アールドヴィーヴルのキャリアはまだ1戦だけなので、近走のみを振り返る。

アールドヴィーヴルのここまでの走り

20/10/10 2歳新馬

京都 芝1600m(内)不良

着順:1着(1.36.6・クビ差)

騎手:松山弘平(54キロ)

道中は後方で脚を溜めて、3角を過ぎて進出開始。

4角は後方10番手の外で直線に向き、直線は馬群の外をもの凄い脚で伸びてきて、ゴール前先頭を交わしてゴール。

不良馬場だが、道中は「新馬戦」の良馬場平均を上回るペース。

走破時計の1.36.6も、良馬場の平均的な時計と遜色ない。

この馬の上り34.9秒も、不良馬場を考えると破格の上り時計。

ただ、開幕週初日の京都の馬場。

水分は含んでいても、芝が傷んでいるわけではない。

この走破時計、上りタイムをどう見るか?

アールドヴィーヴルの脚質

控えて繰り出す末脚は相当威力がありそう。

血統背景を見てもかなり期待できそうな一頭だが、良馬場でも同じような脚が使えるか否かは未知数。

アールドヴィーヴルの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はディープインパクト(サンデー系)。

近親に2017年の「青葉賞」を勝って、「ダービー」3着のアドミラブル。2020年の「菊花賞」2着馬のアリストテレス

アールドヴィーヴルの次走

次走は2月13日(土)、東京競馬場 芝1600mで行われる「クイーンカップ(G3)」。

「新馬戦」の豪快な末脚が、良馬場でも使えるかどうか?

他にも、初の左回り、初の長距離輸送と課題も多い。

なお、このレースの過去10年で「新馬戦」からの馬は(0-1-2-13)。

 

その他、クイーンカップ(G3)の有力馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】