2021年2月20日【ダイヤモンドS】終了時点までのデータをもとに、タイセイトレイルの好走パターンを分析。(※ダート競争は除く)

タイセイトレイルの距離適性

タイセイトレイルはこれまでに芝1600m~芝3600mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-3)
  • 芝1800m(1-0-0-3)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2200m(0-1-1-1)
  • 芝2400m(1-1-2-3)
  • 芝2500m(0-2-0-2)
  • 芝2600m(2-0-3-0)
  • 芝3000m(0-0-1-1)
  • 芝3400m(0-0-0-2)
  • 芝3600m(0-0-0-1)

2200m以上ならどの距離もそれなりにこなす。

タイセイトレイルの脚質

全盛期は前につけて押し切る競馬で戦績も比較的安定。

しかし5歳になったあたりからポジションを下げることも多くなった。

同時にムラっぽさも顕著になり、好走するパターンや展開が読み辛くなってきている。

タイセイトレイルのコース適正

タイセイトレイルの競馬場ごどの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-3-0)
  • 東京(0-2-1-6)
  • 中山(0-1-0-1)
  • 中京(0-1-1-1)
  • 京都(0-0-2-4)
  • 阪神(1-0-0-3)
  • 小倉(3-0-0-1)

特別に苦手にしているコースはなさそう。

タイセイトレイルの持ち時計(ベストタイム)

タイセイトレイルの芝2400m~2600mでのベストタイムは次の通り;

  • 芝2400m:2.23.1 2着(東京)
  • 芝2500m:2.31.7 2着(東京)
  • 芝2600m:2.38.4 1着(小倉)
  • 芝3000m:3.03.5 6着(阪神)
  • 芝3400m:3.32.5 5着(東京)
  • 芝3600m:3.52.5 4着(中山)

タイセイトレイルの枠順適正

タイセイトレイルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-3-3)
  • 5~9番(1-2-4-5)
  • 10~14番(2-0-0-7)
  • 15~18番(0-0-0-1)

内目の枠が良いと言う傾向は出ている。


タイセイトレイルの重馬場適正

タイセイトレイルはこれまでに、稍重馬場を含む道悪馬場でのレース実績は;

  • 稍重馬場(2-0-0-3)
  • 重馬場(0-0-0-1)

稍重の2勝は「未勝利」と「1勝クラス」。

重馬場の2019年の「ジャパンカップ(G1)」。道中なかなか進んで行かなかったというレース後のコメントを見ると、道悪は基本的にNGと見て良いだろう。

タイセイトレイルの鉄砲実績(休み明け)

タイセイトレイルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(3-3-6-6)

基本的に長期休養があまりないタフなタイプ。

タイセイトレイルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-1-2-7)
  • 3~5月(春):(0-2-2-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-2-7)

タイセイトレイルの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-1-0-1)
  • 55キロ(0-3-5-9)
  • 56キロ(2-0-1-4)
  • 57キロ(1-0-1-1)

斤量には動じない。

タイセイトレイルの好走体重

3着以内での馬体重は;

  • 476~502キロ

タイセイトレイルの重賞成績

  • G1(0-0-0-1)
  • G2(0-1-0-6)
  • G3(0-0-0-2)

重賞初挑戦となった2019年の「アルゼンチン共和国杯」では0.2差の2着に入ったが、それ以外では良いところなし。

OP特別ではたびたび3着に入ることもあるが、重賞になると走れない。

タイセイトレイルの血統背景

父は2005年の「有馬記念」の勝ち馬ハーツクライ

母の父は2002年~2003年の「天皇賞(秋)」と「有馬記念」を連覇したシンボリクリスエス(ロベルト系)。

タイセイトレイルの近走

19/6/2 グリーンS(3上・3勝クラス)阪神芝2400m

着順:1着(アタマ差)騎手:中谷雄太(57キロ)

7頭立ての小頭数で4番手からの競馬。

最後の直線でジワジワと伸びてきて、アタマ差で差し切った。

内容的にはそれほどもものではないが、相手関係に恵まれた印象。

19/8/3 札幌日経OP(L)札幌芝2600m

着順:3着(0.1差)騎手:中谷雄太(56キロ)

10頭立ての5番手からの競馬。

道中は中団で追走。残り800mくらいからペースを上げて、直線では先頭に立つが、ゴール前交わされて3着。

オープン最初のレースとしては頑張っている。

19/9/1 丹頂S 札幌芝2600m

着順:3着(0.7差)騎手:中谷雄太(55キロ)

14頭立ての3番手で競馬を進める。

序盤は緩いペースだったが、中盤からはそこそこ締まったレース展開になった。

直線では抜け出して見せ場を作ったものの、外から来た軽ハンデの馬に並ぶ間もなく一蹴された。

1、2着が軽ハンデ(50キロ、53キロ)、2着のハナズレジェンドとは0.1差。

3着といえども、着実に力をつけている印象。

19/11/3 アルゼンチン共和国杯(G2)

東京 芝2500m

着順:2着(0.2差)騎手:戸崎圭太(55キロ)

いつもと違って先手が取れず、中団の後ろ、10番手あたりを追走。

直線では内をついて伸びてきて、アフリカンゴールドとの2着争いをアタマ差制した。

自身のキャリア20戦目にして、初めての33秒台の末脚を披露。

こんな競馬もできると言うところは示せたが、前目にポジションを取っていれば、2着争いではなく、勝ち負けも微妙だったのではないかとは思う。

19/11/24 ジャパンカップ(G1)

東京 芝2500m 重

着順:15着(3.9差) 騎手:M・デムーロ(57キロ)

