2020年6月14日【エプソムC】終了時点までのデータをもとに、ピースワンパラディの好走パターンを分析。

ピースワンパラディの距離適性

ピースワンパラディはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-1-0-0)
  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(0-1-1-0)
  • 芝2400m(0-0-1-0)

どのあたりがベストの距離なのかはまだ計りかねる。

ピースワンパラディの脚質

ほとんどのレースが好位、中団からの終いを生かした競馬。

馬場状態やペースにはあまり動じず、終いは確実に繰り出してくる。

なので着順も、これまで「馬券圏内」を外したのは一度だけ。

内にもたれたり、抜け出すとソラを使ったりと、気性面で若干の不安を残すが、1戦ごとに成長している様子はうかがえる。

良馬場での勝ち鞍が、500万条件戦以降ひとつも無いのが少し気になるところ。

ピースワンパラディのコース適正

ピースワンパラディの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(2-0-2-1)
  • 中京(2-1-0-0)

見ての通り、左回りコースにしか使っていない。

左回り専用のサウスポー。

ピースワンパラディの持ち時計(ベストタイム)

ピースワンパラディの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.2 1着(東京)
  • 芝1800m:1.48.6 1着(東京)
  • 芝2000m:2.02.0 2着(新潟)
  • 芝2400m:2.25.3 3着(東京)

まだ本格的なスピード勝負は経験していない。

ピースワンパラディの重馬場適正

ピースワンパラディの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-0)
  • 不良(1-1-0-1)

馬券圏外も0.4差の7着。

道悪は走る。

ピースワンパラディの鉄砲実績(休み明け)

ピースワンパラディの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-0)

休み明けは問題なく走る。

ピースワンパラディの枠順適正

ピースワンパラディの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-0)
  • 5~9番(0-0-2-1)
  • 10~14番(1-1-0-0)
  • 15~18番(1-0-0-0)

ピースワンパラディの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(2-1-1-0)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-0)

ピースワンパラディの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(未)
  • 54.5~56キロ(3-1-2-1)
  • 57キロ~(1-1-0-0)

ピースワンパラディの連対体重

  • 452~468キロ

ピースワンパラディの血統背景

父はジャングルポケット(ナスルーラ系グレイソヴリン)、母の父はアグネスデジタル(ミスプロ系)。

ピースワンパラディの前走

20/6/14 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 不良

着順:7着(1.48.1・0.4差)

騎手:津村明秀(56キロ)

スタートで少し出遅れて道中は中団の後ろあたり。

直線は内を突いて伸びてくるが0.4差まで。

道悪では常に走ってきたが、ここはクラスの壁か?

ピースワンパラディの次走

次走は9月6日 新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

前走は得意と思われる道悪でもクラスの壁を感じた。

加えて、勝ち鞍がまだない2000mの距離でどう立ち回るのか?

 

その他、新潟記念の出走馬を分析