2021年1月30日【白富士S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ポタジェの好走パターンを分析。

ポタジェの距離適性

ポタジェはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(4-3-0-0)

現状では2000m専用。

母方の血が中距離までなので、伸びて2200mくらいは大丈夫そう。

それ以上の距離がまったくダメかどうかは、走ってみないと分からない。

ポタジェの脚質

前目につけての好位差し切り、中団あたりに控えて終いを伸ばす競馬。

どちらも強そうだが、「一瞬のキレ」より「スピードの持続力」で勝負するタイプのように見える。

ポタジェのコース適正

ポタジェの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-1-0-0)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 中京(未)
  • 京都(0-1-0-0)
  • 阪神(2-1-0-0)
  • 小倉(1-0-0-0)

現状ではコースによる巧拙は認められないが、どちらかと言えば中山、阪神寄りか?

ポタジェの持ち時計(ベストタイム)

ポタジェの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.50.1 1着(中山)
  • 芝2000m:1.57.8 1着(小倉)

1800mは「新馬戦」の時計なので、伸びる余地は十分にある。

時計勝負、高速決着は苦にしないだろう。

ポタジェの重馬場適正

ポタジェの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

ポタジェの鉄砲実績(休み明け)

ポタジェの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

ポタジェの枠順適正

ポタジェの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-0)
  • 5~9番(3-2-0-0)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

一番外の枠で10番ゲートから。

極端な外枠の経験はまだない。

ポタジェの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-1-0-0)

7~8月の暑い時期にも2勝を挙げている。

ポタジェの斤量別着度数

  • 54キロ(3-1-0-0)
  • 55キロ(2-1-0-0)
  • 56キロ(0-1-0-0)

ポタジェの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~464キロ


ポタジェの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母のジンジャーパンチは米国で走り、ダートG1を6勝。主戦場はダート7~10F(約1400~2000m)。

母の父はオーサムアゲイン(ND系ヴァイスリージェント)。

オーサムアゲインは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの8~10F(約1600~2000m)。

半姉には中央競馬の芝の重賞を4勝したルージュバックがいる(父はマンハッタンカフェ)。この馬の主戦場は芝の1800~2200m。

ポタジェも、現状では使う距離を2000mに限定しているが、これは母方の血を考慮してのことかも。

ポタジェの評価

1勝クラスからオープンのリステッド競争まで4連勝中で、現状ではまだ底を見せていない。

スピードの持続力を生かした競馬でここまで勝ち上がっている印象。

終いの脚もあるにはあるが、「一瞬のキレ」と言うより「ジワジワと伸びる」感じ。

この先、速い上りの瞬発戦にどれだけ対応してこれるか?

ポタジェの次走

次走は3月14日(日)、中京競馬場 芝2000mで行われる「金鯱賞(G2)」。

スローのキレ味勝負になりやすいこのレース、一気の相手強化にどこまで対応してこれるか?

 

その他、金鯱賞(G2)の出走馬を分析