2022年3月13日【金鯱賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ポタジェの好走パターンを分析。

ポタジェの距離適性

ポタジェはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-1-0)
  • 芝2000m(4-4-1-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

現状では2000mがベスト。

2200mも敗れはしたがまだ見限れない。

ポタジェの脚質

前目につけての好位差し切り、中団あたりに控えて終いを伸ばす競馬。

どちらも強そうだが、「一瞬のキレ」より「スピードの持続力」で勝負するタイプのように見える。

ポタジェのコース適正

ポタジェの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(1-1-1-1)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 中京(0-0-1-1)
  • 京都(0-1-0-0)
  • 阪神(2-1-0-0)
  • 小倉(1-0-0-0)

左右回りでは;

  • 右回り(4-2-0-1)
  • 左回り(1-2-2-2)

ポタジェの持ち時計(ベストタイム)

ポタジェの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.0 3着(東京)
  • 芝2000m:1.57.8 1着(小倉)
  • 芝2200m:2.13.1 5着(中山)

時計勝負、高速決着でもそこそこ戦えそう。

ポタジェの重馬場適正

ポタジェの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(1-0-1-0)
  • 不良(未)

割引は必要なし。

ポタジェの鉄砲実績(休み明け)

ポタジェの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-1-2)
  • 3戦目(1-1-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

ポタジェのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(2-2-1-0)
  • 中6~8週(0-1-0-1)

ポタジェの枠順適正

ポタジェの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-1)
  • 5~9番(3-2-1-2)
  • 10~14番(1-1-1-0)
  • 15~18番(未)

一番外の枠で10番ゲート。

極端な外枠の経験はまだない。

ポタジェの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-2-1-1)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-1-1-1)

7~8月の暑い時期にも2勝を挙げている。

ポタジェの斤量別着度数

  • 54キロ(3-1-0-0)
  • 55キロ(2-1-0-0)
  • 56キロ(0-2-2-2)
  • 58キロ(0-0-0-1)

ポタジェの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~472キロ

ポタジェの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母のジンジャーパンチは米国で走り、ダートG1を6勝。主戦場はダート7~10F(約1400~2000m)。

母の父はオーサムアゲイン(ND系ヴァイスリージェント)。

オーサムアゲインは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの8~10F(約1600~2000m)。

半姉には中央競馬の芝の重賞を4勝したルージュバックがいる(父はマンハッタンカフェ)。この馬の主戦場は芝の1800~2200m。

ポタジェの評価

スピードの持続力を生かした競馬でここまで勝ち上がっている印象。

終いの脚もあるにはあるが、「一瞬のキレ」と言うより「ジワジワと伸びる」感じ。

この先、速い上りの瞬発戦にどれだけ対応してこられるか?

ポタジェの前走

21/3/14 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 重

着順:3着(2.01.9・0.1差)

騎手:北村友一(56キロ)

道中3番手追走から、4角も3番手の外で直線。

直線は馬群の外目からジワジワと追ってくるが、先頭との差はあまり詰まらず。

ゴール前、グローリーヴェイズは交わしたものの、外からきたデアリングタクトに差されて3着。

重賞初挑戦としてはタフな流れでよく踏ん張った。

瞬発戦より持久戦になったことも、この馬には良かった。

2021年 金鯱賞(G2)のラップ分析&回顧

21/5/9 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m 良

着順:2着(1.59.3・クビ差)

騎手:西村淳也(56キロ)

道中は中団7番手。

4角も7番手で直線に向き、馬群の真ん中から差し脚を伸ばすがクビ差の2着。

ゴール前、サンレイポケットに一度交わされたが、再度食らいつく勝負根性と底力は大したもの。

相手とは斤量1キロ差。

力のあるところはしっかりと示した。

2021年 新潟大賞典(G3)のラップ分析&回顧

21/10/10 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:3着(1.45.0・0.2差)

騎手:吉田隼人(56キロ)

道中は先団4番手。

4角も4番手で直線に向き、直線はダノンキングリーに交わされてからも必死に食らいついて、前で粘るダイワキャグニーを交わしたところがゴール。

SP持続力のあるところはしっかり示したが、まだ上位2頭とは力の差がある。

2021年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

21/10/31 天皇賞(秋)(G1)

東京 芝2000m 良

着順:6着(1.58.7・0.8差)

騎手:川田将雅(58キロ)

2枠4番から道中は3番手の内。

4角も3番手の内で直線に向き、直線は馬群の中ほどから追い出しにかかり、坂の上りまでは先団に食らいついていたが、残り200mを切ってからは前の馬とは脚色が違った。

レースはハイレベルな瞬発戦。

切れ味勝負ではこうなるのも仕方はない。

2021年 天皇賞(秋)(G1)のラップ分析&回顧

22/1/23 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 良

着順:5着(2.13.1・0.4差)

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は中団7番手あたりを追走。

4角は勝ったキングオブコージと同じような位置取りの8番手だが、こちらは内目。

直線は馬群の中ほどから追い上げに入るが、伸び脚がイマイチといった感じで5着まで。

追い切りでは3歳の1勝馬に後れを取っていたが、今回は休み明けで本調子ではなかったと見るか? 初めての2200mの距離が微妙とみるか?

2022年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧

22/3/13 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良

着順:4着(1.58.0・0.8差)

騎手:吉田隼人(56キロ)

道中は後方から2~3番手あたりを追走。

4角も12番手で直線に向くと、直線は馬群の大外から追い上げに入り、直線もジワジワと伸びてはきているが、0.8差の4着まで。

いつもとは違う後方からの競馬で上りメンバー最速も、0.8差ならあまり評価できない。

2022年 金鯱賞(G2)のラップ分析&回顧

次走、大阪杯(G1)に向けて

次走は4月3日(日)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「大阪杯(G1)」。

右回りの2000mで、阪神コースとなればベストの条件のはず。

前々の競馬で力を出し切れれば、上位食い込みもある。

 

⇒その他、大阪杯(G1)の出走馬を分析