2021年2月20日【つばき賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ヴィゴーレの好走パターンを分析。

ヴィゴーレの距離適性

ヴィゴーレはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(2-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-1-2)

現状では中距離。

ヴィゴーレの脚質

出遅れの多い馬なので、位置取りが後ろからになりやすいが、キレる脚は持っている。

前走(つばき賞)で馬が一変した感じ。

ヴィゴーレのコース適正

ヴィゴーレの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-1-2)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-1)
  • 小倉(未)

2歳時は走り自体がイマイチだったので、現状ではあまり参考にならない。

ヴィゴーレの持ち時計(ベストタイム)

ヴィゴーレの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.37.0 7着(阪神)
  • 芝1800m:1.46.2 1着(阪神)
  • 芝2000m:2.01.8 4着(中山)

1800mの時計は3歳1勝クラス、2月の「つばき賞」。

この時期の時計としてはまずまず。

ヴィゴーレの重馬場適正

ヴィゴーレの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

未勝利戦を札幌で勝利しており、パワーはありそう。


ヴィゴーレの鉄砲実績(休み明け)

ヴィゴーレの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(未)

叩いてからは;

  • 2戦目(未)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

長期休養はまだない。

ヴィゴーレの枠順適正

ヴィゴーレの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-1-2)
  • 5~9番(0-0-0-1)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(未)

ヴィゴーレの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-1)
  • 3~5月(春):(未)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-2)

ヴィゴーレの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-0-0-1)
  • 55キロ(0-0-1-2)
  • 56キロ(1-0-0-0)

ヴィゴーレの好走体重

3着以内の体重は;

  • 452~468キロ


ヴィゴーレの血統背景

父はキズナ(サンデー系ディープインパクト)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

ヴィゴーレの前走

21/2/20 つばき賞(3歳1勝C)

阪神 芝1800m 良

着順:1着(1.46.2・-0.1差)

騎手:田辺裕信(56キロ)

スタートひと息で道中は最後方から。

4角も最高方の内で直線に向き、直線は馬群の内目をスルスルと追い上げて、坂の上りで先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

自身の上りはメンバー最速の33.4秒。

道中はこのクラスとしてはそこそこ流れていた。

レースの上りも34.5秒。

この展開を最後方から差し切った末脚は評価できる。

馬体重も12キロ増えて、年を越して馬が一変した印象。

【期待される能力】

  • 瞬発力

ヴィゴーレの次走

次走は3月21日(日)、中山競馬場 芝1800mで行われる「皐月賞トライアル」の「スプリングS(G2)」。

前走くらいの走りができれば善戦しそう。

ただ、スタートは五分に出たい。

 

その他、スプリングS(G2)の注目馬を分析