ステラヴェローチェのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

ステラヴェローチェのここまでの走り

20/7/5 2歳新馬

阪神 芝1600m 稍重

着順:1着(1.36.4・クビ差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は2番手追走。4角では早くも先頭に立ち、直線ではグルーヴビートの強襲を凌いでゴール。

レースのペースは前半そこそこ流れていたため、上りに35.7秒を要した。

しかし、全体的に時計のかかる馬場だったことを考えれば、良馬場並みの走破時計はそこそこ優秀。

【期待される能力】

  • 道悪適正
  • スタミナ

20/10/10 サウジアラビアRC(G3)

東京 芝1600m 不良

着順:1着(1.39.6・-0.5差)

騎手:横山典弘(55キロ)

道中は後方で脚を溜める。

レース前半は不良馬場ながらかなりのハイラップを刻んでいた。

4角も後方9番手で直線に向くと、直線は馬場の外目から追い上げにかかり、残り200mで先頭に立つと、あとは後続を3馬身突き放してゴール。

不良馬場の前傾ラップで展開も向いた。

20/12/20 朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m 良

着順:2着(1.32.4・0.1差)

騎手:横山典弘(55キロ)

スタートやや出遅れて、道中は後方馬群の前目。

3角で内にもぐり込むと、あとは終始最内を追走。

直線は一瞬外に出しかけるが、進路が開かないとみてすぐさま内へ。

先に抜けだしていたグレナディアガーズを追い詰めるも3/4馬身届かず。

前も止まらない展開で、後方から追い込んだのはこの馬一頭。

良馬場でもしっかり末脚が出せた。

まだまだこれから伸び代は十分ありそう。

2020年 朝日杯フューチュリティS (G1)のラップ分析&回顧

ステラヴェローチェの脚質

終いのキレは相当ありそう。

スタミナも兼備している馬なので、どこからでも競馬はできそう。

ステラヴェローチェの血統背景

父はバゴ(ナスルーラ系レッドゴッド)。

バゴは欧州で走り、芝のG1を5勝。主戦場は芝の1600m~2400m。

母の父はディープインパクト(サンデー系)。

バゴの産駒には2019年の「秋華賞」、2020年の「宝塚記念」を勝ったクロノジェネシスがいる(母の父はクロフネ)。

ステラヴェローチェの次走

次走は2月14日(日)、東京競馬場 芝1800mで行われる「共同通信杯(G3)」。

1F延長はおそらく問題ないだろう。

広い東京の良馬場ならさらに末脚が生きそう。

 

その他、共同通信杯(G3)の出走馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】