2021年1月9日【ニューイヤーS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ビッククインバイオの好走パターンを分析。

ビッククインバイオの距離適性

ビッククインバイオはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(3-0-0-1)
  • 芝1600m(1-0-3-5)

ベストは1400m、1600mはギリギリと言ったところか。

ビッククインバイオの脚質

先行力が持ち味。

先行して押し切る競馬で好走。

展開はスローからの押し切り、もしくは上りのかかる展開での粘り込み。

スピードの持続力が求められる展開、高速決着には不向き。

ビッククインバイオのコース適正

ビッククインバイオの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-1-0)
  • 東京(4-0-2-1)
  • 中山(0-0-0-5)

中山では結果が出ていないが、惜しい競馬は多々あるので、右回りがまったくダメと言うことではない。

それより気になるのは遠征競馬の少なさ。

これだけのキャリアで関西圏への長距離輸送が一度もない。

長距離輸送に難があるのか?

ビッククインバイオの持ち時計(ベストタイム)

ビッククインバイオの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.3 1着(東京)
  • 芝1600m:1.33.5 7着(中山)

高速決着は不向きと見る。

1400mも1分20秒台になるとどうか?

ビッククインバイオの重馬場適正

ビッククインバイオの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場での負けはあるが、敗因は他にもある。

道悪は気にしないどころか、上りのかかる馬場状態は歓迎ではないか?

ビッククインバイオの鉄砲実績(休み明け)

ビッククインバイオの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

基本的にあまり休まない馬。

ビッククインバイオの枠順適正

ビッククインバイオの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-1)
  • 5~9番(0-0-2-3)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(未)

前に行きたい馬なので、枠も内目が欲しい。

ビッククインバイオの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-3)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(2-0-2-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-2)

ビッククインバイオの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(1-0-3-3)

ビッククインバイオの好走体重

3着以内の体重は;

  • 476~482キロ

ビッククインバイオの血統背景

父はキングズベスト(ミスプロ系キングマンボ)。

キングズベストは欧州で走り、G1を1勝。主戦場は芝の短距離~マイル戦。2010年のダービー馬・エイシンフラッシュはキングズベストの産駒。

母は2009年の「阪神JF(G1)」2着、2010年の「ローズS(G2)」1着、「秋華賞(G1)」2着のアニメイトバイオ

母の父は2004年の秋古馬三冠、「天皇賞(秋)」「ジャパンカップ」「有馬記念」を勝ったゼンノロブロイ(サンデー系)。

近親に2018年の「天皇賞(春)」を制したレインボーラインがいる。

ビッククインバイオの次走

次走は2月20日(土)、阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「京都牝馬S(G3)」。

時計面での課題と、初めてとなる関西圏への長距離輸送がどう出るか?

 

その他、京都牝馬S(G3)の出走馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】