2022年10月9日【毎日王冠】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、レッドベルオーブの好走パターンを分析。

レッドベルオーブの距離適性

レッドベルオーブはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-1-1-1)
  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

1600mで安定。

二千の距離は「皐月賞」での8着だが、適正についてはまだ判断できない。

レッドベルオーブの脚質

SP持続力、瞬発力に優れ、前からでも控えても競馬はできる。

2歳時は、かなりの素質を秘めていそうな馬だと思っていたが、骨折明け(4歳の「マイラーズC」)から折り合い難が顕著に出始めて競馬にならないレースが続いた。

しかしそんな中、「小倉日経OP」では、折り合いを気にせずに「行かせる」戦法を取り、大逃げを打っての圧勝。

もともと素質を秘めた馬、今後の走りが楽しみになってきた。

レッドベルオーブのコース適正

レッドベルオーブの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-1-1)
  • 小倉(未)

レッドベルオーブの持ち時計(ベストタイム)

レッドベルオーブの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.4 1着(阪神)※2歳レコード
  • 芝1800m:1.46.2 10着(東京)
  • 芝2000m:2.01.8 8着(中山)

2歳時に2度のレコード勝ちがあるように、速い時計の決着は苦にならないとは思う。

レッドベルオーブの重馬場適正

レッドベルオーブの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだ稍重馬場の経験しかないが、緩い馬場がウイークポイントの可能性もある。


レッドベルオーブの鉄砲実績(休み明け)

レッドベルオーブの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

レッドベルオーブのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-1-1)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

レッドベルオーブの枠順適正

レッドベルオーブの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(1-0-1-0)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-2)

レッドベルオーブの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-0-0)
  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(0-0-0-2)
  • 57キロ(0-0-0-1)

レッドベルオーブの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-1)

レッドベルオーブの好走体重

3着以内の体重は;

  • 468~478キロ

レッドベルオーブの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はアンブライドルズソング(ミスプロ系ファピアノ)。

アンブライドルズソングは米国で走り、「フロリダダービー」などダートG1を2勝。主戦場はダートの中距離。

ディープインパクトとアンブライドルズソングの組み合わせでは、2020年の無敗の三冠馬、コントレイルがいる。

全兄のレッドベルジュールも「デイリー杯2歳S」を勝って「朝日杯フューチュリティS」に挑んだが、3番人気に支持されながらも10着に負けた。

レッドベルオーブのここまでの走り

20/8/8 2歳新馬

新潟 芝1600m 稍重

着順:2着(1.36.8・アタマ差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

道中は中団の前目。

レースのペースは序盤からそこそこ流れていた。

12番枠もあって、道中は外目外目を追走。

4角7番手で回って直線に向き、直線では馬群の外に進路を取って追い込んで来るが、先に抜け出していたストゥーティにアタマ差及ばず。

朝からの雨で馬場は重め。

道中のコース取りも若干距離ロスがあった感じ。

「踏み遅れたのが悔やまれる」とは鞍上の談話だが、緩い馬場にも不安が残る。

20/9/19 2歳未勝利

中京 芝1600m 良

着順:1着(1.33.1・-0.6差)※レコード

騎手:福永祐一(54キロ)

好スタートから道中は2番手。

4角馬なりで先頭に立ち、直線追われて、後続を3馬身半突き放してゴール。

道中は、未勝利戦としては結構なペース。

走破時計1.33.1は中京1600mの2歳レコード。

翌日の古馬3勝クラス「納屋橋S」の走破時計が1.32.8。

未勝利戦で3勝クラスに0.3差。

これは凄い。

【期待される能力】

  • SP持続力
  • スタミナ

20/11/14 デイリー杯2歳S(G2)

阪神 芝1600m 良

着順:1着(1.32.4・アタマ差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中は中団あたり。

序盤では少し頭を上げて行きたがっていた。

4角は包まれるかたちの5番手で直線に向いたが、内にわずかな進路が出来るとスッと反応して進路を確保。

あとは先に抜け出していたホウオウアマゾンとの追い比べ。

ホウオウアマゾンもゴール前まで食い下がるが、アタマ差制してゴール。

上りはメンバー最速の34.0秒。

レースは序盤は緩かったものの、中盤、後半は締まった流れ。

昨年の「阪神JF」でレシステンシアが計時した2歳レコードを0.3秒更新した。

【期待される能力】

  • 瞬発力
  • 勝負根性

20/12/20 朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:3着(1.32.7・0.4差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中は中団の前あたり。

