ロジハービンのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

ロジハービンのここまでの走り

21/11/13 2歳新馬

福島 芝2000m 良 

着順:2着(2.04.4・0.1差)

騎手:泉谷楓馬(54キロ☆)

道中は中団のやや後ろ、8番手あたり。

4角は7番手で直線に向き、進路を馬群の外へ取って追い上げにかかる。

前が開いてからでも、ちょっと届きそうになかったが、鋭いキレでクビ差まで追い詰めた。

520キロを超える大型馬で、エンジンのかかりが遅いみたい。

21/12/12 2歳未勝利

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.02.0・-0.1差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

道中は中団の前7番手の内を追走。

4角は8番手の内で直線に向くが、包まれるかたちでなかなか進路が開かない。

坂の上り、残り200mあたりで馬群がばらけて進路ができると、進路を外に取って猛追し、ゴール前、内のディープグラビティを半馬身差し切ってゴール。

進路が出来てからの伸び脚はちょっと素質を感じさせた。


ロジハービンの脚質

中団あたりに控えて終いの脚を生かす競馬。

大型馬なので、エンジンのかかりは遅そうだが、トップスピードに乗ってからのキレは、ちょっと目を見張るものがある。

ここ2戦はスローの流れだが、ペースが締まってさらに良くなりそう。


ロジハービンの血統背景

父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。

母の父はジャングルポケット(ナスルーラ系グレイソヴリン/日本ダービー、ジャパンカップ、春天2着)。

母方の4代前・Katies(ケイティーズ)を祖とする牝系は、ヒシアマゾン(阪神3歳S、エリザベス女王杯)、アドマイヤムーン(ドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップ)、スリープレスナイト(スプリンターズS)といったG1馬、他にも重賞勝ち馬を輩出している名門牝系。

近親にはエフフォーリア(皐月賞、秋天、有馬記念、日本ダービー2着)。

次走、京成杯(G3)に向けて

次走は1月16日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「京成杯(G3)」。

血統背景は申し分なく、ここ2戦も能力を感じさせる走り。

当然穴人気してくるだろうが、面白そうな一頭。

 

⇒その他、2022・京成杯の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)