2022年3月6日【中山金杯】終了時点までのデータをもとに、レッドガランの好走パターンを分析。

レッドガランの距離適性

レッドガランはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-1-1-1)
  • 芝1800m(4-0-0-4)
  • 芝2000m(1-0-1-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

現状では1800mがベスト。

前後200mは守備範囲だが、2000mはギリギリかも。

レッドガランの脚質

先行押し切り、もしくは中団あたりで脚を溜めてからの差し。

位置取りが後ろ過ぎると差し届かないケースが多いので、ポジションは中団以上はキープしたい。

500キロを超える大型馬で、あまり器用な方ではないので、コース形態には注意。

レッドガランのコース適正

レッドガランの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-2)
  • 東京(0-0-1-0)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 京都(1-1-0-1)
  • 阪神(4-0-1-5)

左回りがダメと言うわけではない。

どのコースもソツなくこなしている印象だが、500キロを超える大型馬だけに、内回り、小回りになると走り辛そう。

阪神の4勝と3着、京都の1勝と2着はすべて外回り。

レッドガランの持ち時計(ベストタイム)

レッドガランの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.3 3着(阪神)
  • 芝1800m:1.44.8 1着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.2 3着(東京)
  • 芝2200m:2.12.3 6着(阪神)

1800mなら速い時計にも対応は可能。

レッドガランの重馬場適正

レッドガランの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-0-0-2)

特に苦手にしている感じではないが・・・。


レッドガランの鉄砲実績(休み明け)

レッドガランの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-2-1)
  • 3戦目(1-0-1-1)
  • 4戦目(1-0-1-1)
  • 5戦目~(0-0-0-4)

レッドガランの枠順適正

レッドガランの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-3)
  • 5~9番(1-0-2-1)
  • 10~14番(2-1-0-4)
  • 15~18番(1-0-0-0)

レッドガランの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-1-2-1)
  • 3~5月(春):(3-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-3)

暑いのは苦手っぽい。

レッドガランの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(2-0-0-2)
  • 56キロ(3-1-1-3)
  • 57キロ(1-0-1-1)
  • 57.5キロ(0-0-0-1)

レッドガランの好走体重

3着以内の体重は;

  • 498~520キロ

レッドガランの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はシンボリクリスエス(ロベルト系)。

母方の6代前、ディナーパートナー(Dinner Partner)を祖とする牝系は、ダンスインザダーク、ダンスパートナー、ダンスインザムード、スズカマンボなど、数多くの重賞勝ち馬を輩出した名門牝系。

レッドガランの近走

20/12/12 リゲルS(L)

阪神 芝1600m(外)良

着順:3着(1.33.3・0.2差)

騎手:北村友一(57キロ)

道中は中団。

4角は8番手で直線に向くが、馬群の中で身動きが取れず。

最後は良い脚を使っているが、阪神はコース替わりの初日で前も止まらず3着まで。

スムーズなら際どかっただろうが、これは仕方がない。

1、2着馬との斤量差1キロも微妙に効いているはず。

22/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.00.1・-0.4差)

騎手:斎藤新(56キロ)

道中は中団の前、5~6番手。

4角は6番手で直線に向くと、直線は馬群の外に進路を取って追い出しにかかり、坂の上りで先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

二千の距離は少し長いと思っていたが、この展開なら問題なかっただろう。

好位抜け出しで強い競馬を見せた。

2022年 中山金杯(G3)のラップ分析&回顧

22/2/13 京都記念(G2)

阪神 芝2200m(内)稍重

着順:6着(2.12.3・0.4差)

騎手:斎藤新(56キロ)

道中は中団5~6番手。

4角は5番手で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入るが、前との差が詰まらないまま、後続の末脚に交わされた。

2200mの距離がなんとかなったのは、ペースが緩かったせいか?

最後に伸びきれなかったのは、距離か? 内回りのコース形態が原因か?

2022年 京都記念(G2)のラップ分析&回顧

22/3/6 大阪城S(L・ハンデ)

阪神 芝1800m(外)良

着順:4着(1.45.1・0.3差)

騎手:斎藤新(57.5キロ)

道中は先団の3番手の内。

4角も3番手の内で直線に向き、直線は進路を外に取って追い上げに入り、坂の途中までに先頭との差を詰めて2番手に進出。

しかしそこから、なかなか先頭を捉え切れないところを、ゴール前外からの2頭に交わされての4着。

ハンデを考えればよく走った方だろう。

次走、新潟大賞典(G3)に向けて

次走は5月8日(日)、新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟大賞典(G3・ハンデ)」。

ハンデはトップハンデの57.5キロ。

二千の距離は微妙な上に、57.5キロのハンデでは、走って掲示板までか。

 

⇒その他、新潟大賞典(G3)の出走馬を分析