直線は馬場の外目から追い込んでくるが、これまで見せていたキレがあまり感じられなかった。

鞍上は道中の微妙な進路の取り方のミスを敗因に挙げたが、これまで2戦続けてのレコード勝利、そして今回もレコード結着。

反動と言うか、疲れもあったのではないか。

2020年 朝日杯フューチュリティS (G1)のラップ分析&回顧

21/4/18 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重

着順:8着(2.01.8・1.2差)

騎手:福永祐一(57キロ)

大外16番からポジションを取っていったため、3角まで終始かなり外目を回ることになった。

向正面の3角手前でやっと内にもぐり込んで3角は2番手。

4角も2番手で直線に向いたが、直線は坂の上りで脚が上がった。

大外16番からかなりの距離ロスを考えれば、まあこんなものかもしれないが、ここまでのパフォーマンスを考えると、少し物足りなさはある。

距離が長い可能性も捨てきれないが・・・。

2021年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

 

(※このあと右第3中手骨近位掌側面剥離骨折が判明して長期休養)

 

22/3/27 六甲S(L)

阪神 芝1600m(外)稍重

着順:7着(1.34.4・0.7差)

騎手:中井裕二(56キロ)

約11ヵ月ぶりの実戦。

外枠16番からかなり引っかかった感じで先団3番手に取り付く。

4角も3番手で直線に向くが、直線はバテず伸びずと言った感じで7着まで。

久々の実践で、あれだけ引っかかっていたにも関わらず、0.7差の7着なのだから、まあまあこれから、といった感じレースだろう。

22/4/24 マイラーズC(G2)

阪神 芝1600m(外)稍重

着順:6着(1.34.0・0.7差)

騎手:岩田望来(56キロ)

道中は中団の後ろ、10番手の内で追走するも、かなり引っかかって頭を上下。

4角は9番手の内で直線に向いて、坂下までは先頭を窺うポジションで頑張っていたが、坂の上りで失速。

2戦続けてこんな競馬。

折り合えれば強い馬なのだろうが・・・。

2022年 読売マイラーズカップ(G2)のラップ分析&回顧

22/5/29 安土城S(L・ハンデ)

中京 芝1400m 良

着順:6着(1.20.1・0.7差)

騎手:鮫島克駿(56キロ)

道中は中団の後ろ、9番手の外だが、ここでも激しく引っかかり、頭を上げ下げ。

4角は10番手の外から、そこそこの脚で追い上げてはくるが、0.7差の6着まで。

折り合いを考慮して、距離短縮で挑んだが、結果は同じ。

22/8/28 小倉日経OP

小倉 芝1800m 良

着順:1着(1.45.5・-0.5差)

騎手:幸英明(56キロ)

大外11番から、かかり気味に飛ばして行ってハナに立つ。

その後は、後続を10馬身以上大きく離しての大逃げ。

前半1000mの通過は57.6秒のハイラップ。

3~4角で後続が詰め寄るも、4角も後続を大きく離して直線に向くと、直線は最後の1Fは12.5秒を要したものの、大きな貯金がモノを言っての快勝。

2着馬には3馬身差。

折り合えないなら行ってしまえ戦法。

これがはまった。

あれだけ飛ばしても、ラスト3Fは36.1秒でまとめている。

これは新たな一面を引き出した一戦。

次走も注目。

22/10/9 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:10着(1.46.2・2.1差)

騎手:幸英明(56キロ)

【レース前寸評】

もう一度あの「大逃げ」が見られるのか?

非常に楽しみな一戦。

【結果】

1枠1番からハナへ。

前半1000mの通過が57.9秒で、前走よりは0.3秒遅い。

4角も先頭で直線に向くが、坂の上りで一杯一杯。

かなり引っかかっていたみたいだが、そこは我慢させずに「行かせるだけ行かせ」て結果が出たのが前走ではなかったか?

同じ殿負けなら、まだ行かせるだけ行かせての負けの方が納得がいくと思うが、どうか?

2022年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

次走、チャレンジカップ(G3)に向けて

次走は、12月3日(土)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「チャレンジカップ(G3)」。

二千の距離には一抹の不安はあるが、意外性も秘める一頭。

福永Jに手が戻って、行かせるのか? 控えるのか?

 

⇒その他、チャレンジカップ(G3)の出走馬を分析