2020年12月19日【タンザナイトS】終了時点までのデータをもとに、ラヴィングアンサーの好走パターンを分析。

ラヴィングアンサーの距離適性

ラヴィングアンサーはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-0-2-5)
  • 芝1400m(2-1-2-9)
  • 芝1600m(1-1-0-1)

ベストは1200~1400m。

1600mでの勝利は「未勝利戦」にまで遡る。

ラヴィングアンサーの脚質

基本的には終いを生かした「差し」「追い込み」。

終いの脚はなかなか確実。

ペースに関係なく安定した末脚を繰り出せるが、トップスピードに入るまでには多少時間がかかるようなので、緩い流れからの急なギアチェンジより、締まったペースの方が戦いやすい。

ラヴィングアンサーのコース適正

ラヴィングアンサーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-1-1)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 中京(1-1-0-2)
  • 京都(1-1-1-4)
  • 阪神(2-0-2-5)
  • 小倉(1-0-0-0)

阪神は内回りが(2-0-2-4)外回りが(0-0-0-1)

京都は内回りが(1-0-1-1)、外回りが(0-1-0-3)

もっと言うと、

直線距離399m以上(2-2-1-7)

直線距離359m以下(5-0-3-7)

この馬の末脚は直線が短い方が決まりやすい。

小回り、内回りの締まった流れで◎。

ラヴィングアンサーの持ち時計(ベストタイム)

ラヴィングアンサーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.0 1着(小倉)
  • 芝1400m:1.19.5 1着(東京)
  • 芝1600m:1.34.9 5着(阪神)

1400mの時計は3勝クラスで計時。これは優秀。

ラヴィングアンサーの重馬場適正

ラヴィングアンサーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-3)

稍重程度なら苦にしないが、それ以上になるとどうか。

ラヴィングアンサーの鉄砲実績(休み明け)

ラヴィングアンサーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-2-5)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-4)
  • 3戦目(2-1-1-1)
  • 4戦目(0-0-1-2)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

叩き良化型。

ローテーションは

  • 中2週以内(3-1-0-4)
  • 中3週以上9週未満(4-0-4-11)

詰めて使っても結果は残す。

ラヴィングアンサーの枠順適正

ラヴィングアンサーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-0-5)
  • 5~9番(2-1-1-5)
  • 10~14番(2-0-2-3)
  • 15~18番(0-0-1-2)

内枠の方が戦いやすそう。

ラヴィングアンサーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-4)
  • 3~5月(春):(4-0-3-4)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-1-6)

ラヴィングアンサーの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-0-4)
  • 55キロ(1-0-0-2)
  • 56キロ(2-0-1-6)
  • 57キロ(2-1-3-3)

ラヴィングアンサーの連対体重

  • 478~510キロ

ラヴィングアンサーの血統背景

父はダイワメジャー(サンデー系)。

母の父はロックオブジブラルタル(ND系デインヒル)。

母の父は欧州で走り、芝の短距離~マイルのG1を7連勝(当時の世界記録)。

ラヴィングアンサーの評価

5歳の春に3勝クラスを卒業。

その後オープンクラスでも大敗は少なく、僅差の競馬を繰り返していたが、2020年の「春雷S(L・ハンデ)」でオープン初勝利。

堅実な上、少々ペースが締まっても、その末脚が衰えることはない。

ラヴィングアンサーの近走診断

20/2/2 シルクロードS(G3・ハンデ)

京都 芝1200m(内)良 18頭

着順:6着(1.09.3・0.3差)

騎手:和田竜二(54キロ)

初めての重賞挑戦。

道中は中団あたりにポジションを取り、4角5番手の内で直線。

直線は馬場の中ほどを追い上げて、一旦は3番手に進出するも、ゴール前外差しの追い込み前に差されて6着。

重賞初挑戦で、0.3差の6着なら上出来。

20/3/1 阪急杯(G3)

阪神 芝1400m(内)良 18頭

着順:9着(1.21.1・0.8差)

騎手:和田竜二(56キロ)

外枠17番から道中は後方13番手。

4角も13番手で直線に向くが、途中で前が詰まって追えない場面もあった様子。

20/4/12 春雷S(L・ハンデ)

中山 芝1200m 稍重 16頭

着順:1着(1.08.3・ハナ差)

騎手:吉田豊(54キロ)

4枠8番から道中は後方待機。

4角も13番手で大外を回して直線。

直線は馬場の外目から追い込んで来て、坂の上りで一気に先頭との差を詰めてきて、ゴール前さらに外から追い込んで来たマリアズハートの強襲をハナ差交わしてゴール。

OP昇格ちょうど一年で、待望のOP初勝利。

20/5/16 京王杯SC(G2)

東京 芝1400m 稍重

着順:4着(1.20.1・0.3差)

騎手:吉田豊(56キロ)

道中は後方から、最後の直線は大外一気の追い込みで0.3差の4着と惜しい競馬。

最内1番ゲートから、もう少し道中工夫ができないものか?

20/8/30 朱鷺S(L)

新潟 芝1400m(内)

着順:8着(1.21.5・0.3差)

騎手:吉田豊(57キロ)

スタートは五分なのに今回も後方で控える競馬。

4角もほぼ最後方から直線。

届くわけがない。

20/9/13 セントウルS(G2)

中京 芝1200m 良

着順:8着(1.08.5・0.6差)

騎手:吉田隼人(56キロ)

道中は中団の後ろあたり。

4角は10番手で直線に向くが、先頭との差は詰まらないまま。

中団より後ろからでは厳しい展開。

2020年 セントウルS(G2)のラップ分析&回顧

20/12/19 タンザナイトS(ハンデ)

阪神 芝1200m(内) 良

着順:1着(1.08.1・ハナ差)

騎手:北村友一(56キロ)

道中は中団の後ろ。

4角では13番手で、直線は外に出して追い上げて見事に外差しが決まる。

完勝。

ラヴィングアンサーの次走

次走は1月31日、中京競馬場 芝1200mで行われる「シルクロードS(G3・ハンデ)」。

中京の直線を差してこれるか?

 

【スポンサーリンク】