2020年9月6日【丹頂S】終了時点までのデータをもとに、タイセイトレイルの好走パターンを分析。(※ダート競争は除く)

タイセイトレイルの距離適性

タイセイトレイルはこれまでに芝1600m~芝3400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-3)
  • 芝1800m(1-0-0-3)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2200m(0-1-1-1)
  • 芝2400m(1-1-2-2)
  • 芝2500m(0-2-0-1)
  • 芝2600m(2-0-3-0)
  • 芝3000m(0-0-0-1)
  • 芝3400m(0-0-0-1)

芝1600m~2000m(1-0-0-7)

勝ち鞍は「未勝利戦」の小倉1800m。

2000m以下の距離には適性はないと思われる。

芝2200m(0-1-1-1)

この馬が頭角を現したのが芝2200mのレースから。

500万条件でこの距離で2着、3着。

その後2600mで500万条件を勝ち上がる。

芝2400m(1-1-2-2)

1600万条件を勝ち上がったのがこの距離。

芝2500m(0-2-0-1)

「アルゼンチン共和国杯(G2)」での2着がある。

芝2600m(2-0-3-0)

500万条件、1000万条件をこの距離で連勝。

OP昇格後もこの距離で3着が3回ある。

芝3000~3400m(0-0-0-2)

2020年の「ダイヤモンドS」で1.3差の5着。

2020年の「阪神大賞典」で0.5差の6着。

タイセイトレイルの適距離

現状を見る限り、芝2500m前後で安定感がある。

タイセイトレイルの脚質

前につけてしぶとい持続型の馬だったが、4歳後半ごろから先手が取れなくなっている。

加齢とともにズブくなったのか?

しかし2019年の「アルゼンチン共和国杯」を境に、「差し」「マクリ」で新たな境地を切り開いてはいる。

タイセイトレイルのコース適正

タイセイトレイルの競馬場ごどの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-3-0)
  • 東京(0-2-1-4)
  • 中山(0-1-0-0)
  • 中京(0-1-0-1)
  • 京都(0-0-2-3)
  • 阪神(1-0-0-3)
  • 小倉(3-0-0-1)

特別に苦手にしているコースはなさそう。

タイセイトレイルの持ち時計(ベストタイム)

タイセイトレイルの芝2400m~2600mでのベストタイムは次の通り;

  • 芝2400m:2.23.1 2着(クビ・東京)
  • 芝2500m:2.31.7 2着(0.2差・東京)
  • 芝2600m:2.38.4 1着(-0.1差・小倉)

突出したタイムはない。

タイセイトレイルの枠順適正

タイセイトレイルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-3-2)
  • 5~9番(1-2-3-5)
  • 10~14番(2-0-0-4)
  • 15~18番(0-0-0-1)

タイセイトレイルの重馬場適正

タイセイトレイルはこれまでに、道悪馬場でのレース実績は;

  • 稍重馬場(2-0-0-1)
  • 重馬場(0-0-0-1)

重馬場は2019年の「ジャパンカップ(G1)」。道中なかなか進んで行かなかったというレース後のコメントを見ると、稍重はそこそここなすが、重になると苦しくなる、と言ったところか。

タイセイトレイルの鉄砲実績(休み明け)

タイセイトレイルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(3-3-5-5)

基本的に長期休養があまりないタフなタイプ。

タイセイトレイルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-1-1-5)
  • 3~5月(春):(0-2-2-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-2-5)

タイセイトレイルの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-1-0-1)
  • 55キロ(0-3-4-7)
  • 56キロ(2-0-1-2)
  • 57キロ(1-0-1-1)

斤量には動じない。

タイセイトレイルの連対体重

  • 476~494キロ

タイセイトレイルの血統背景

父は2005年の「有馬記念」の勝馬ハーツクライ。

母の父は2002年~2003年の「天皇賞(秋)」と「有馬記念」を連覇したシンボリクリスエス(ロベルト系)

タイセイトレイルの近走

19/6/2 グリーンS(3上・3勝クラス)阪神芝2400m

着順:1着(アタマ差)騎手:中谷雄太(57キロ)

7頭立ての小頭数で4番手からの競馬。

最後の直線でジワジワと伸びてきて、アタマ差で差し切った。

内容的にはそれほどもものではないが、相手関係に恵まれた印象。

19/8/3 札幌日経OP(L)札幌芝2600m

着順:3着(0.1差)騎手:中谷雄太(56キロ)

