2021年6月13日【エプソムC】終了時点までのデータをもとに、アトミックフォースの好走パターンを分析。

アトミックフォースの距離適性

アトミックフォースはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝1800m(0-3-1-4)
  • 芝2000m(4-1-0-5)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

適距離は1800~2000m

1600mの2鞍はともにハイペースだが、「東風S」などは前々で粘って大きくは負けていない。またいずれも右回りの中山コース。

1600mもまだまだ見限れない。

アトミックフォースの脚質

逃げ、先行脚質。

これまでは、先行力はあるが、締まった流れを押し切るスピードの持続力に不安があったが、2021年の「エプソムC」を見る限り、そこそこのスピード持続力が備わってきた感じ。

この先OPクラスでひと暴れできるか?

アトミックフォースのコース適正

アトミックフォースの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-2-0-1)
  • 新潟(1-2-0-1)
  • 東京(3-0-1-5)
  • 中山(0-0-0-4)
  • 中京(0-0-0-1)

左右回りで区別すると;

  • 右回り(0-2-0-5)
  • 左回り(4-2-1-7)

右回りの2着2回が「新馬戦」「未勝利戦」だったことを考えると、右はダメ、左は走る、と考えてもよさそう。

アトミックフォースの持ち時計(ベストタイム)

アトミックフォースの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.2 5着(中山)
  • 芝1800m:1.45.5 5着(東京)
  • 芝2000m:1.58.7 5着(東京)
  • 芝2200m:2.12.4 10着(中山)

時計勝負にもそこそこ対応できるようになってきた。

アトミックフォースの重馬場適正

アトミックフォースの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-3)
  • 不良(0-0-0-1)

道悪の場合、上りが極端にかかってくれば、バテずに粘り込むスタミナはある。


アトミックフォースの鉄砲実績(休み明け)

アトミックフォースの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-1-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-4)
  • 3戦目(1-0-0-2)
  • 4戦目(0-0-1-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

休み明けは狙い目。

アトミックフォースのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-2-0-3)
  • 中3~5週(1-0-0-5)
  • 中6~8週(0-0-1-0)

アトミックフォースの枠順適正

アトミックフォースの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-2-0-3)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(0-2-1-6)
  • 15~18番(0-0-0-1)

逃げ、先行脚質だけに内枠が良い。

アトミックフォースの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-1-1-3)
  • 6~8月(夏):(0-3-0-3)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-4)

アトミックフォースの斤量別着度数

  • 52キロ(0-1-0-0)
  • 53キロ(0-1-0-0)
  • 54キロ(1-2-0-1)
  • 55キロ(1-0-1-5)
  • 56キロ(2-0-0-4)
  • 57キロ(0-0-0-2)

アトミックフォースの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~482キロ

アトミックフォースの血統背景

父はワークフォース(ミスプロ系キングマンボ)。

ワークフォースは欧州で走り、2010年の「凱旋門賞」他、G1を2勝。主要距離は芝の2000~2400m

母の父はフジキセキ(サンデー系/朝日杯3歳S、弥生賞)。

アトミックフォースの前走

21/6/13 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 良

着順:5着(1.45.5・0.4差)

騎手:武藤雅(56キロ)

道中はそこそこ締まった流れを2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線でも残り200mまでは粘ったが、そこから脚色が鈍って5着。

しかし、残り200mからも大きく失速はしておらず、締まった流れを大外枠からの2番手追走としては大健闘ではないか?

着実に力を付けている。

2021年 エプソムC(G3)のラップ分析&回顧

次走、関屋記念 (G3)に向けて

次走は8月15日(日)、新潟競馬場 芝1600m(外)で行われる「関屋記念(G3)」。

前走を見ても、力はつけて来ている感じ。軽視はできない馬。

 

⇒その他、2021・関屋記念(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)