2021年3月13日【中山牝馬S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シーズンズギフトの好走パターンを分析。

シーズンズギフトの距離適性

シーズンズギフトはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-2)
  • 芝1800m(1-0-1-1)
  • 芝2000m(1-0-1-0)

1600~2000m、折り合いがカギになるが、これらの距離は大丈夫。

ベストはマイルのような気もするが・・・。

シーズンズギフトの脚質

前目の好位にポジションを取って、直線で抜け出してくる競馬が嵌れば強いのだが、折り合いに難があり、なかなかうまくは行かない。

ただ、タフな競馬でも好走歴があり、力はある。

シーズンズギフトのコース適正

シーズンズギフトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(1-1-2-2)

中山コースとは相性は良いが、右回りでは内にもたれ気味。

シーズンズギフトの持ち時計(ベストタイム)

シーズンズギフトの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.1 2着(中山)
  • 芝1800m:1.48.6 3着(中山)
  • 芝2000m:2.02.3 3着(中山)

シーズンズギフトの重馬場適正

シーズンズギフトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

シーズンズギフトの鉄砲実績(休み明け)

シーズンズギフトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-1)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

シーズンズギフトの枠順適正

シーズンズギフトの枠番別着度数は;

  • 1~4番(未)
  • 5~9番(2-0-0-1)
  • 10~14番(0-1-1-2)
  • 15~18番(0-0-1-0)

現状では折り合いに難がある。

内枠に入って前に馬を置きたい。

シーズンズギフトの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-1-1)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-1)

シーズンズギフトの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(2-1-2-0)

シーズンズギフトの好走体重

3着以内の体重は;

  • 472~480キロ

シーズンズギフトの血統背景

父は2013年の「菊花賞」、2014の「ジャパンカップ」を制したエピファネイア

母の父は2004年の「秋古馬三冠」を達成したゼンノロブロイ(サンデー系)。

シーズンズギフトのここまでの走り

19/10/9 2歳新馬

福島 芝2000m 重 15頭

着順:1着(2.03.6・-0.2差)

騎手:丸山元気(54キロ)

出遅れて中団の外から。

ペースはスロー。

勝負どころの3角過ぎでは馬群の大外を上がって行ってなお、直線の入り口では先頭に並びかける勢い。

直線は先に抜け出していたキングオブドラゴンとの併せ馬。

抜きつ抜かれつの激しい競り合いをゴール前は約1馬身離してゴール。

道中は終始外々で4角も大外。

距離はまだ延びても大丈夫そう。

19/1/26 若竹賞(3歳・1勝)

中山 芝1800m 稍重 11頭

着順:1着(1.50.4・-0.2差)

騎手:ルメール(54キロ)

五分のスタートで中団から。

道中のペースはスロー。

シーズンズギフトは3~4角の中間から馬群の外側をスーッと上がって直線入口では2~3番手の外。

直線は馬場の中ほどを勢いよく追い上げて残り200mでは先頭。

あとは食い下がるマイネルデステリョをゴール前突き放して快勝。

20/3/20 フラワーC(3歳・G3)

中山 芝1800m 良 14頭

着順:3着(1.48.6・0.4差)

騎手:横山典弘(54キロ)

7枠12番から先団につける。

序盤、中盤とやや締まったペースの中、外々を回るシーズンズギフト。

4角4番手から直線も伸びてくるが、0.4差届かず3着。

道中かなり外々を回っていた距離ロスも響いた感じ。

良く走ってはいる。

期待される能力

  • SP持続力
  • スタミナ

20/4/11 ニュージーランドT(G2)

中山 芝1600m 良

着順:2着(1.33.1・0.1差/5番人気)

騎手:津村明秀(54キロ)

スタート出遅れて後方から。

すぐに順位を上げようとするが、引っかかってしまって、騎手が懸命に手綱を引いてなだめる。

3角を過ぎて徐々に進出し、4角は7番手の外で直線。

直線は馬群の外目から一気に伸びてきて、坂を上りきって一旦先頭に立ったが、ゴール前、外からルフトシュトロームに差されて2着。

出遅れて、ひっかかり、スムーズではなかったものの2着は確保。

力のあるところは示した。

2020年 ニュージーランドT(G2)のラップ分析&回顧

20/9/12 紫苑S(G3)

中山 芝2000m 稍重

着順:3着(2.02.3・0.2差/3番人気)

騎手:ルメール(54キロ)

外枠16番からスッと先団に取り付いて、道中は先団4番手。

今回は折り合いもついて、4角も4番手で直線。

直線は内に進路を取り、内ラチ沿いを伸びてはくるが、先に抜け出していた勝ち馬には0.2差届かず。

直線でかなり内にもたれていた様子で、それがなければ勝ち負けだったと、レース後のルメールジョッキー。

20/10/24 富士S(G2)

東京 芝1600m 良

着順:12着(1.36.5・3.1差)

騎手:横山典弘(52キロ)

スマイルカナとハナを競って引っかかる。

直線、坂の途中で一杯。

参考外の一戦だが、やはり折り合いには課題を残した。

2020年 富士S(G2)のラップ分析&回顧

20/12/19 ターコイズS(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:4着(1.34.9・0.3差)

騎手:津村明秀(53キロ)

出遅れたが腹を括って最後方から。

直線は内に進路を取り鋭く伸びてきたが4着まで。

十分に脚を溜めたあとの内差しが効果的に嵌った。

2020年 ターコイズS(G3)のラップ分析&回顧

21/3/13 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 不良

着順:13着(1.56.4・1.6差)

騎手:津村明秀(53キロ)

道中は12番手、中団の後ろあたり。

4角は9番手の内で直線に向くが、直線では良い脚は出せず。

この馬場でも序盤は引っかかり気味。

2021年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

次走、京王杯スプリングC(G2)に向けて

次走は5月15日(土)、東京競馬場 芝1400mで行われる「京王杯スプリングC(G2)」。

折り合いに課題のある馬が、満を持しての距離短縮。

暴走気味だった昨年の「富士S(G2・芝1600m)」では、残り200mを待たずしてバテ気味だったところをみると、この距離短縮もどうかとは思う。

 

その他、京王杯スプリングC(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)