2019年11月16日【アンドロメダS】終了時点までのデータをもとに、トリコロールブルーの好走パターンを分析。

トリコロールブルーの距離適性

トリコロールブルーはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-1-2)
  • 芝2000m(3-3-2-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

ベストは1800m~2000mだが、2000mはギリギリっぽい印象がある。

あまり外を回るような展開になるときつい。

トリコロールブルーの脚質

中団で脚を溜めて、終いの脚を生かす競馬。

末脚はキレッキレと言うほどでもないので、位置取りが後ろになりすぎると苦しい。

トリコロールブルーのコース適正

トリコロールブルーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 東京(1-2-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-1-2-1)
  • 阪神(1-1-1-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

コースはどこでもそこそここなすが、小回りよりも広いコースの方が戦いやすそうな印象。

トリコロールブルーの持ち時計(ベストタイム)

1800~2000mでのトリコロールブルーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.3 1着(クビ差・阪神)
  • 芝2000m:1.57.7 3着(0.5差・阪神)

高速馬場はそこそここなすが、大歓迎と言うほどではない。

トリコロールブルーの重馬場適正

トリコロールブルーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 不良(0-0-0-1)

これは3000mの「菊花賞」でのものなので、あまり参考にはならない。

トリコロールブルーの枠順適正

トリコロールブルーの10番ゲートより外の枠順(10番を含む)に入ったときの成績は;

  • (0-0-0-3)

あまり良くない。

外目を回る距離ロスには敏感な馬なのかも。

トリコロールブルーの鉄砲実績(休み明け)

トリコロールブルーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-1-2-1)

馬券圏内を外したのは、約半年ぶりの長期休養明けの1鞍。

トリコロールブルーの評価

そこそこ堅実に走ってくる馬だが、瞬発力にしても、SP持続力にしても、もうワンパンチ足りないという印象がある。

このコース、この距離、この展開なら強いと言う、自身の型がない感じ。

2、3着が多くて勝ち切れないのは、そこらへんが原因かも。

トリコロールブルーの近走診断

19/8/25 小倉日経オープン

小倉 芝1800m 良

着順:7着(1.46.7・0.3差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中中団を追走。

4角はかなり大外を回して直線に向くが、直線は詰めては来るが0.3差まで。

約半年の休み明けで体重は-8キロ。

滞在ではなく輸送なので、そのへんが応えたのかも。

小倉コースもあまり合っていない印象。

19/10/21 オクトーバーS(L)

東京 芝2000m 良 13頭

着順:2着(1.59.2・クビ差)

騎手:スミヨン(56キロ)

2枠2番から先行策。

道中2番手で追走し、ペースはスロー。

4角は3番手の内で直線に向くが、前、横と囲まれてなかなか追い出せない。

残り200mあたりで前が開き、追い出しにかかるが、ダイワギャグニーにクビ差迫ったところがゴール。

なんとも歯がゆい結果。

19/11/16 アンドロメダS(L・ハンデ)

京都 芝2000m(内)良 17頭

着順:3着(1.59.5・0.1差)

騎手:スミヨン(56キロ)

道中は中団のやや後ろ。

4角は外に持ち出して、大外を回して直線へ。

直線は馬場の外目から追い込んでくるが、わずかに届かず3着。

ゴール前、フランツに交わされて着順を一つ落とすあたり、やはり外を回した距離ロスが効いている印象。

トリコロールブルーの次走

次走は阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「鳴尾記念(G3)」。

約7ヵ月の休み明け。

堅実な馬で休み明けも走るが、ここは様子見。