ピューロマジックの脚質

逃げ馬。

スピードとその持続力は結構ありそう。

芝1200mでは、すべてのレースで逃げて、まだ底を見せていない。


ピューロマジックの血統背景

父はアジアエクスプレス(ND系ストームキャット/朝日杯FS)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。


ピューロマジックの近走

24/4/7 葵S(G3)

京都 芝1200m 良

着順:1着(1.07.1・-0.2差)

騎手:横山和生(55キロ)

外枠17番から、スタート直後に躓いたが、二の脚が速く、一気に先手を奪った。

4角も先頭で直線に向き、直線では残り250mあたりから追い出しにかかると、反応良く加速して行き、追いすがるペアポルックスに1馬身1/4の着差をつけてゴールイン。

外枠からなかなかのスピードとその持続力。

次走も期待できそう。

2024年 葵ステークス(G3)のラップ分析&回顧

 

24/6/30 北九州記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 稍重

着順:1着(1.07.9・-0.1差)

騎手:松山弘平(53キロ)

6枠12番からの逃げ。

前半600mの通過が32.3秒で、稍重の馬場を考えればラップは速い。

4角も後続に2馬身ほどの差をつけて直線に向き、直線も逃げ脚は衰えず、ヨシノイースターの追撃を半馬身差しのいでゴール。

タフな馬場、タフな展開で、53キロの軽ハンデが効いたことは確かだろうが、その逃げる脚の安定感は評価できる。

2024年 北九州記念(G3)のラップ分析&回顧