2021年1月9日【ニューイヤーS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、インターミッションの好走パターンを分析。

インターミッションの距離適性

インターミッションはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-0-1-3)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは千六。

インターミッションの脚質

中団あたりで脚を溜めて、直線で差し切る競馬。

キレッキレの末脚と言うよりも、小回り向きの末脚。

インターミッションのコース適正

インターミッションの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(3-0-1-2)
  • 阪神(0-0-0-1)

中山は強い。

インターミッションの持ち時計(ベストタイム)

インターミッションの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.3 1着(中山)
  • 芝2400m:2.26.3 14着(東京)

インターミッションの重馬場適正

インターミッションの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-0)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場の「桜花賞」では大敗。

道悪は割引だろう。

インターミッションの鉄砲実績(休み明け)

インターミッションの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

インターミッションの枠順適正

インターミッションの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-1)
  • 5~9番(3-0-0-2)
  • 10~14番(0-0-1-1)
  • 15~18番(未)

インターミッションの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-2)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

インターミッションの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-2)
  • 54キロ(2-0-1-0)
  • 55キロ(0-0-0-2)

410キロそこそこの小型馬だけに、軽い斤量のレースを狙って出走している感じ。

インターミッションの好走体重

3着以内の体重は;

  • 400~416キロ

インターミッションの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母は2013年の「ターコイズS」の勝ち馬レイカーラ

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

近親にダノンシャーク(2014年「マイルCS」)。

母方はマイルは走るが、1800m以上になると勝利は条件戦まで。

インターミッションの次走

次走は3月13日(土)、中山競馬場 芝1800mで行われる「中山牝馬S(G3・ハンデ)」。

ハンデは53キロ。

初距離。

このハンデなら、1600mまでならOPでもそこそこ通用しそうだが、1800mは未知数。

 

その他、中山牝馬S(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)