2021年5月30日【目黒記念】終了時点までのデータをもとに、ムイトオブリガードの好走パターンを分析。(※ダート競争は除く)

ムイトオブリガードの距離適性

ムイトオブリガードはこれまでに、芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-3)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(3-0-0-2)
  • 芝2500m(1-1-0-3)
  • 芝2600m(1-0-0-0)
  • 芝3000m(0-0-0-2)

芝1800m~2200m(0-1-0-4)

2着は新馬戦の芝1800m。

この距離はちょっと忙しいかもしれない。

芝2400m~2600m(5-1-0-5)

「アルゼンチン共和国杯(G2)」1着など、好走歴は断トツに多い。

芝2500m前後がこの馬の適距離と考えて間違いないと思う。

芝3000m(0-0-0-2)

2018年の「阪神大賞典(G2)」に出走して1.1差の8着だが、

当時は1000万条件の身でありながら阪神大賞典に出走してきた。

この年の阪神大賞典は例年になくタフなペース。

それを2番手追走で、直線では一旦先頭に立ち、残り200mまでは食い下がる競馬を見せた。

2020年の同レースも、タフな流れを前目で踏ん張り0.4差の4着。

左右回りの巧拙はあるが、まだまだこの距離は見限れない。

ムイトオブリガードの脚質

ムイトオブリガードのの好走時の脚質は、「先行」もしくは「中差し」。

500万条件戦では逃げ切り勝ちを収めたこともあるが、上のクラスではハナを切ったことはない。

前目につけて粘り込む競馬もできるし、中団馬群から直線で抜け出しての末脚勝負も可能。

ペースの緩急を問わないため、どんな展開でも対応できるのが強み。

しかし、右回りコースでは若干不安な要素もあり、直線急坂コースでも良績がなく、道悪競馬もイマイチなだけに、勝ち負けできるレースが限られてくるのが残念なところ。

ムイトオブリガードのコース適正

ムイトオブリガードの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(4-1-0-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-1-0-2)
  • 阪神(0-0-0-3)
  • 小倉(1-0-0-0)

OPクラスでは、右回りコースと、直線急坂(中山、阪神、中京)コースでは結果が出ていない。

というか、東京が大好きな東京巧者。

ムイトオブリガードの持ち時計(ベストタイム)

ムイトオブリガードの各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝1800m:1.50.6 2着(クビ差・京都)
  • 芝2000m:1.59.7 7着(0.4差・中京)
  • 芝2200m:2.14.1 4着(0.2差・京都)
  • 芝2400m:2.22.9 1着(同着・東京)
  • 芝2500m:2.28.8 5着(0.6差・東京)
  • 芝2600m:2.37.8 1着(-0.7差・小倉)※レコード
  • 芝3000m:3.03.4 4着(0.4差・阪神)

2400m、2600mのタイムは優秀。

ムイトオブリガードの重馬場適正

ムイトオブリガードの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

ムイトオブリガードはダート出身の馬なのだが、重い芝が得意ではないようだ。

陣営も「緩い馬場は苦手」というような表現を使っている他、2019年の日経新春杯(G2)に騎乗した川田騎手も「今の京都の重たい馬場が合わなかった」というコメントを出している。


ムイトオブリガードの鉄砲実績(休み明け)

ムイトオブリガードの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-3)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

ムイトオブリガードのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-4)
  • 中3~5週(0-1-0-2)
  • 中6~8週(1-0-0-3)

ムイトオブリガードの枠順適正

ムイトオブリガードの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-4)
  • 5~9番(1-1-0-6)
  • 10~14番(2-0-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ムイトオブリガードの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-2)
  • 3~5月(春):(1-0-0-8)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-2-0-1)

ムイトオブリガードの斤量別着度数

  • 55キロ(0-2-0-1)
  • 56キロ(3-0-0-5)
  • 57キロ(2-0-0-5)

ムイトオブリガードの好走体重

3着以内の体重は;

  • 482~492キロ

ムイトオブリガードの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ/クイーンエリザベス2世カップ、宝塚記念2着)。

母の父はサンデーサイレンス

母の母はシンコウラブリイ(マイルCS他、重賞6勝)

ムイトオブリガードの近走

19/3/10 金鯱賞(G2)中京芝2000m 稍重

着順:7着(1.1差)騎手:横山典弘(56キロ)

苦手な緩い馬場に加え、初めての2000mという距離。

また右回り、急坂など、苦手と考えられる条件が重なった。

しかしここでなぜ中距離路線を選ぶのか?

