2021年4月11日【大阪―ハンブルクカップ】終了時点までのデータをもとに、タイセイトレイルの好走パターンを分析。(※ダート競争は除く)

タイセイトレイルの距離適性

タイセイトレイルはこれまでに芝1600m~芝3600mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-3)
  • 芝1800m(1-0-0-3)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2200m(0-1-1-1)
  • 芝2400m(1-1-2-3)
  • 芝2500m(0-2-0-2)
  • 芝2600m(2-0-3-1)
  • 芝3000m(0-0-1-2)
  • 芝3400m(0-0-0-2)
  • 芝3600m(0-0-0-1)

2200m以上ならどの距離もそれなりにこなす。

タイセイトレイルの脚質

全盛期は前につけて押し切る競馬で戦績も比較的安定。

しかし5歳になったあたりからポジションを下げることも多くなった。

同時にムラっぽさも顕著になり、好走するパターンや展開が読み辛くなってきている。

タイセイトレイルのコース適正

タイセイトレイルの競馬場ごどの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-3-0)
  • 東京(0-2-1-7)
  • 中山(0-1-0-1)
  • 中京(0-1-1-1)
  • 京都(0-0-2-4)
  • 阪神(1-0-0-4)
  • 小倉(3-0-0-1)

特別に苦手にしているコースはなさそう。

タイセイトレイルの持ち時計(ベストタイム)

タイセイトレイルの芝2400m~2600mでのベストタイムは次の通り;

  • 芝2400m:2.23.1 2着(東京)
  • 芝2500m:2.31.7 2着(東京)
  • 芝2600m:2.38.4 1着(小倉)
  • 芝3000m:3.03.5 6着(阪神)
  • 芝3400m:3.32.5 5着(東京)
  • 芝3600m:3.52.5 4着(中山)

タイセイトレイルの枠順適正

タイセイトレイルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-3-4)
  • 5~9番(1-2-4-5)
  • 10~14番(2-0-0-8)
  • 15~18番(0-0-0-1)

内目の枠が良いと言う傾向は出ている。


タイセイトレイルの重馬場適正

タイセイトレイルはこれまでに、稍重馬場を含む道悪馬場でのレース実績は;

  • 稍重馬場(2-0-0-3)
  • 重馬場(0-0-0-2)

稍重の2勝は「未勝利」と「1勝クラス」。

重馬場の2019年の「ジャパンカップ(G1)」。道中なかなか進んで行かなかったというレース後のコメントを見ると、道悪は基本的にNGと見て良いだろう。

タイセイトレイルの鉄砲実績(休み明け)

タイセイトレイルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(3-3-6-8)

基本的に長期休養があまりないタフなタイプ。

タイセイトレイルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-1-2-7)
  • 3~5月(春):(0-2-2-4)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-2-7)

タイセイトレイルの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-1-0-1)
  • 55キロ(0-3-5-10)
  • 56キロ(2-0-1-5)
  • 57キロ(1-0-1-1)

斤量には動じない。

タイセイトレイルの好走体重

3着以内での馬体重は;

  • 476~502キロ

タイセイトレイルの重賞成績

  • G1(0-0-0-1)
  • G2(0-1-0-7)
  • G3(0-0-0-2)

重賞初挑戦となった2019年の「アルゼンチン共和国杯」では0.2差の2着に入ったが、それ以外では良いところなし。

OP特別ではたびたび3着に入ることもあるが、重賞になると走れない。

タイセイトレイルの血統背景

父は2005年の「有馬記念」の勝ち馬ハーツクライ

母の父は2002年~2003年の「天皇賞(秋)」と「有馬記念」を連覇したシンボリクリスエス(ロベルト系)。

次走、函館記念(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月18日(日)、函館競馬場、芝2000mで行われる「函館記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

距離短縮で新馬戦以来の2000mの距離。

この先の「札幌日経OP」、「丹頂S」あたりへ向かうための叩き台だと思うが。

 

その他、2021・函館記念(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)