2022年3月12日【中山牝馬S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ロザムールの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ロザムールの距離適性

ロザムールはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-0-4-3)
  • 芝1800m(1-2-0-3)
  • 芝2000m(0-1-0-3)
  • 芝2200m(0-0-0-2)

1600mがベスト。1800~2000mは守備範囲だがやや長い。

ロザムールの脚質

逃げ、先行脚質。

1600mなら前につけてそこそこしぶといが、1800m以上になるとスローの前残りが好走パターンのような感じ。

これに道悪が加われば、さらに強さが1ランクアップする。

ただ、キレる脚はないので、直線の長い競馬場になると、最後は切れ負けする危険あり。

ロザムールのコース適正

ロザムールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(0-1-0-0)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-1-3-2)
  • 中山(2-1-1-6)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

美浦の上原厩舎。

関西への遠征競馬が極端に少ない。

阪神競馬場の「エリザベス女王杯」で-8キロの17着。中京競馬場の「未勝利戦」で-14キロの9着。

輸送競馬に難がありそう。

ロザムールの持ち時計(ベストタイム)

ロザムールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.2 3着(東京)
  • 芝1800m:1.48.0 13着(函館)
  • 芝2000m:2.01.4 4着(中山)
  • 芝2200m:2.12.9 10着(中山)

時計の速い結着は向いてそうにない。

ロザムールの重馬場適正

ロザムールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-1-0)
  • 重(0-0-1-0)
  • 不良(0-2-0-0)

ここまではすべて馬券圏内。道悪は走る。


ロザムールの鉄砲実績(休み明け)

ロザムールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-2-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-1)
  • 3戦目(1-0-0-2)
  • 4戦目(0-1-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

間隔は、中3週~5週が(4-0-1-2)と一番力が出せそう。

ロザムールの枠順適正

ロザムールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-1-2)
  • 5~9番(2-1-1-4)
  • 10~14番(1-1-2-3)
  • 15~18番(1-0-0-2)

先行脚質だけに、内側が欲しい。

ロザムールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-3)
  • 3~5月(春):(2-1-1-4)
  • 6~8月(夏):(1-2-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-2-3)

ロザムールの斤量別着度数

  • 52キロ(1-1-0-2)
  • 53キロ(0-1-1-1)
  • 54キロ(1-0-1-7)
  • 55キロ(2-1-2-0)
  • 56キロ(0-0-0-1)

ロザムールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~500キロ

ロザムールの血統背景

父は2009年の「朝日杯FS」、2010年の「ジャパンカップ」を勝ったローズキングダム(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はカーリアン(ND系ニジンスキー)。

カーリアンは欧州で走り、芝G1を2勝。主要距離は芝の2000~2400m。

ロザムールの近走

21/3/13 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 不良

着順:2着(1.54.8・ハナ)

騎手:北村宏司(52キロ)

6枠11番からハナを切り、ゴール前、あと一歩のところまで粘り込んだがハナ差交わされた。

やはりハナに立てば強い馬。

この馬もランブリングアレー同様、先頭であまり泥をかぶらなかったことが奏功した可能性が高い。

ゴール前、フェアリーポルカの強襲に遭っても抜かせない勝負根性は見上げたもの。

過酷な消耗戦で52キロのハンデも効いた。

2021年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

21/4/24 福島牝馬S(G3)

新潟 芝1800m 良

着順:13着(1.48.0・1.1差)

騎手:北村宏司(54キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、残り400mあたりまでは先団で踏ん張るが、そこからズルズルと後退。

輸送競馬、-6キロも微妙に堪えているのかも。

2021年 福島牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

21/7/11 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 稍重

着順:2着(2.02.2・クビ差)

騎手:M・デムーロ(53キロ)

1枠2番からハナを切り、トーラスジェミニにも競りかけられずにマイペースの逃げが打てた。

2000mは長いと思ったが、この馬も道悪は問題なく、このペースでハナを切れたことが2着入線の大きな要因だろう。

53キロのハンデももちろん効いた。

2021年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

21/9/26 オールカマー(G2)

中山 芝2200m 良

着順:10着(2.12.9・1.0差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

外枠15番からハナへ。

3~4角でグローリーヴェイズの進出でペースが上るが、4角も先頭で直線に向く。

直線は入口でレイパパレに交わされると一杯加減。

坂の途中で後続に呑み込まれた。

初めての距離だったが、道中はそこそこ速いラップを刻んだ。

3角を過ぎてからもグローリーヴェイズの進出でペースが一気に上がるなど、この馬にとっては厳しい展開だったことは確か。

2021年 オールカマー(G2)のラップ分析&回顧

21/11/14 エリザベス女王杯(G1)

阪神 芝2200m(内)良

着順:17着(2.16.7・4.6差)

騎手:池添謙一(56キロ)

道中2番手、4角3番手で直線に向こうとするあたりでもう失速。

直線入口ではすでに最後方近く。

この馬にとっては道中のペースが速すぎて、最後に加速する余力が残っていなかったのだろう。

2021年 エリザベス女王杯(G1)のラップ分析&回顧

22/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)

中山 芝2000m 良

着順:16着(2.01.5・1.4差)

騎手:北村宏司(53キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くが、直線は坂の上りで一杯。

もともと二千の距離はちょっと長い馬。

道中早めのペースアップで、脚が最後まで持たなかったのだろう。

2022年 中山金杯(G3)のラップ分析&回顧

22/3/12 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 良

着順:13着(1.47.5・0.7差)

騎手:北村宏司(54キロ)

1枠1番から逃げ。

4角も後続に1馬身の差をつけて直線に向くが、直線は坂下あたりで一杯気味。

前の馬には不利な展開ではあった。

2022年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

次走、福島牝馬S(G3)に向けて

次走は4月23日(土)、福島競馬場 芝1800mで行われる「福島牝馬S(G3)」。

道悪で一考。

 

⇒その他、福島牝馬S(G3)の出走馬を分析