2020年7月19日【山城S】終了時点までのデータをもとに、プリディカメントの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

プリディカメントの距離適性

プリディカメントは芝の競争は、これまでに芝1200m~1400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(3-2-0-1)
  • 芝1400m(0-0-0-2)

ダートでは1700m~1800mを使っていたが、芝では短い距離の方がいいのだろう。

ベストは1200m、1400mは長そう。

プリディカメントの脚質

後方、または中団で脚をためて直線で弾ける瞬発型。

脚をためれば終いは確実。

極端にペースが緩めば不発もあが、平均ペース以上では不発に終わることは、1200mでは、今のところない。

プリディカメントのコース適正

プリディカメントの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 福島(0-1-0-0)
  • 中京(0-1-0-0)
  • 京都(2-0-0-2)

現状では、コースによる向き不向きはない様子。

プリディカメントの持ち時計(ベストタイム)

プリディカメントの芝1200mでの持ち時計は;

  • 芝1200m:1.08.6 2着(0.4差・中京)

時計が速くなると、後ろからでは苦しいか。

プリディカメントの重馬場適正

プリディカメントの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)

脚質的に、緩い馬場では差しが決まらない。

プリディカメントの鉄砲実績(休み明け)

プリディカメントの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は(ダート含む);

  • 10週以上(1-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-2-0-0)

叩いてからの方がいい。

プリディカメントの枠順適正

プリディカメントの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-0-1)
  • 5~9番(0-0-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(未)

追い込み馬だが、枠順は内の方が良いというデータ。

プリディカメントの季節別着度数

※ダート含む

  • 12~2月(冬):(2-1-0-2)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-2)
  • 9~11月(秋):(2-1-0-0)

気候は特に関係なさそう。

プリディカメントの斤量別着度数

  • ~52キロ(0-1-0-1)
  • 52.5~54キロ(0-1-0-1)
  • 54.5~56キロ(3-0-0-1)
  • 57キロ~(未)

プリディカメントの適正体重

  • 504~518キロ(ダート含む)

プリディカメントの血統背景

父はハードスパン(ND系ダンチヒ)、母の父はカドゥージェネルー(ハイペリオン系)。

父は米国で走り、ダートの短距離G1(1400m)で勝利したほか、ダートのマイル、中距離路線で活躍した。

母の父は欧州で走り、芝の短距離G1で2勝(1200mと1000m)している。

プリディカメントの次走

次走は8月23日、小倉競馬場 芝1200mで行われる「北九州記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは52キロ。

芝1200mの良馬場では(2-2-0-0)と底を見せていない。

ハンデがハンデだけに警戒は必要。

 

その他、北九州記念の出走馬を分析