2020年12月12日【リゲルS】終了時点までのデータをもとに、レッドガランの好走パターンを分析。

レッドガランの距離適性

レッドガランはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-1-1-1)
  • 芝1800m(4-0-0-3)
  • 芝2000m(0-0-1-2)

現状では1800mがベスト。

前後200mは守備範囲だが、2000mがギリギリかも。

レッドガランの脚質

前々で押し切る競馬もできるし、後ろから33秒台の末脚で差してくる競馬もできる。

ただ、あまり器用な馬ではないので、コース形態には注意。

レッドガランのコース適正

レッドガランの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-2)
  • 東京(0-0-1-0)
  • 京都(1-1-0-1)
  • 阪神(4-0-1-3)

左回りがダメと言うわけではない。

どのコースもソツなくこなしている印象だが、500キロを超える大型馬だけに、内回り、小回りになると走り辛そう。

阪神の4勝と3着、京都の1勝と2着はすべて外回り。

レッドガランの持ち時計(ベストタイム)

レッドガランの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.3 3着(阪神)
  • 芝1800m:1.44.8 1着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.2 3着(東京)

1800mの時計は速いがハンデ戦(55キロ)。

レッドガランの重馬場適正

レッドガランの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-1)

特に苦手にしている感じではない。

レッドガランの鉄砲実績(休み明け)

レッドガランの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-2-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

休み明けはプラス体重で(0-0-0-3)。

レッドガランの枠順適正

レッドガランの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-1)
  • 5~9番(0-0-2-1)
  • 10~14番(2-1-0-4)
  • 15~18番(1-0-0-0)

レッドガランの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-2-0)
  • 3~5月(春):(3-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-3)

ちょっと気になるデータ。

レッドガランの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(2-0-0-2)
  • 56キロ(2-1-1-2)
  • 57キロ(1-0-1-1)

レッドガランの好走体重

3着以内の体重は;

  • 498~514キロ

レッドガランの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はシンボリクリスエス(ロベルト系)。

レッドガランの前走

20/12/12 リゲルS(L)

阪神 芝1600m(外)良

着順:3着(1.33.3・0.2差)

騎手:北村友一(57キロ)

道中は中団。

4角は8番手で直線に向くが、馬群の中で身動きが取れず。

最後は良い脚を使っているが、阪神はコース替わりの初日で前も止まらず3着まで。

スムーズなら際どかっただろうが、これは仕方がない。

1、2着馬との斤量差1キロも微妙に効いているはず。

レッドガランの次走

次走は1月5日(火)、中京競馬場 芝1600mで行われる「京都金杯(G3・ハンデ)」。

人気どころとの力の差はあまり感じられない。

そこそこやれていいはず。