ミアマンテのキャリアはまだ2戦だけなので、近走だけを振り返る。

ミアマンテの近走

19/9/16 2歳新馬

中山 芝1600m 重 15頭

着順:1着(1.36.9・-0.5差)

騎手:ルメール(54キロ)

7枠12番から控えて後方。

先頭の2頭がハナを競り合ってペースは速くなるが、全体の馬群は縦長で、中団以降の馬にはあまり関係ない。

中盤でペースが落ち着いて、3~4角では後続を吸収。

ミアマンテは4角大外を回って直線へ向くと、直線では一完歩ごとに速度を速め、加速力抜群で、直線半ばで先団をまとめて交わしてゴール。

終いはメンバー最速の35.1秒。

重馬場を考慮してもまずまずの脚。

期待される能力

  • 瞬発力
  • 道悪適正

19/11/24 ベゴニア賞(2歳・1勝)

東京 芝1600m 不良 7頭

着順:1着(1.36.2・-0.2差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は控えて後方。

不良馬場にしてはペースは流れ、ミアマンテは4角後方のインで直線に入る。

直線では馬場の外目に進路を取ると、グングンと追い込んで、残り100mで先団をまとめて交わしてゴール。

前走に続き道悪馬場での適正の高さを示したが、この末脚、一度良馬場で見てみたい。

ミアマンテの見立て

距離は現状では1600m。

距離が延びてどうかは未知数。

脚質は後方から追い込む「瞬発型」。

道悪は巧い。

ミアマンテの次走

次走は中山芝1800mで行われる「フラワーカップ(G3)」。

距離の1800mがどうかだが、あと200mくらいならこなしてきそう。

脚質的には「前有利」のフラワーカップだが、前に行きたい馬が多いので、この馬の脚質が生きてくるかも。