2020年6月6日【鳴尾記念】終了時点までのデータをもとに、サトノルークスの好走パターンを分析。

サトノルークスの距離適性

サトノルークスはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-2)
  • 芝2200m(1-1-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-1-0-0)

1800mはいずれも下級条件。

締まった流れに対応できないところがあるので、ペースが落ち着きやすい長距離で持ち味を発揮か。

中距離でも、ペースさえ落ち着いていればそこそこ対応してくる。

サトノルークスの脚質

中団に控えて、終いを生かす競馬。

道悪、荒れ馬場など、上りがかかる展開に強いパワー型。

逆に、終いにキレを要求されると苦しいかも。

サトノルークスのコース適正

サトノルークスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-1-0-1)
  • 京都(1-1-0-0)
  • 阪神(2-1-0-1)

東京コースの負けは「ダービー」での3.2差の17着。

ハイペースに前でつき合った経緯はあるが、ちょっと敗けすぎ。

左回りが良くない可能性もはらむ。

サトノルークスの持ち時計(ベストタイム)

サトノルークスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.4 1着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.7 14着(中山)
  • 芝2200m:2.11.8 2着(中山)
  • 芝2400m:2.25.8 17着(東京)
  • 芝3000m:3.06.0 2着(京都)

スピード勝負には向かない可能性が高いと思うが。

サトノルークスの重馬場適正

サトノルークスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-2-0-0)

道悪、荒れ馬場は大歓迎ではないか。

サトノルークスの鉄砲実績(休み明け)

サトノルークスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-0)

サトノルークスの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)、母の父はサドラーズウェルズ(ND系)。

全姉に2015年の「ローズS(G2)」を勝ったタッチングスピーチがいる。

サトノルークスの評価

「皐月賞」「ダービー」の大敗と、「菊花賞」の2着。

まだよく分からない点が多い馬だが、大まかな輪郭は上述の通り。

2億7000万円の高額馬だけに、今後の活躍に注目したい。

サトノルークスの近走診断

19/5/26 日本ダービー(G1)

東京 芝2400m 良 18頭

着順:17着(2.25.8・3.2差)

騎手:池添謙一(57キロ)

2枠4番から3番手につける。

この日のダービーはリオンリオンが離して逃げるハイペース。

全体としてもそこそこ速いペースで推移していた模様。

サトノルークスは4角も3番手で直線に向くが、直線ではまったく伸びてこずに17着。

ハイペースにつき合ったと言っても、先頭、2番手からも離れた3番手での追走。

ここまで負けるのは距離か? とも思ったが・・・。

19/9/16 セントライト記念(G2)

中山 芝2200m 重 18頭

着順:2着(2.11.8・0.3差)

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は中団で脚を溜めて、4角は7番手の内。

直線も馬場の内側から伸びてくるが、わずかに及ばずの2着。

重馬場を考えるとペースは速い方。レースの上りも35.9秒消耗戦となった。

こういう展開は得意そう。

19/10/20 菊花賞(G1)

京都 芝3000m(外)18頭

着順:2着(3.06.0・クビ差)

騎手:福永祐一(57キロ)

道中は中団。

3角の坂の下りから徐々に順位を上げて、4角は7番手の外で直線。

直線も馬場の外目から激しく追い上げ、ワールドプレミアにクビ差に迫る2着。

レースの上りは36.2秒。

この日は良馬場発表も、5Rまでは稍重の緩い馬場。

これらの条件が、この馬の2着の背中を押した感じ。

2019年 菊花賞(G1)のラップ分析&回顧

20/6/6 鳴尾記念(G3)

阪神 芝2000m(内)

着順:8着(2.01.1・1.0差)

騎手:武豊(56キロ)

終始後方で見せ場なし。

骨折明けだけに、まだまだ叩いてからということか。

2020年 鳴尾記念(G3)のラップ分析&回顧

サトノルークスの次走

次走は8月16日 小倉競馬場 芝2000mで行われる「小倉記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

前走が前走だけに、ここでもまだまだ不安は残る。

夏の小倉の開幕週の馬場も、あまり向いているとは思えないが、相手関係はかなり手薄。

ここでも前走のような走りだと、ちょっと心配。

 

その他、小倉記念の出走馬を分析