2021年3月14日【金鯱賞】終了時点までのデータをもとに、ブラヴァスの好走パターンを分析。

ブラヴァスの距離適性

ブラヴァスはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-0-0)
  • 芝2000m(4-3-1-4)

現状では中距離で安定的な成績。

ブラヴァスの脚質

先行押し切り、好位差しが好走パターン。

これまで好走してきたレースはスローの展開が多く、今後、ペースが速くなった時にも同じように脚を伸ばせるか否かが課題。

末脚はそこそこのキレ味はありそうだが、キレッキレと言うほどではなさそう。

ブラヴァスのコース適正

ブラヴァスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 福島(0-1-0-0)
  • 新潟(1-0-0-1)
  • 中京(0-0-1-1)
  • 京都(1-1-0-2)
  • 阪神(2-2-0-0)

ブラヴァスの持ち時計(ベストタイム)

ブラヴァスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.6 2着(ハナ差・京都)
  • 芝2000m:1.58.9 4着(0.3差・新潟)

速い時計にやや難がありそうだが、まだまだ上積みは見込める。

ブラヴァスの重馬場適正

ブラヴァスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-1-1-1)

道悪もスローならそこそこは走りそう。


ブラヴァスの鉄砲実績(休み明け)

ブラヴァスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-2)
  • 3戦目(0-2-0-1)
  • 4戦目(2-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

ブラヴァスの枠順適正

ブラヴァスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-2-0-3)
  • 5~9番(1-0-0-1)
  • 10~14番(0-2-1-0)
  • 15~18番(1-0-0-0)

ブラヴァスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-2-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-1-1-0)
  • 9~11月(秋):(3-1-0-1)

ブラヴァスの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-1-0)
  • 55キロ(2-2-0-2)
  • 56キロ(1-1-0-2)
  • 57キロ(1-0-0-0)

ブラヴァスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 464~492キロ


ブラヴァスの血統背景

父がキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

母は「ヴィクトリアマイル(G1)」を連覇したヴィルシーナ。その父はディープインパクトという良血。

近親にシュヴァルグラン(「ジャパンカップ」「アルゼンチン共和杯」「阪神大賞典」)、ヴィブロス(「秋華賞」「ドバイターフ」)。

ブラヴァスの近走

19/11/2 近江特別(2勝・ハンデ)

京都 芝1800m(外)良 11頭

着順:2着(1.46.6・ハナ差)

騎手:福永祐一(54キロ)

道中は先団4番手の内を追走。

道中は終始内々を走り、4角も4番手の内で直線。

直線も内を突いて、坂の上りで抜け出しにかかるが、外から追い込んで来たグロオルロージュにハナ差先着を許して2着。

最後はクビの上げ下げ。

勝ちに等しい2着。

19/11/30 再度山特別(2勝クラス)

阪神 芝1800m(外)良 8頭

着順:1着(1.47.9・クビ差)

騎手:スミヨン(55キロ)

スタートで出遅れたが、二の脚で追い上げて道中は3~4番手。

前半1000mが62.2秒のスローペースを、4角はほぼ先頭に並びかけて直線へ。

直線では逃げ粘るドラグーンシチーを懸命に追い、ゴール前でクビ差差し切ってゴール。

自身の上りは33.1秒。

開幕週の馬場で鋭い決め手を示した。

但馬S(3勝クラス)

阪神 芝2000m(内)良 11頭

着順:1着(2.00.1・クビ差)

騎手:武豊(57キロ)

五分のスタートから道中は中団の前あたり。

4角は5番手の内、前は一団になって直線へ。

直線は内を突いて抜け出して、外から追い込んで来たヒンドゥタイムズとの追い比べを、ゴール前、クビ差制して先着。

今走もペースは緩かったものの、終いはメンバー2位の33.8の脚をしっかりと出してきた。

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良 16頭

着順:4着(1.58.9・0.3差)

騎手:柴山雄一(55キロ)

道中は中団の前。

直線も馬場の内目からよく伸びてきているが、ゴール前プレシャスブルーとの追い比べにハナ差屈して4着。

しかし上位3頭とは1キロ重い55キロ。

内容としては悪くはない。

2020年 新潟大賞典(G3)のラップ分析&回顧

20/7/12 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 重

着順:2着(2.02.7・0.2差)

騎手:福永祐一(55キロ)

枠順は13番ゲートからだったが、ペースが緩かった分そこそこのポジションを取るとこはできた。

道中は中団の前あたりで、3角では早くも2番手に進出。

4角は大外を回して直線に向く。

良い感じで伸びて来たが、クレッシェンドラヴに内をすくわれて2着。

勝ち馬とは4角の位置取りが違い過ぎたが、上りがかかる消耗戦では強い。

2020年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

20/9/6 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:1着(1.59.9・アタマ差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中は中団。

4角は9番手で直線に向き、馬場の外目から逃げ粘るジナンボーを追い込んで、ゴール前アタマ差交わしてゴール。

道中かなりのスローペースで逃げたジナンボーを、ゴール前交わしたのは評価できるが、レースのレベルとしてはどうか?

2020年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧

20/12/5 チャレンジカップ(G3)

阪神 芝2000m 良

着順:2着(2.00.1・0.2差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中は中団あたり。

最後は上りメンバー最速の脚で追い込んでくるが、先に抜け出していたヒンドゥタイムズを交わすのが精一杯。

今回の流れではここまでだろう。

2020年 チャレンジカップ(G3)のラップ分析&回顧

21/3/14 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 重

着順:10着(2.03.6・1.8差)

騎手:福永祐一(56キロ)

内枠3番から道中は好位の3~4番手。

4角も3番手の内で直線に向くが、直線は坂を上りきって一杯。

重馬場ではあったが、早い段階でペースが上がった。

その流れに対応できなかった感じ。

この馬、現時点では緩い流れ専門。

2021年 金鯱賞(G2)のラップ分析&回顧

ブラヴァスの次走

次走は4月4日、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「大阪杯(G1)」。

このクラスではまだ厳しいだろう。

 

その他、大阪杯(G1)の出走馬を分析