2021年3月21日【阪神大賞典】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ゴーストの好走パターンを分析。

ゴーストの距離適性

ゴーストはこれまでに芝1600m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-1)
  • 芝2200m(0-0-1-1)
  • 芝2400m(1-1-0-1)
  • 芝2600m(2-1-0-2)
  • 芝3000m(0-0-0-2)

明らかに長距離寄りのタイプ。

3000mの「万葉S」も0.6差の5着に入っておりまずまず。

オープンでは2600m以上で力が出せそう。

ゴーストの脚質

SP持続力、スタミナを生かした競馬が持ち味。

前々につけて押し切る競馬が良い。

ゴーストのコース適正

ゴーストの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-1-0-0)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-1-2)
  • 京都(0-1-0-2)
  • 阪神(2-0-0-2)
  • 小倉(1-0-0-1)

ゴーストの持ち時計(ベストタイム)

ゴーストの2400m以上の距離での持ち時計は次の通り;

  • 芝2400m:2.25.9 1着(阪神)
  • 芝2600m:2.38.9 1着(阪神)
  • 芝3000m:3.04.5 5着(中京)

ゴーストの重馬場適正

ゴーストの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-3)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

大トビの馬。理想は良馬場、道悪はしんどいかも。


ゴーストの鉄砲実績(休み明け)

ゴーストの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-1-1)
  • 3戦目(1-0-0-2)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

ゴーストの枠順適正

ゴーストの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-1-2)
  • 5~9番(1-1-0-3)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

前につけて持ち味を発揮する馬だけに、枠順も内目が理想だろう。

ゴーストの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-3)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(2-1-1-3)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-0)

ゴーストの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-1)
  • 55キロ(2-1-0-2)
  • 56キロ(1-0-1-4)
  • 57キロ(0-1-0-1)

ゴーストの好走体重

3着以内の体重は;

  • 490~502キロ

ゴーストの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母のガヴィオラは米国で走り、芝の1800mでG1勝ちがある。

母の父はコジーン(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

コジーンは米国で走り、芝のマイルG1を1勝。日本ではローブデコルテ(オークス)、アドマイヤコジーン(安田記念、朝日杯3歳S)の父。

ゴーストの近走

2021/1/5 万葉S(ハンデ)

中京 芝3000m 良

着順:5着(3.04.5・0.6差)

騎手:鮫島克駿(54キロ)

道中は中団の後ろあたり。

2周目の3~4角で順位を詰めて、4角は9番手の外で直線。

直線は馬群の外目を追い上げて、上がりメンバー2位の35.6秒の脚で5着入線。

いつもより位置取りが後ろになった分、持ち味の粘りが生かせなかった感じ。

それでも昇級初戦で上がりも良い脚を使っている。

今後に期待が持てる一鞍。

21/3/21 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)重

着順:競争中止

騎手:鮫島克駿(56キロ)

競走中に疾病(心房細動)を発症したため最後の直線コースで競走中止。

ゴーストの次走

次走は5月2日(日)、阪神競馬場 芝3200m(外⇒内)で行われる「天皇賞(春)(G1)」。

まだこのクラスを戦う力はないだろう。

 

その他、天皇賞(春)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)