2021年2月27日【松籟S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、タイセイモナークの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

タイセイモナークの距離適性

タイセイモナークはこれまでに芝1800m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-4)
  • 芝2000m(1-0-0-3)
  • 芝2200m(1-0-0-6)
  • 芝2400m(1-1-0-4)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-1-0-0)
  • 芝3200m(0-1-0-0)

瞬発力の勝負になるとからっきしダメなので、距離は長目の方が戦いやすい。

長いのはいくら長くても良いみたいで、キレ味勝負にならない展開ならそこそこやれる。

タイセイモナークの脚質

基本的には先行脚質。

長距離、消耗戦などタフな展開での、前々での粘り込みが真骨頂。

スローペースには向かない。

ただし、道悪は走らない。

タイセイモナークのコース適正

タイセイモナークの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-3)
  • 中京(2-0-0-2)
  • 京都(0-2-0-3)
  • 阪神(1-1-0-6)
  • 小倉(0-0-0-3)

関東遠征でのマイナス体重が目立つ。

長距離輸送は割引か?

タイセイモナークの持ち時計(ベストタイム)

タイセイモナークの芝2200~3200m持ち時計は次の通り;

  • 芝2200m:2.11.9 1着(中京)
  • 芝2400m:2.25.3 4着(阪神)
  • 芝2500m:2.35.0 7着(中山)
  • 芝3000m:3.09.3 2着(京都)
  • 芝3200m:3.15.4 2着(阪神)

タイセイモナークの重馬場適正

タイセイモナークの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-3)
  • 重(0-0-0-3)
  • 不良(未)

道悪は走らない。

タイセイモナークの鉄砲実績(休み明け)

タイセイモナークの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(0-2-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(0-1-0-3)

明らかな叩き良化型。

間隔は、中2週以内で(1-2-0-7)。

詰めて使っても走るときは走る。

タイセイモナークの枠順適正

タイセイモナークの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-6)
  • 5~9番(0-1-0-7)
  • 10~14番(2-0-0-5)
  • 15~18番(未)

タイセイモナークの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-0-5)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-5)
  • 9~11月(秋):(0-1-0-6)

タイセイモナークの斤量別着度数

  • 51キロ(0-1-0-0)
  • 52キロ(0-0-0-2)
  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(0-2-0-8)
  • 55キロ(2-0-0-2)
  • 56キロ(1-0-0-2)
  • 57キロ(0-0-0-2)


タイセイモナークの好走体重

3着以内の体重は;

  • 470~496キロ

タイセイモナークの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はゼンノロブロイ(サンデー系)。

近親にはリンカーン(日経賞、京都大賞典、阪神大賞典)、アンライバルド(皐月賞、スプリングS)、フサイチコンコルド(ダービー)、ヴィクトリー(皐月賞)、アリストテレス(菊花賞2着、アメリカJCC)など。

タイセイモナークの次走

次走は3月21日(日)、阪神競馬場 芝3000m(内)で行われる「阪神大賞典(G2)」。

タフな流れになるとしぶとく、3000m以上は(0-2-0-0)。血統的にも一発があっておかしくはないが、何しろ格上挑戦。それに斤量も前走から2キロ増。

評価して、△の末席くらいか。

 

その他、阪神大賞典(G2)の出走馬を分析