭。

 

その他、優駿牝馬(オークス・G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)