2020年6月28日【宝塚記念】終了時点までのデータをもとに、トーセンスーリヤの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

トーセンスーリヤの距離適性

トーセンスーリヤはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(3-6-3-5)
  • 芝2000m(1-0-1-3)
  • 芝2200m(0-0-0-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

1800mがベスト、2000mは守備範囲。

トーセンスーリヤの脚質

先行して押し切る競馬が好走パターン。

スピードの持続力はそこそこあるので、前につけるとしぶとい。

しかし、キレる脚はないので、瞬発力勝負は不向き。

トーセンスーリヤのコース適正

トーセンスーリヤの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-1-1-1)
  • 函館(0-3-0-0)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(2-1-1-4)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 京都(0-1-1-1)
  • 阪神(0-0-0-4)

どちらかと言うと軽い芝は苦手っぽい。

逆に、札幌、函館、中山のような力の要る馬場での成績はそこそこ良い。

トーセンスーリヤの持ち時計(ベストタイム)

トーセンスーリヤの芝1800m、芝2000mの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.9 4着(0.2差・京都)
  • 芝2000m:1.58.6 1着(-0.2差・新潟)

高速馬場、高速決着には向いているとは思えない。

トーセンスーリヤの重馬場適正

トーセンスーリヤの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-3-0-4)

パワーを要する道悪は走ってくるはず。

トーセンスーリヤの鉄砲実績(休み明け)

トーセンスーリヤの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

これだけのキャリアで10週以上の休養は3回だけ。

休み明けも問題なし。

トーセンスーリヤの枠順適正

トーセンスーリヤの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-2-6)
  • 5~9番(2-5-2-5)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(未)

基本的に外枠は少ないが、前につけたい馬だけに、枠順は内側の方が良いはず。

トーセンスーリヤの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-2-5)
  • 3~5月(春):(2-0-1-4)
  • 6~8月(夏):(1-4-1-2)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-2)

気候の変化はあまり関係なさそう。

トーセンスーリヤの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(2-3-0-1)
  • 54.5~56キロ(1-4-2-7)
  • 57キロ~(2-0-2-5)

斤量の増減にもさほど動じない。

トーセンスーリヤの連対体重

  • 460~488キロ

トーセンスーリヤの血統背景

父は芝のマイル、中距離で活躍したローエングリン(ND系サドラーズウェルズ)、母の父は芝の短距離、マイルG1を3勝したデュランダル(サンデー系)。

トーセンスーリヤの評価

2勝クラス突破には約1年を要したが、3勝クラスは3戦で突破。そしてOP昇級初戦で重賞初制覇。

ここに来て力をつけて来ているのは確か。

先行力があり、前につけるとそこそこ締まったペースでも粘り切るだけのSP持続力はある。

今後の活躍に期待が持てる。

トーセンスーリヤの近走診断

19/12/14 2勝クラス

中山 芝1800m 良 16頭

着順:1着(1.47.4・クビ差)

騎手:横山和生(57キロ)

道中は2番手。

4角も2番手で直線に向き、直線は坂の上りで抜け出して押し切った。

序盤はそこそこ締まったラップを刻みつつ、上りも決してバテてはいない。

勝ち時計も優秀。

20/1/19 初富士S(3勝・ハンデ)

中山 芝1800m 稍重 12頭

着順:2着(1.49.5・0.1差)

騎手:横山和生(55キロ)

道中は2番手。

4角、直線と、前走と同じような位置取りで抜け出してきたが、ゴール前プレシャスブルーの外差しに半馬身屈した。

稍重で外差しが決まりやすい馬場になっていた。

敗けて強し。

20/2/2 飛鳥S(3勝)

京都 芝1800m(外)良 13頭

着順:3着(1.48.2・0.1差)

騎手:大野拓弥(57キロ)

珍しく先手が奪えず中団の後ろあたり。

4角は7番手の内で直線に向き、直線も内を突いて伸びて来るが、0.1差届かずの3着。

苦手の切れ味勝負でも、そこそこの結果は残した。

20/4/12 美浦S(3勝)

中山 芝1800m 稍重 9頭

着順:1着(1.48.7・クビ差)

騎手:横山和生(57キロ)

道中は3~4番手。

ペースは一頭大きく逃げるが、ラップはそれほど上がらない。

3~4角で先頭との距離をつめて、4角は馬群一団の2番手で直線。

直線は馬場の外目からミヤビパーフェクトとの追い比べをクビ差制してゴール。

近走は充実一途でOP昇格。

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良 16頭

着順:1着(1.58.6・-0.2差)

騎手:横山和生(54キロ)

トーセンスーリヤは道中先行して4番手。

直線もそのまま押し切って受賞初挑戦で初制覇。

例年のレース展開とは違って、ペースがそこそこ流れて、上りのかかる展開となったのが良かったのだろう。54キロのハンデも効いた。

20/6/28 宝塚記念(G1)

阪神 芝2200m 稍重

着順:7着(2.16.3・2.8差)

騎手:横山和生(58キロ)

3枠6番からハナを切る。

相当タフな展開になったが、ハナを切って最後まで完全に止まってはいない。

2020年 宝塚記念(G1)のラップ分析&回顧

初めてのG1としてはナイストライ。

今後につながる走りを見せた。

トーセンスーリヤの次走

次走は札幌競馬場 芝2000mで行われる「札幌記念(G2)」。

札幌コースは(1-1-1-1)と相性は良い。

前走でも力のあるところは見せた。

すんなり先手が取れたら面白い存在。

 

その他、札幌記念の出走馬を分析