モントライゼのキャリアはまだ5戦だけなので、近走のみを振り返る。

モントライゼのここまでの走り

20/6/13 2歳新馬

阪神 芝1200m 稍重

着順:2着(1.10.8・アタマ差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は2~3番手。

直線早めに抜け出して押し切りを計るが、外から来たヨカヨカと追い比べ。

抜かせないヨカヨカにアタマ差先着されて2着。

20/7/12 2歳未勝利

阪神 芝1200m 稍重

着順:1着(1.10.2・-1.7差)

騎手:川田将雅(54キロ)

5枠5番からハナへ。

直線入口で既に後続との差は3~4馬身。

その後も後続との差を大きく広げて圧勝。

ただ、時計的にはさほどでもなく、他のレベルが低かっただけだと思うが。

【期待される能力】

  • 先行力

20/9/6 小倉2歳S(G3)

小倉 芝1200m 重

着順:2着(1.09.8・0.2差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は2番手。

4角2番手で直線に向き、直線入口では早くも先頭。

しかしゴール前、外から追い込んで来たメイケイエールに差されて2着。

勝ち馬とは「馬場適正の差」とは鞍上のコメント。

20/11/7 京王杯2歳S(G2)

東京 芝1400m 良

着順:1着(1.21.8・クビ差)

騎手:ルメール(55キロ)

抜群の先行力で道中は2番手。

レース展開は前半かなりのハイラップ。

直線入口でほぼ馬なりで先頭に立つと、坂を上り切ってさらに抜け出しを計る。

ゴール前、ロードマックスの強襲をクビ差凌いでゴール。

前半のハイラップで、先行勢総崩れの中、見事な押し切り。

【期待される能力】

  • スピード持続力
  • スタミナ

20/12/20 朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:10着(1.33.1・0.8差)

騎手:ルメール(55キロ)

7枠14番の外枠からハナを切って行ったが、勢いがつきすぎたのか、かなりのハイラップで大逃げのかたち。

4角も先頭で直線に向き、直線でも坂の途中まではしっかりと粘りを見せていた。

しかし坂の途中で一杯になり失速。

ただ勝ち馬との着差は0.8差と、大きく負けているわけではない。

坂の上りでの失速の原因を、ペースと見るか、距離と見るか?

2020年 朝日杯フューチュリティS (G1)のラップ分析&回顧


モントライゼの脚質

先行押し切りが好走パターン。

締まった流れでもバテないスタミナ、スピード持続力は父のダイワメジャー譲りか。


モントライゼの血統背景

父はダイワメジャー(サンデー系)。

母の父はネイエフ(ミスプロ系)。

ネイエフは欧州、ドバイで走り、芝のG1を4勝。主戦場は芝の2000m、2400m。

モントライゼの次走

次走は3月20日(土)、中京競馬場 芝1400mで行われる「ファルコンS(G3)」。

1400mのここならあらためて期待できる。

 

その他、ファルコンS(G3)の注目馬を分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)