2021年5月1日【青葉賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、レインフロムヘヴンの好走パターンを分析。

レインフロムヘヴンの距離適性

レインフロムヘヴンはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-2)
  • 芝2000m(2-1-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

中距離あたりまでは大丈夫そうだが・・・。

レインフロムヘヴンの脚質

逃げて持ち味を発揮するが、決してスタートは速くない。

テンが速かったり、外枠に入った場合はハナは切れない。

控えても競馬はできるが、終いの脚は切れると言うほどでもない。

ハナを切れれば、そこそこのスピード持続力と勝負根性がある馬。

レインフロムヘヴンのコース適正

レインフロムヘヴンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(2-1-0-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

中山の敗戦は重馬場が敗因でもある。

右回りに関してはまだ未知数。

レインフロムヘヴンの持ち時計(ベストタイム)

レインフロムヘヴンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.48.7 8着(東京)
  • 芝2000m:2.00.3 1着(東京)
  • 芝2400m:2.25.5 6着(東京)

速い時計には向かない。

レインフロムヘヴンの重馬場適正

レインフロムヘヴンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場の「スプリングS」のレース後の談話を聞く限り、道悪は合わないのだろう。


レインフロムヘヴンの鉄砲実績(休み明け)

レインフロムヘヴンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

レインフロムヘヴンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(0-1-0-2)
  • 中6~8週(未)

レインフロムヘヴンの枠順適正

レインフロムヘヴンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(0-1-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

レインフロムヘヴンの斤量別着度数

  • 55キロ(1-1-0-1)
  • 56キロ(1-0-0-2)

レインフロムヘヴンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-1)

レインフロムヘヴンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~460キロ

レインフロムヘヴンの血統背景

父は2015年の「皐月賞」「ダービー」を制したドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はルーソリテール(ロベルト系)。

ルーソリテールは欧州で走り、芝のマイルG1を1勝。

レインフロムヘヴンの近走

20/11/8 百日草特別(2歳・1勝C)

東京 芝2000m 良

着順:2着(2.02.5・0.2差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

出遅れて離れた最後方からになるが、向正面ではじんわりと順位を上げて、残り800mからは一気に先団に取りつく。

3角では4番手、4角では3番手の外で直線。

直線も馬群の外目から追い出しにかかり、残り200mを過ぎて内からエフフォーリアにスッと交わされるが、離されずに食らいついて2着を死守。

レースのペース自体は緩かったが、出遅れたこの馬はそこそこ長く良い脚を使っていた感じ。

20/11/23 東スポ杯2歳S(G3)

東京 芝1800m 良

着順:8着(1.48.7・1.2差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

スタート5分も、向正面で掛かり気味にハナを奪って、そのまま後続を4~5馬身離して逃げる。

4角も先頭で直線に向くが、直線では坂の上りで一杯。

気性面に課題を残した。

21/2/20 フリージア賞(3歳・1勝C)

東京 芝2000m 良

着順:1着(2.00.3・-0.1差)

騎手:石橋脩(56キロ)

3枠3番からスタートを決めてハナへ。

道中そこそこのラップを刻んで4角も先頭のまま直線。

直線では坂を上って、内からイルーシヴパンサーに詰め寄られ、交わされそうになるが、最後まで抜かせずにゴール。

やはりこの馬、そこそこの持続力はありそう。

最後の抜かせない勝負根性も大したもの。

21/3/21 スプリングS(G2)

中山 芝1800m 重

着順:13着(1.53.8・1.8差)

騎手:石橋脩(56キロ)

スタートで躓いて位置取りが最後方になってしまう。

道中無理はせずに終いに賭けるが、4角14番手で直線に向いても見せ場はなかった。

スタートがすべて。

緩い馬場も良くないのだろう。

2021年 スプリングS(G2)のラップ分析&回顧

21/5/1 青葉賞(G2)

東京 芝2400m 良

着順:6着(0.3差)

騎手:石橋脩(56キロ)

外枠16番から、道中は後方15番手で脚を溜める。

4角も15番手で直線に向くと、直線は馬群の大外から追い上げを計る。

メンバー2位の33.8秒の脚で追い込んでは来るが、0.3差の6着まで。

位置取りが後ろすぎたし、終いの脚にも限界がありそう。

2021年 青葉賞(G2)のラップ分析&回顧

次走、セントライト記念(G2)に向けて

次走は9月20日(月)、中山競馬場 芝2200mで行われる「セントライト記念(G2)」。

控える競馬では厳しいと思うが、前へ行ける保証もない。

ここはちょっと厳しそう。

 

⇒その他、2021・セントライト記念(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)