2021年2月20日【京都牝馬S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、リリーバレロの好走パターンを分析。

リリーバレロの距離適性

リリーバレロはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-1-1)
  • 芝1600m(3-1-0-2)
  • 芝1800m(0-1-0-0)

1400mがベストだと思う。

1600m以上はペースが緩まないと厳しいのではないか?

リリーバレロの脚質

中団、後方で脚を溜めて、終いを生かす競馬。

終いの脚はそこそこ強烈。

フレグモーネで2度の長期休養を余儀なくされたが、出走してくれば走りは堅実。

リリーバレロのコース適正

リリーバレロの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-1-0-0)
  • 新潟(1-0-0-2)
  • 東京(2-1-0-0)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

ほとんどが左回りなのは、左にもたれる癖があるようなのでそのせいだろう。

長距離輸送の経験が少ない。

リリーバレロの持ち時計(ベストタイム)

リリーバレロの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.7 1着(東京)
  • 芝1600m:1.33.4 9着(新潟)
  • 芝1800m:1.49.7 2着(福島)

1400mなら、そこそこのスピードにも対応可能。

リリーバレロの重馬場適正

リリーバレロの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(2-1-0-0)
  • 不良(未)

道悪は気にしない。


リリーバレロの鉄砲実績(休み明け)

リリーバレロの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)

40週前後の長期休養が3度あるが、その休み明けは(2-0-1-0)。

間隔は、中2週までが(1-1-0-2)、詰めて使っても問題はない。

リリーバレロの枠順適正

リリーバレロの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-1-1)
  • 5~9番(1-1-0-2)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(1-0-0-0)

リリーバレロの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-2-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

リリーバレロの斤量別着度数

  • 54キロ(1-2-0-2)
  • 55キロ(2-0-1-1)

リリーバレロの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~486キロ

リリーバレロの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。

フレンチデピュティは米国で走り、ダートの6~8F(約1200~1600m)で活躍。引退後は日本で多くのG1馬を輩出した。

母の母には1997年の「桜花賞」を勝ったキョウエイマーチ

近親に2009年の「皐月賞」2着馬、トライアンフマーチ(母はキョウエイマーチ)。

リリーバレロの前走

21/2/20 京都牝馬S(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:11着(1.21.0・1.0差)

騎手:松山弘平(54キロ)

道中は中団。

4角は7番手の内で直線に向くが、少し窮屈な感じで伸びあぐねる。

中1週、初めての関西圏への長距離輸送など、体重は減らしていないまでも、3勝クラスを勝ち上がったばかりの同馬には、少し厳しい環境だったのかも。

レースの中身も締まった展開。

今までに経験しなかった追走速度が求められたはず。

これがOPクラスの洗礼だろう。

2021年 京都牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

リリーバレロの次走

次走は3月13日(土)、中山競馬場 芝1800mで行われる「中山牝馬S(G3・ハンデ)」。

ハンデは52キロ。

千八は長いと思う。

 

その他、中山牝馬S(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)