2020年6月6日【鳴尾記念】終了時点までのデータをもとに、ラヴズオンリーユーの好走パターンを分析。

ラヴズオンリーユーの距離適性

ラヴズオンリーユーはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-1)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(1-1-0-0)
  • 芝2200m(0-0-1-0)
  • 芝2400m(1-0-0-0)

適距離としては2000m以上、距離はそこそこ伸びてもこなせる印象。

逆に1600m近辺は少し忙しいのではないか?

ラヴズオンリーユーの脚質

締まったペースでもそのスピードを最後まで持続し続けるスピード持続力を生かした競馬が持ち味。

ペースが緩んで瞬発力勝負になると、後手を踏むことも。

ラヴズオンリーユーのコース適正

ラヴズオンリーユーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-1)
  • 京都(2-0-1-0)
  • 阪神(1-1-0-0)

現状では、コースによる得手不得手はなさそう。

ラヴズオンリーユーの持ち時計(ベストタイム)

ラヴズオンリーユーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.8 7着(東京)
  • 芝1800m:1.50.9 1着(京都)
  • 芝2000m:2.00.1 2着(阪神)
  • 芝2200m:2.14.3 3着(京都)
  • 芝2400m:2.22.8 1着(東京)

「オークス」で計時した2.22.8は文句なしに速い。

ラヴズオンリーユーの重馬場適正

ラヴズオンリーユーの稍重も含めた道悪競馬の経験はまだない。

ラヴズオンリーユーの鉄砲実績(休み明け)

ラヴズオンリーユーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-1)

半年ぶりの競馬となった2019年の「エリザベス女王杯」の3着は、展開が不向きだったこともあるが、休み明けの影響も少なからずあったとは思う。

2020年の「ヴィクトリアマイル」は約半年の休み明けで1.2差の7着。

ラヴズオンリーユーの枠順適正

ラヴズオンリーユーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(2-1-0-0)
  • 10~14番(1-0-1-0)

ラヴズオンリーユーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(未)
  • 3~5月(春):(2-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-0)

ラヴズオンリーユーの斤量別着度数

  • 54キロ(3-1-1-0)
  • 55キロ(1-0-0-1)

ラヴズオンリーユーの連対体重

  • 452~474キロ

ラヴズオンリーユーの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はストームキャット(ND系ストームキャット)。

ストームキャットは米国で走り、ダートの6F~8.5Fで活躍。G1は1勝しただけだが、種牡馬としては多くのG1ウイナーを排出した名種牡馬。代表産駒ジャイアンツコーズウェイも種牡馬として高い名声を誇る。

日本では母の父として、キズナ、ロードカナロアなど、多くのG1ウイナーを出した。

ラヴズオンリーユーの近走

19/5/19 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良 18頭

着順:1着(2.22.8・クビ差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

道中は中団あたりにポジションを取る。

先頭との差は7~8馬身。

前半1000mが59.1秒、逃げるジョディーがやや速めのラップを刻んで行く。

ラヴズオンリーユーは4角で位置取りを外目に出して、直線も馬場の外目を追い込んで来る。

坂を上り切ると先頭との差をみるみる詰めて、先に抜け出していたカレンブーケドールをゴール前差し切って勝利。

走破タイムは堂々のオークスレコード。

19/11/10 エリザベス女王杯(G1)

京都 芝2200m(外)良 18頭

着順:3着(2.14.3・0.2差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中はクロコスミアが離して逃げる展開だが、そのペースは前半1000mが62.8秒と明らかにスロー。

ラヴズオンリーユーはそんなクロコスミアから5~6馬身離れた2番手。

4角でその差を若干つめるもまだ先頭とは3~4馬身。

直線懸命に追い上げるが、クロコスミアも粘る。

そうこうしているうちに、内からラッキーライラックがもの凄い脚で2頭を交わしてゴール。

ラヴズオンリーユーは結局、クロコスミアを捉えることも出来ずに3着。

ペースがペースだけに、直線ではクロコスミアを楽に捉えて抜け出して、最後はラッキーライラックとの一騎打ち。

と言う展開が理想だったはず。

休み明けの影響もあるだろうが、瞬発力勝負での若干の不安を露呈したレースとなった。

20/5/17 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良

着順:7着(1.31.8・1.2差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

道中は中団馬群の内。

この日の馬場傾向としては、これ以上位置取りが後ろになると勝ち負けは難しいギリギリの位置。

しかしラヴズオンリーユーは直線に入っても良い脚は出せずじまい。

  • マイルの距離が忙しいと言うことか?
  • ドバイでの一頓挫でまだベストの状態ではなかったか?

叩き2走目に期待するしかない。

2020年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

20/6/6 鳴尾記念(G3)

阪神 芝2000m 良

着順:2着(2.00.1・ハナ差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中は中団の前目あたり。

直線では勝ったパフォーマプロミスと馬体を併せての追い比べ。

ゴール前は微妙だったが、わずかにハナ差及ばずの2着。

牡馬の中に紅一点、牝馬はラヴズオンリーユーただ一頭。

この消耗戦をハナ差の2着は、やはり力がある証拠。

馬場が少し特殊だっただけに、普通の良馬場なら、楽に勝っていたように思う。

2020年 鳴尾記念(G3)のラップ分析&回顧

 

ラヴズオンリーユーの次走

次走は10月17日、東京競馬場 芝1800mで行われる「府中牝馬S(G2)」の予定。

約4ヵ月ぶりの休み明けと1800mという距離が少し微妙だが、牝馬限定のこのメンバーなら勝ち負け。

しかし次を見据えた叩き台なので、当然メイチではこない。

 

その他、府中牝馬Sの出走馬を分析