阪神大賞典から天皇賞でも良かったような・・・。

19/3/31 大阪杯(G1)阪神芝2000m

着順:8着(0.6差)騎手:横山典弘(57キロ)

稍重ではなかった分、着差は若干縮めたが、やはり2000mは少し忙しいか?

19/5/26 目黒記念(G2)東京芝2500m

着順:5着(0.6差)騎手:武豊(56キロ)

適正条件が整ったレース。

後方からの競馬になったが、直線では内を突いて、残り200mまでは差のない競馬。

しかしそこから伸びずに5着が精一杯。

もう一列前での競馬を期待していたが、1月から約5ヵ月、G1を含む重賞4連戦の疲れが出たのかもしれない。

19/11/3 アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500m

着順:1着(-0.2差)騎手:横山典弘(56キロ)

適正条件が整ったレース。

7番ゲートから好位の3番手で競馬をすすめる。

道中はかなり緩いペースで推移したため、3番手追走のムイトオブリガードには絶好の展開。

直線では内を突いて伸びて来て、そのまま押し切る。

展開に恵まれた勝利だが、これで東京は(4-1-0-1)。

19/11/24 ジャパンカップ(G1)

東京 芝2400m 重 15頭

着順:8着(2.27.1・1.2差)

騎手:ルメール(57キロ)

道中は11頭の大きな集団となった先団の後ろあたり。

4角は8番手の内で直線に入るが、残り200mあたりから脚色が鈍ってくる。

重馬場苦手のデータ通り。

20/3/22 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)良

着順:4着(3.03.4・0.4差)

騎手:藤岡祐介(57キロ)

道中は3~4番手。

4角は3番手で直線に向き、坂の途中まではそこそこ粘ってはいたが、最後の最後に甘くなって4着。

道中はタフな流れを前目のポジション。

先行勢では最先着なだけに、よく頑張ってはいる。

2020年 阪神大賞典(G2)のラップ分析&回顧

21/3/27 日経賞(G2)

中山 芝2500m 良

着順:7着(2.34.2・0.9差)

騎手:北村宏司(56キロ)

道中は後方11番手。

3~4角で順位を上げて、4角は7番手の外で直線。

直線は馬群の外から追い上げを計るが、良い脚は出ず。

右回り、直線急坂では結果がでない。

2021年 日経賞(G2)のラップ分析&回顧

21/5/9 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:7着(1.59.7・0.4差)

騎手:酒井学(57キロ)

道中は最後方に近い13番手。

4角は最後方14番手から直線。

直線は馬群の大外に進路を取って追い上げるが、最後方からでは0.4差の7着が精一杯。

やはりこの馬、2000mはちょっと忙しそう。

しかし、上りはメンバー最速の上りを出して、調子自体は悪くない。

2021年 新潟大賞典(G3)のラップ分析&回顧

21/5/30 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:11着(2.34.1・1.3差)

騎手:横山武史(57キロ)

道中は中団の前、6番手あたりを追走。

しかし3角を過ぎて順位を落として、4角は10番手の内で直線。

直線は馬群の内目から追い上げを計るが、良い脚は使えず。

超スローの瞬発力勝負だが、以前のような脚はもう出せなくなっているのか?

2021年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

次走、京都大賞典(G2)に向けて

次走は10月10日(日)、阪神競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

現状では、東京コース以外ではちょっと狙えない。

 

⇒その他、2021・京都大賞典(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)