レッドベルオーブのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

レッドベルオーブのここまでの走り

20/8/8 2歳新馬

新潟 芝1600m 稍重

着順:2着(1.36.8・アタマ差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

道中は中団の前目。

レースのペースは序盤からそこそこ流れていた。

12番枠もあって、道中は外目外目を追走。

4角7番手で回って直線に向き、直線では馬群の外に進路を取って追い込んで来るが、先に抜け出していたストゥーティにアタマ差及ばず。

朝からの雨で馬場は重め。

道中のコース取りも若干距離ロスがあった感じ。

「踏み遅れたのが悔やまれる」とは鞍上の談話だが、緩い馬場にも不安が残る。

20/9/19 2歳未勝利

中京 芝1600m 良

着順:1着(1.33.1・-0.6差)※レコード

騎手:福永祐一(54キロ)

好スタートから道中は2番手。

4角馬なりで先頭に立ち、直線追われて、後続を3馬身半突き放してゴール。

道中は、未勝利戦としては結構なペース。

走破時計1.33.1は中京1600mの2歳レコード。

翌日の古馬3勝クラス「納屋橋S」の走破時計が1.32.8。

未勝利戦で3勝クラスに0.3差。

これは凄い。

【期待される能力】

  • SP持続力
  • スタミナ

20/11/14 デイリー杯2歳S(G2)

阪神 芝1600m 良

着順:1着(1.32.4・アタマ差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中は中団あたり。

序盤では少し頭を上げて行きたがっていた。

4角は包まれるかたちの5番手で直線に向いたが、内にわずかな進路が出来るとスッと反応して進路を確保。

あとは先に抜け出していたホウオウアマゾンとの追い比べ。

ホウオウアマゾンもゴール前まで食い下がるが、アタマ差制してゴール。

上りはメンバー最速の34.0秒。

レースは序盤は緩かったものの、中盤、後半は締まった流れ。

昨年の「阪神JF」でレシステンシアが計時した2歳レコードを0.3秒更新した。

【期待される能力】

  • 瞬発力
  • 勝負根性

20/12/20 朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:3着(1.32.7・0.4差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中は中団の前あたり。

直線は馬場の外目から追い込んでくるが、これまで見せていたキレがあまり感じられなかった。

鞍上は道中の微妙な進路の取り方のミスを敗因に挙げたが、これまで2戦続けてのレコード勝利、そして今回もレコード結着。

反動と言うか、疲れもあったのではないか。

2020年 朝日杯フューチュリティS (G1)のラップ分析&回顧

レッドベルオーブの脚質

SP持続力、瞬発力に優れ、前からでも控えても競馬はできる。

かなりの素質を秘めていそう。

唯一心配な点は緩い馬場か?


レッドベルオーブの重馬場

レッドベルオーブは稍重の新馬戦を頭差の2着に敗れている。

ただこれをもって道悪はダメだと決めつけるのは早計で、道悪を走るか走らないかはまだ未知数。


レッドベルオーブの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はアンブライドルズソング(ミスプロ系ファピアノ)。

アンブライドルズソングは米国で走り、「フロリダダービー」などダートG1を2勝。主戦場はダートの中距離。

ディープインパクトとアンブライドルズソングの組み合わせでは、2020年の無敗の三冠馬、コントレイルがいる。

全兄のレッドベルジュールも「デイリー杯2歳S」を勝って「朝日杯フューチュリティS」に挑んだが、3番人気に支持されながらも10着に負けた。

レッドベルオーブの次走

次走は4月18日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「皐月賞(G1)」。

何と言っても課題は距離だろう。

「皐月賞」は過去20年で、前走1600mからは(0-3-0-14)。

連対している3頭はいずれもその1600mのレース(重賞)を勝っている。

 

その他、皐月賞(G1)の出走馬を分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)