エルカスティージョのキャリアはまだ1戦だけなので、前走のみを振り返る。

エルカスティージョの前走

20/12/20 2歳新馬

阪神 芝1400(内)良

着順:1着(1.22.2・-0.4差)

騎手:福永祐一(54キロ)

3枠5番から好発を決めて、道中は3番手の内。

4角も3番手の内で先頭を十分に射程圏に置く。

直線は坂の上りで一気に抜け出すと、ゴール前は後続を2馬身半突き放して余裕のゴール。

好位抜け出しの圧勝。

時計は平凡だが、まだまだ余力がありそう。


エルカスティージョの脚質

「新馬戦」は好位差しがしっかりと決まった。



エルカスティージョの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はジャングルポケット(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

近親にアヴェンチュラ(秋華賞)、トールポピー(阪神JF、オークス)、フサイチホウオー(皐月賞3着)。

エルカスティージョの次走

次走は3月14日(日)、阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「フィリーズレビュー(G2)」。

1戦1勝馬だが、血統的には触手が伸びる1頭。

このレース「新馬戦」からは過去10年で(0-0-0-5)だが、「新馬戦」は同じ舞台で快勝しているだけに、軽視はできない。

 

その他、フィリーズレビュー(G2)の注目馬を分析