2021年3月13日【中山牝馬S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ドナアトラエンテの好走パターンを分析。

ドナアトラエンテの距離適性

ドナアトラエンテはこれまでに芝1800mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(4-4-1-1)

ジェンティルドンナの全妹だけに、走ってくれば1800mにとどまることはないと思うが・・・。

ドナアトラエンテの脚質

前につけてのスピード持続力、後方に控えての瞬発力、どちらにも長けている上に強力。

ただ、スタートが上手くないので、毎回良いポジションが取れるとは限らない。そうなると後ろからの競馬になる。

あとは、抜け出すと集中力を切らせるなど、気性面には若干の不安がありそう。

ドナアトラエンテのコース適正

ドナアトラエンテの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-1-0-0)
  • 東京(2-2-1-0)
  • 中山(1-1-0-1)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

左回りが良いと言うより、直線の長いコースが良い。

というのは、トップスピードに至るまでにやや時間を要するため。

ドナアトラエンテの持ち時計(ベストタイム)

ドナアトラエンテの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.44.8 1着(-0.4差・東京)

時計は2勝クラスでのもの。レコードにあと0.6秒。

後続に2馬身半つけての圧勝。

抜け出してからも、気を抜かないようにルメール騎手が2、3発ムチを入れていた。

本気で走ればまだまだ時計は詰まりそう。

ドナアトラエンテの重馬場適正

ドナアトラエンテの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

道悪は苦にしないが、不良まで悪くなると厳しそう。


ドナアトラエンテの鉄砲実績(休み明け)

ドナアトラエンテの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-3-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-1)

体質的な問題があるのか、毎回休養を挟みながらのレースとなる。

ドナアトラエンテの枠順適正

ドナアトラエンテの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-0)
  • 5~9番(1-2-1-1)
  • 10~14番(1-1-0-0)
  • 15~18番(未)

ドナアトラエンテの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-2-1-0)

ドナアトラエンテの斤量別着度数

  • 52キロ(0-1-0-0)
  • 53キロ(0-0-1-1)
  • 54キロ(2-2-0-0)
  • 55キロ(2-1-0-0)

ドナアトラエンテの好走体重

3着以内の体重は;

  • 418~468キロ


ドナアトラエンテの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母はドナブリーニ

ドナブリーニは欧州で走り、芝のマイルG1を1勝。7冠牝馬ジェンティルドンナの母

母の父はバートリー(ND系ダンチヒ)。

バートリーは欧州などで走り、芝の短距離で活躍。G1勝ちはない。

近親に2019年のダービー馬、ロジャーバローズ

ドナアトラエンテの前走

21/3/13 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 不良

着順:9着(1.55.7・0.9差)

騎手:戸崎圭太(53キロ)

しっかり先手を取って4角3番手で直線に向くが、坂の上りで力尽きた感じ。

前走は同コースの重馬場を勝ってはいるが、今回は同じ道悪でも程度が違った。

重賞初挑戦がこの馬場と言うのも不運ではあった。

2021年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

ドナアトラエンテの次走

次走は4月24日(土)、新潟競馬場 芝1800mで行われる「福島牝馬S(G3)」。

ここは新潟で仕切り直し。

今回のメンバーなら普通に走れば勝ち負けだと思うが。

 

その他、福島牝馬S(G3)の出走馬を分析