2020年5月10日【新潟大賞典】終了時点までのデータをもとに、レッドガランの好走パターンを分析。

レッドガランの距離適性

レッドガランはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-1-0-1)
  • 芝1800m(4-0-0-2)
  • 芝2000m(0-0-1-1)

現状では1800mがベスト。

2000mの3着も0.1差の僅差なだけに、前後200mは守備範囲か。

レッドガランの脚質

前々で押し切る競馬もできるし、後ろから33秒台の末脚で差してくる競馬もできる。

レッドガランのコース適正

レッドガランの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-2)
  • 東京(0-0-1-0)
  • 京都(1-1-0-0)
  • 阪神(4-0-0-2)

左回りがダメと言うわけではない。

どのコースもソツなくこなしている印象だが、500キロを超える大型馬だけに、内回り、小回りになるとどうか?

レッドガランの持ち時計(ベストタイム)

レッドガランの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.8 6着(阪神)
  • 芝1800m:1.44.8 1着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.2 3着(東京)

1800mの時計は速いことは速いが、ハンデ戦で計時した時計なので、いくらか割り引いて評価した方が良い。

レッドガランの重馬場適正

レッドガランの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-1)

特に苦手にしている感じではない。

レッドガランの鉄砲実績(休み明け)

レッドガランの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-2)

特に問題ない。

レッドガランの評価

前からでも後ろからでも、どこからでも競馬ができる感じだが、まだこれまでに突き抜ける強さを感じない。

いすれもそのクラスなりに勝ち上がって来ている印象。

堅実な馬だけに、今後の成長に期待。

レッドガランの近走診断

19/12/1 逆瀬川S(3勝・ハンデ)

阪神 芝1800m(外)10頭

着順:1着(1.44.8・クビ差)

騎手:北村友一(55キロ)

好発を決めたが控えて中団の外あたりから。

終始外目を走って、4角も6番手の外から直線。

直線は馬場の外目を伸びて来るが、他の馬も簡単には引き下がらない。

最後はクビ差で制したが、5着までがクビ、アタマ、ハナ、クビの大接戦。

当日は他のレースでレコードが出るほどの高速馬場。

タイムは優秀だが、勝ち方にそれほど強さは感じない。

20/2/1 白富士S(L)

東京 芝2000m 良 14頭

着順:3着(1.59.2・0.1差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

道中は後方に控えるかたち。

4角は最後方で直線に向き、馬場の外目を追い上げる。

結局、上りはメンバー最速33.7秒で上がって来たが、0.1差届かず3着。

脚は見せたが位置取りが悪すぎた。

20/3/8 大阪城S(L・ハンデ)

阪神 芝1800m(外)稍重 16頭

着順:1着(1.46.9・-0.2差)

騎手:北村友一(55キロ)

スタート良く、道中は2番手を追走。

4角も2番手で直線に向くが、逃げていたサトノフェイバーにしつこく食い下がられる。

しかし、ゴール前なんとか抜け出して勝利。

好位抜け出しで勝てたのは収穫。

脚質の幅が広がった。

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良 16頭

着順:6着(1.59.4・0.8差)

騎手:鮫島克駿(56キロ)

道中は後方から。

直線は内を突いて伸びて来るが、前もなかなか止まらない。

「大事に乗りすぎた」とは鞍上の弁。

これが1番人気のプレッシャー。

レッドガランの次走

次走は阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「鳴尾記念(G3)」。

阪神コースは4勝しているが、すべて外回りコース。

キャリアすべてを見ても、直線の短い内回りコースは今回が初めて。

比較的堅実な馬だが、今回はどうか。