後方のまま見せ場なし。

道中なかなか進んで行かなかったというレース後のコメントが示す通りの結果。

初めてのG1挑戦で、重馬場が苦手なら、この結果も仕方ない。

20/1/19 日経新春杯(G2)

京都 芝2400m 良

着順:4着(2.27.4・0.5差)

騎手:川田将雅(55キロ)

ここも先行策はとらず、中団の後ろに控えるかたち。

道中のペースは中盤かなり緩んでスローペース。

タイセイトレイルは向う正面で順位を中団の中ほどに上げて追走。

4角も中団7~8番手から直線へ。

直線も長く良い脚を使って追い込むが、0.5差の4着まで。

スローの前有利の展開もあったが、京都のタフな馬場状態では末脚も鈍った感じ。

20/2/22 ダイヤモンドS(G3)

東京 芝3400m 良

着順:5着(3.32.5・1.3差)

騎手:中谷雄太(55キロ)

スタートして押して行くものの行き脚がつかず、この日も中団の後ろから。

道中は1000m過ぎからペースアップして、ハイペースの展開。

タイセイトレイルは3~4角で進出を開始し、4角は7番手の外で直線へ。

直線は馬群の中ほどをついて上がってくるが、伸びはイマイチ。

掲示板確保も1.3差つけられた。

後ろ有利の展開でカタチは作ったが、この距離に適性があるか否かは疑問。

20/3/22 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)16頭

着順:6着(3.03.5・0.5差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中はドレッドノータスとハナを奪い合う展開。

出遅れたキセキが中盤で上がってきたためにペースは速くなり、中盤で息を入れることができなかった。

それでも0.5差の6着に粘っているのだから、凡走とまでは言えない。

2020年 阪神大賞典(G2)のラップ分析&回顧

20/5/9 メトロポリタンS(L)

東京 芝2400m 良 11頭

着順:3着(2.25.9・0.1差)

騎手:M・デムーロ(57キロ)

中盤までは最後方だったが、超スローに嫌気が差した感じで向正面から進出開始。

3角5番手、4角は2番手まで順位を上げて直線へ。

直線も最後まで食らいついていったが惜しい3着。

早めに動いて3着を死守したのは評価できる。

調子は良さそう。

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:15着(2.31.8・2.2差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

後方から見せ場なく終わる。

後ろからの馬には有利な展開だが、この馬にとっては流れが速く、脚が溜まらなかった可能性が高い。

2020年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

20/9/6 丹頂S(ハンデ)

札幌 芝2600m 良

着順:3着(2.39.3・0.6差)

騎手:菱田裕二(55キロ)

道中は後方。

向正面から徐々に進出を開始し、4角は4番手の大外から直線。

直線は先に抜け出したボスジラを追うが、その差は詰まらず3着。

1、2着が内側の位置取りだったのに対して、こちらは外を回した分、少しだけ不利。

しかし長く良い脚を使って、休み明けにしては上々の出来。

20/10/11 京都大賞典(G2)

京都 芝2400m 稍重

着順:14着(2.27.3・1.7差)

騎手:川須栄彦(56キロ)

道中は中団のうしろあたり。

終始ラチ沿いのインを追走。

4角も9番手の内で直線に向くが、良い脚は使えなかった。

道悪はあまり良くない馬。

併せて、終始馬場の内目追走で、馬場状態も緩かった可能性が高い。

2020年 京都大賞典(G2)のラップ分析&回顧

20/11/8 アルゼンチン共和国杯(G2)

東京 芝2500m 良

着順:5着(2.32.0・0.4差)

騎手:坂井瑠星(55キロ)

道中は前目にポジションを取り、4角手前ではペースを上げて4角4番手の外で直線に向く。

直線も馬群の外目を懸命に追い上げて、残り100mあたりまでは2着争いに食らいついていたが、ゴール前脚色が鈍って5着。

展開的には中緩みで、この馬の好きなパターンに近かったが、早目にスパートをかけた分、ゴール前でわずかに甘くなった感じ。

2020年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

20/12/5 ステイヤーズS(G2)

中山 芝3600m 良

着順:4着(3.52.5・0.5差)

騎手:坂井瑠星(56キロ)

道中は2番手追走。

近年まれに見る超スローペースで前残りを狙ったが、ゴール前ポンデザールに交わされて4着。

悪い走りではなかったが、決め手に欠けた。

2020年 ステイヤーズS(G2)のラップ分析&回顧

21/1/5 万葉S(ハンデ)

中京 芝3000m 良

着順:3着(3.04.1・0.2差)

騎手:坂井瑠星(55キロ)

道中は先団3番手。

道中のペースはオープンの3000mとしてはそこそこ流れていた。

直線入口では早くも先頭に立ち押し切りを計ったが、残り100mから軽ハンデ51キロの2頭に交わされて3着。

斤量差を考えれば上出来の部類。

21/2/20 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良

着順:8着(3.33.1・1.9差)

騎手:北村宏司(55キロ)

道中は先団3番手だが、レース全般で終始内ラチから馬4頭分くらいの外目を走っていた。

道中は順位を下げずに終始3番手の追走、後半はぺースも上がっただけに、複数回あるコーナーでの距離ロス、スタミナのロスはあったと思う。

近走は長い距離でそこそこ良い走りを見せていただけに、それらのロスが最後の直線での失速につながったと考えれば合点もいくが・・・。

2021年 ダイヤモンドS(G3)のラップ分析&回顧

タイセイトレイルの次走

次走は3月21日(日)、阪神競馬場、芝3000m(内)で行われる「阪神大賞典(G2)」。

前走大敗も調子は良さそう。

前目のポジションでしっかり流れに乗ることができれば、そうそう無様な競馬にはならないと思う。

 

その他、阪神大賞典(G2)の出走馬を分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)