10頭立ての5番手からの競馬。

道中は中団で追走。残り800mくらいからペースを上げて、直線では先頭に立つが、ゴール前交わされて3着。

オープン最初のレースとしては頑張っている。

19/9/1 丹頂S 札幌芝2600m

着順:3着(0.7差)騎手:中谷雄太(55キロ)

14頭立ての3番手で競馬を進める。

序盤は緩いペースだったが、中盤からはそこそこ締まったレース展開になった。

直線では抜け出して見せ場を作ったものの、外から来た軽ハンデの馬に並ぶ間もなく一蹴された。

1、2着が軽ハンデ(50キロ、53キロ)、2着のハナズレジェンドとは0.1差。

3着といえども、着実に力をつけている印象。

19/11/3 アルゼンチン共和国杯(G2)

東京 芝2500m

着順:2着(0.2差)騎手:戸崎圭太(55キロ)

いつもと違って先手が取れず、中団の後ろ、10番手あたりを追走。

直線では内をついて伸びてきて、アフリカンゴールドとの2着争いをアタマ差制した。

自身のキャリア20戦目にして、初めての33秒台の末脚を披露。

こんな競馬もできると言うところは示せたが、前目にポジションを取っていれば、2着争いではなく、勝ち負けも微妙だったのではないかとは思う。

19/11/24 ジャパンカップ(G1)

東京 芝2500m 重

着順:15着(3.9差) 騎手:M・デムーロ(57キロ)

後方のまま見せ場なし。

道中なかなか進んで行かなかったというレース後のコメントが示す通りの結果。

初めてのG1挑戦で、重馬場が苦手なら、この結果も仕方ない。

20/1/19 日経新春杯(G2)

京都 芝2400m 良

着順:4着(2.27.4・0.5差)

騎手:川田将雅(55キロ)

ここも先行策はとらず、中団の後ろに控えるかたち。

道中のペースは中盤かなり緩んでスローペース。

タイセイトレイルは向う正面で順位を中団の中ほどに上げて追走。

4角も中団7~8番手から直線へ。

直線も長く良い脚を使って追い込むが、0.5差の4着まで。

スローの前有利の展開もあったが、京都のタフな馬場状態では末脚も鈍った感じ。

20/2/22 ダイヤモンドS(G3)

東京 芝3400m 良

着順:5着(3.32.5・1.3差)

騎手:中谷雄太(55キロ)

スタートして押して行くものの行き脚がつかず、この日も中団の後ろから。

道中は1000m過ぎからペースアップして、ハイペースの展開。

タイセイトレイルは3~4角で進出を開始し、4角は7番手の外で直線へ。

直線は馬群の中ほどをついて上がってくるが、伸びはイマイチ。

掲示板確保も1.3差つけられた。

後ろ有利の展開でカタチは作ったが、この距離に適性があるか否かは疑問。

20/3/22 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)16頭

着順:6着(3.03.5・0.5差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中はドレッドノータスとハナを奪い合う展開。

出遅れたキセキが中盤で上がってきたためにペースは速くなり、中盤で息を入れることができなかった。

それでも0.5差の6着に粘っているのだから、凡走とは言えない。

20/5/9 メトロポリタンS(L)

東京 芝2400m 良 11頭

着順:3着(2.25.9・0.1差)

騎手:M・デムーロ(57キロ)

中盤までは最後方だったが、超スローに嫌気が差した感じで向正面から進出開始。

3角5番手、4角は2番手まで順位を上げて直線へ。

直線も最後まで食らいついていったが惜しい3着。

早めに動いて3着を死守したのは評価できる。

調子は良さそう。

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:15着(2.31.8・2.2差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

後方から見せ場なく終わる。

後ろからの馬には有利な展開。

条件的にもこれだけ大負けする条件ではないはずだが・・・。

20/9/6 丹頂S(ハンデ)

札幌 芝2600m 良

着順:3着(2.39.3・0.6差)

騎手:菱田裕二(55キロ)

道中は後方。

向正面から徐々に進出を開始し、4角は4番手の大外から直線。

直線は先に抜け出したボスジラを追うが、その差は詰まらず3着。

1、2着が内側の位置取りだったのに対して、こちらは外を回した分、少しだけ不利。

しかし長く良い脚を使って、休み明けにしては上々の出来。

タイセイトレイルの次走

次走は10月11日 京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

コース、距離ともに問題ない。

このクラスなら、相手なりに走ってくる可能性は十分ある。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析