2020年5月10日【新潟大賞典】終了時点までのデータをもとに、アトミックフォースの好走パターンを分析。

アトミックフォースの距離適性

アトミックフォースはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-3-0-2)
  • 芝2000m(4-1-0-3)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

現状ではベストは明らかに2000m

1800mはちょっと忙しいのか?

アトミックフォースの脚質

「逃げ」「先行」

前につけてしぶとい競馬。スピード持続型。

条件戦のころはスローペースでしか粘り切れなかったが、OP昇格後の「新潟大賞典(G3)」では、そこそこ遅くはないペースで逃げて、0.2差の2着に粘った。

ペースに関しては対応力がありそうなので、これからの成長力には期待が持てる。

アトミックフォースのコース適正

アトミックフォースの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-2-0-1)
  • 新潟(1-2-0-1)
  • 東京(3-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-2)

左右回りで区別すると;

  • 右回り(0-2-0-3)
  • 左回り(4-2-0-3)

右回りの2着2回が「新馬戦」「未勝利戦」だったことを考えると、右はダメ、左は走る、と考えてもよさそう。

アトミックフォースの持ち時計(ベストタイム)

アトミックフォースの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.1 7着(福島)
  • 芝2000m:1.58.7 5着(東京)
  • 芝2200m:2.12.4 10着(中山)

スピード勝負は不向きなデータだが、まだOPに昇格したばかりの4歳馬。

決めつけるのは早計。

アトミックフォースの重馬場適正

アトミックフォースの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-2)

右回りで0.9差、左回りで0.5差。

道悪の巧拙はまだ判断できない。

アトミックフォースの枠順適正

前々で勝負する馬なので、枠順も内枠が欲しい。

アトミックフォースの鉄砲実績(休み明け)

アトミックフォースの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-1-0-2)

問題なさそう。

アトミックフォースの近走診断

19/11/24 ウェルカムS(3勝)

東京 芝1800m 重 15頭

着順:6着(1.48.8・0.5差)

騎手:田辺裕信(55キロ)

(ラップ分析)

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9
今走 1.48.3 36.5 12.8 11.3 11.5 12.0 12.0 12.2 12.4 11.9 12.2
過去平均 1.46.5 34.4 12.9 11.4 11.8 12.2 12.0 11.9 11.4 11.2 11.8
2.1 -0.1 -0.1 -0.3 -0.2 0.0 0.3 1.0 0.7 0.4

(※過去平均=同コース同条件の良馬場平均(過去19走))

序盤はそこそこ流れて、上りがかかる展開。

重馬場なので上りはさらにタフな消耗戦になった模様。

道中2番手のアトミックフォース。

直線も残り100mまでは良く粘っている。

外枠14番からの発走を考えると、昇級初戦で前につけてよく粘っている。

20/2/23 アメジストS(3勝)

東京 芝2000m 良 10頭

着順:1着(2.02.1・-0.2差)

騎手:田辺裕信(56キロ)

(ラップ分析)

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.02.1 34.0 12.6 12.1 12.0 12.4 12.8 13.2 13.0 11.6 10.9 11.5
過去平均 1.59.6 34.7 13.0 11.7 11.8 12.0 12.2 12.1 12.0 11.5 11.4 11.8
-0.7 -0.4 0.4 0.2 0.4 0.6 1.1 1.0 0.1 -0.5 -0.3

(※過去平均=同コース同条件の良馬場平均(過去22走))

道中は2番手。

「ラップ分析」でも一目瞭然の超スローペース。

逃げたウインガナドルが2着にきており、典型的な「行った行った」の展開。

展開に恵まれた面はあるが、しっかり勝ち切ってOP昇格。

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良 16頭

着順:2着(1.58.8・0.2差)

騎手:武藤雅(54キロ)

(ラップ分析)

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.58.6 35.4 12.4 11.0 11.7 12.1 12.5 12.0 11.5 11.2 11.4 12.8
過去平均 1.58.6 34.3 12.7 11.4 11.9 12.0 12.3 12.2 11.8 11.4 10.9 11.9
1.1 -0.3 -0.4 -0.2 0.1 0.2 -0.2 -0.3 -0.2 0.5 0.9

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

全体を通して、特別速くはないまでも、そこそこのラップを刻んでいる。

勝負どころのペースアップも過去平均よりは早く、そのため上りもかかる展開となった。

このラップはアトミックフォース自身が逃げて刻んだラップ。

速からず、遅からずで残り100mくらいまでは勝ったトーセンスーリヤにしっかり食らいついている。

ハンデの恩恵ももちろんあるが、確実に力をつけている印象。

アトミックフォースの次走

次走は東京競馬場 芝1800mで行われる「エプソムC(G3)」。

得意の左回り東京コース。

距離は若干忙しいかもしれない。

同型がいるので逃げるにしてもすんなり逃げるのは難しいかも。

別定戦の重賞で、どこまでやれるか「力試し」。