2020年6月14日【マーメイドS】終了時点までのデータをもとに、サラスの好走パターンを分析。

サラスの距離適性

サラスはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-2-0)
  • 芝2000m(3-1-0-4)
  • 芝2200m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(0-0-1-2)

2000m前後で能力を発揮。

2400mは3着が1鞍あるが、ハンデ戦で51キロ。

サラスの脚質

先行して押し切る競馬や、後方に控えて終いを生かす競馬。

終いのキレはかなり強烈。

サラスのコース適正

サラスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-0-2-3)
  • 阪神(2-1-1-1)

新潟、中山への長距離輸送ではいずれも大敗。

長距離輸送に不安が残る。

阪神は4戦中3戦が内回りの2000m。

500キロを超える大型馬だけに、ローカル小回りはしんどいか。

サラスの持ち時計(ベストタイム)

サラスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.6 3着(京都)
  • 芝2000m:1.59.7 13着(中山)
  • 芝2200m:2.15.1 1着(京都)
  • 芝2400m:2.26.6 3着(阪神)

スピード勝負では分が悪そう。

サラスの重馬場適正

サラスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(0-1-0-0)

道悪は得意そう。

サラスの鉄砲実績(休み明け)

サラスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-2)

大型馬だけに、休み明けはあまりよくない。

逆に叩き2戦目は;

  • (2-1-0-1)

サラスの近走診断

19/5/4 パールS(1600万)

京都 芝1800m(外)良 12頭

着順:3着(1.45.6・0.3差)

騎手:松若風馬(55キロ)

(ラップタイム)

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9
今走 1.45.3 34.1 12.6 11.0 11.5 12.2 12.2 11.7 11.4 11.1 11.6
過去平均 1.46.7 34.7 12.7 11.3 11.6 12.2 12.3 12.0 11.8 11.4 11.6
-0.6 -0.1 -0.3 -0.1 0.0 -0.1 -0.3 -0.4 -0.3 0.0

(※過去平均=同コース同条件の良馬場平均(過去16走))

ほぼ平均的なラップだが、勝負どころのペースアップが平均よりも1F早い感じ。

それでも上りは34.1秒と止まってはいないので、そこそこのSP持続力が必要なレースだったと思われる。

そんな展開でサラスは後方10番手から、上り3Fメンバー最速の33.3秒の脚で3着に食い込んだ。

この流れで3着に届いたのだから、この末脚は一定の評価はできる。

19/6/9 マーメイドS(G3・ハンデ)

阪神 芝2000m(内)良 16頭

着順:1着(2.00.3・ハナ差)

騎手:松若風馬(51キロ)

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.00.3 36.0 12.2 10.9 12.2 12.2 12.3 12.4 12.1 11.8 11.4 12.8
過去平均 1.59.7 35.2 12.4 11.0 12.4 12.5 12.1 12.2 11.9 11.6 11.5 12.1
0.8 -0.2 -0.1 -0.2 -0.3 0.2 0.2 0.2 0.2 -0.1 0.7

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去9走))

前日の稍重馬場から回復しているとは言え、馬場は多少緩かったように感じる。

そんな馬場でもラップは平均的なラップを刻んでいることから、前へ行った組にはそこそこきつい展開になっただろう。

そんな展開の中、サラスは最後方から直線だけで前頭まとめて差しきった。

ハンデも51キロで、展開も向いたとは言え、前走に続き、強烈な末脚をアピールした。

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良 16頭

着順:15着(2.00.2・1.6差)

騎手:松若風馬(53キロ)

脚部不安からの11ヵ月の休み明け。

道中後方から直線では見せ場なし。

大型馬の長期休み明け。

叩いてからだろう。

20/6/14 マーメイドS(G3・ハンデ)

阪神 芝2000m 稍重

着順:14着(2.02.7・1.6差)

騎手:松若風馬(54キロ)

終始後方のまま見せ場なし。

叩き2走目でこの結果はちょっと心配。

脚部不安からの良化に手間取っているのか?

サラスの次走

次走は8月16日 小倉競馬場 芝2000mで行われる「小倉記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは53キロ。

まだちょっと手は出し辛い。

 

その他、小倉記念の出走馬を分析