2020年4月19日【福島民報杯】終了時点までのデータをもとに、ドミナートゥスの好走パターンを分析。

ドミナートゥスの距離適性

ドミナートゥスはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-0-0-0)
  • 芝2000m(2-4-0-1)

1800m、2000mではほぼ底を見せていない。

馬券圏内を外したのは、1年3か月ぶりの長期休養明けの1鞍のみ。

ドミナートゥスの脚質

どんな流れでも、ほぼ先手が取れる先行力が強み。

先手を取れば、そのまま押し切るSP持続力。

ペースが緩めば33秒台、32秒台の末脚も繰り出せる。

ドミナートゥスのコース適正

ドミナートゥスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-1-0-0)
  • 東京(1-1-0-1)
  • 京都(1-2-0-0)
  • 阪神(1-0-0-0)
  • 小倉(1-0-0-0)

まだ底を見せていないだけに、コースの巧拙は判断できない。

ドミナートゥスの持ち時計(ベストタイム)

ドミナートゥスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.7 1着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.1 2着(東京)

時計に関してはまだまだこれから。

ドミナートゥスの重馬場適正

ドミナートゥスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-1-0-0)

1鞍だけだが、そこそこは走りそう。

ドミナートゥスの鉄砲実績(休み明け)

ドミナートゥスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-1)

馬券圏内を外したのは、1年3か月ぶりの長期休養明けの1鞍。

ドミナートゥスの評価

連対率およそ9割の馬。

確かな先行力があり、それに加えてそこそこの持久力、瞬発力もあるだけに大崩れしない。

脚部不安の長期休養で、4歳の1年をまるまる休んでいるので、まだ消耗度合いも少ない。

オープンクラスのタフな競馬はこれからだが、期待大。

ドミナートゥスの近走診断

18/10/21 甲斐路S(1600万)

東京 芝1800m 良 8頭

着順:1着(1.48.8・-0.1差)

騎手:北村友一(55キロ)

道中は3番手。

ペースは600~800m区間で13秒台が出るほどの超スロー。

4角も3番手で回ったドミナートゥスは、上りを32.7秒でまとめて快勝。

1000万、1600万クラスをそれぞれ1戦で通過し、オープン入りを果たした。

20/2/1 白富士S(L)

東京 芝2000m 良 14頭

着順:11着(1.59.9・0.8差)

騎手:大野拓弥(56キロ)

脚部不安による休養で、1年3ヵ月ぶりの競馬。

道中は2番手。

4角も2番手で直線に向き、残り200mまではなんとか粘るが、そこからは

失速。

超久々で体重もプラス12キロ。

しっかり先手が取れて、残り200mまで粘って、最後0.8差なら上々だろう。

20/4/19 福島民報杯(L・ハンデ)

福島 芝2000m 重 16頭

着順:2着(2.02.0・0.2差)

騎手:吉田隼人(55キロ)

大外16番ゲートからだが、なんとか4番手に取り付く。

3角を過ぎて、馬場の良い外目を回って進出し、4角2番手で直線。

直線も良い感じで伸びて来るが、2番手争いまで。

3角から自ら動いて行っての2着死守だけに、内容は評価できる。

ドミナートゥスの次走

次走は阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「鳴尾記念(G3)」。

ここにきて初の重賞挑戦。

前走の内容も良いだけに、ここは期待できる。

得意の先行力を生かしてどこまで粘れるか。