2020年6月14日【エプソムC】終了時点までのデータをもとに、インビジブルレイズの好走パターンを分析。

インビジブルレイズの距離適性

インビジブルレイズはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-1-0-0)
  • 芝1600m(3-1-2-6)
  • 芝1800m(1-1-0-3)
  • 芝2000m(2-0-0-2)

マイルでの好走は下級条件。

上のクラスでは1800~2000mのペースが合っていそう。

インビジブルレイズの脚質

道中は中団あたりにポジションを取って、直線で抜け出してくる競馬。

締まったペースよりも、ゆったりとしたペースでの好走が多い。

インビジブルレイズのコース適正

インビジブルレイズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(2-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 京都(0-0-1-4)
  • 阪神(3-3-0-2)
  • 小倉(1-0-0-1)

阪神は内外どちらにも好走歴がある。

その反面、京都、中山はちょっと苦手の様子。

道中のペースが落ち着いた東京では2勝。

インビジブルレイズの持ち時計(ベストタイム)

インビジブルレイズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.7 2着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.2 9着(中山)
  • 芝1800m:1.45.6 2着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.1 1着(東京)

高速決着では出番がなさそう。

インビジブルレイズの重馬場適正

インビジブルレイズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 不良(0-0-1-2)

好走しているのは道中かなり緩いペース。

基本的に上の条件では道悪には対応できない。

インビジブルレイズの鉄砲実績(休み明け)

インビジブルレイズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-5)

馬券圏外でも僅差が目立つ。

休み明けは問題なさそう。

インビジブルレイズの枠順適正

インビジブルレイズの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-1-2)
  • 5~9番(1-1-1-4)
  • 10~14番(3-1-0-4)
  • 15~18番(0-0-0-1)

インビジブルレイズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-2)
  • 3~5月(春):(2-1-1-5)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(1-2-0-1)

インビジブルレイズの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(1-1-0-1)
  • 54.5~56キロ(2-1-2-8)
  • 57キロ~(3-1-0-2)

インビジブルレイズの連対体重

  • 458~478キロ

インビジブルレイズの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)、母の父はサクラバクシンオー(ナスルーラ系プリンスリーギフト)。

インビジブルレイズの近走診断

19/10/5 長岡京S(3勝・ハンデ)

京都 芝1600m(外)良 10頭

着順:5着(1.33.5・0.4差)

騎手:川又賢治(55キロ)

久々の1600m。

道中は後方で、直線馬場の外目から脚を見せるが差し届かず。

やはり1600mはちょっと忙しいか。

19/12/22 サンタクロースS(3勝)

阪神 芝2000m(内)稍重 13頭

着順:1着(2.01.5・0.1差)

騎手:北村友一(57キロ)

道中は中団の後ろあたりを追走していたが、向正面でマクッて行って3角は先団に並びかけて4番手。

しかしここで一旦息を入れて先団とは距離を取り、4角5~6番手で直線。

直線は馬場の外目から追い上げて行って、ゴール前しっかり差し切って勝利。

器用な勝ち方で3勝クラスを卒業。

操縦性の高さが光った。

20/2/1 白富士S(L)

東京 芝2000m 良 14頭

着順:1着(1.59.1・0.1差)

騎手:マーフィー(56キロ)

道中は中団あたり。

4角は5番手で直線に入り、直線は進路を外に取って追い出すと坂の上では先頭、そしてそのまま後続を封じ込めてゴール。

昇級初戦で即オープン特別を勝ち上がった。

ただ、開幕週の馬場にしては時計的には今一歩。

メンバー的にも恵まれていた印象はある。

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良 16頭

着順:5着(1.59.3・0.7差)

騎手:吉田隼人(56キロ)

道中は中団の前あたり、6番手。

直線もバテずに伸びてはくるが、上位とは脚色が少し違った。

そこそこ締まった流れでもあり、重賞初挑戦のこの馬にとっては、クラスの壁に阻まれた感じ。

20/6/14 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 不良

着順:17着(1.51.7・4.0差)

騎手:田辺裕信(56キロ)

馬場が全然合わなかった様子。

インビジブルレイズの次走

次走は9月6日 新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

ゆったりした流れになれば、一矢報いるチャンスはあるが・・・。

 

その他、新潟記念の出走馬を分析