2020年9月21日【セントライト記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ココロノトウダイの好走パターンを分析。

ココロノトウダイの距離適性

ココロノトウダイはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-0-2)
  • 芝2000m(1-0-0-0)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

ベストは1800m、2000mはギリギリか。

ココロノトウダイの脚質

前々につけての押し切り、粘り込み。

そこそこのSP持続力を持ち、ペースが上がっても粘り込めるが、スローの瞬発力勝負になると切れる脚はない。

ココロノトウダイのコース適正

ココロノトウダイの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(2-1-0-0)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-2)

ココロノトウダイの持ち時計(ベストタイム)

ココロノトウダイの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.9 1着(新潟)
  • 芝2000m:2.00.9 1着(福島)
  • 芝2200m:2.16.7 6着(中山)

ココロノトウダイの重馬場適正

ココロノトウダイの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

ココロノトウダイの鉄砲実績(休み明け)

ココロノトウダイの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-2)

ココロノトウダイの枠順適正

ココロノトウダイの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-2)
  • 5~9番(1-1-0-0)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(未)

ココロノトウダイの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

ココロノトウダイの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(0-0-0-3)

ココロノトウダイの連対体重

  • 504~518キロ

ココロノトウダイの血統背景

父は「日本ダービー」「天皇賞(秋)」を勝ったエイシンフラッシュ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父は「皐月賞」を勝ったアグネスタキオン(サンデー系)。

半姉に「中山牝馬S(G3・中山芝1800m)」、「福島牝馬S(G3・福島芝1800m)」を勝ったフェアリーポルカ。

ココロノトウダイの近走

19/7/13 2歳新馬 16頭立て

福島 芝1800m 良

着順:2着(1.50.8 0.2差)

騎手:丸山元気(54キロ)

出遅れて、一頭だけ離れた最後方からの競馬になるが、向う正面からマクリ気味に上がって行って4角では6番手の外。

直線では馬場の外目から一気に追い込んでくるが、1馬身及ばずの2着。

しかしこの馬、2角くらいからすでに、徐々に脚を使っていて、向う正面、3~4角と、かなり長い間脚を使って、直線でもそのスピードは落ちることなく、勝ち馬を1馬身差まで追い詰めた。

そして上り時計もメンバー最速の34.6秒。

敗けはしたが、スピード持続力のあるところは示した。

19/7/13 2歳未勝利 11頭立て

新潟 芝1800m 良

着順:1着(1.47.9 クビ差)

騎手:丸山元気(54キロ)

新馬戦と比べれば、一気にペースも上がっているが、前走であれだけの走りをしているココロノトウダイにしてみれば、大したことはなかっただろう。

今走は出遅れこそなかったが、位置取りは後方10番手から。

4角も位置取りはほぼ変わらず、先頭との差はまだ5馬身ほど。

直線は馬場の外目を追い出して、グングンと先団に迫って行く。

残り200mで1番人気のヴィクターバローズと馬体を併せると、ほぼ併せ馬の状態でゴール前までもつれるが、わずかにクビ差だけ抜け出して1着。

この馬の上りは33.7秒。

瞬発力、勝負根性もそこそこある感じ。

19/11/3 きんもくせい特別(2歳・1勝)7頭立て

福島 芝1800m 良

着順:1着(1.49.3 -0.1差)

騎手:丸山元気(55キロ)

五分のスタートで5番手追走。

向う正面で徐々に順位を上げて、3~4角では抜群の手応えで2番手。

直線の入り口は先を行く2着馬と馬体を併せるが、手応えが全く違う。

残り200mで抜け出して、あとは気合を入れる程度で余裕のゴール。

道中、直線と、他馬に比べて終始余裕が感じられた。

20/2/16 共同通信杯(G3)

東京 芝1800m 稍重 9頭

着順:5着(1.50.4・0.8差)

騎手:丸山元気(56キロ)

スタート良くハナを切るが、主張するビターエンダーにハナを譲って道中は2番手。

道中は稍重を考慮してもかなり緩いペースで推移。

ココロノトウダイは4角は3番手の外で直線へ。

しかし直線は伸びを欠き、3着争いがやっとの状態。

「骨膜炎」からの休養明けで12キロ増。

これが響いたと考えるなら次走に期待。

20/3/22 スプリングS(G2)

中山 芝1800m 良

着順:7着(1.50.7・0.9差)

騎手:丸山元気(56キロ)

かなり緩めの展開を好位の4番手。

手応え良く4角を回ってくるが、直線ではさっぱり。

レース後右第1指骨剥離骨折が判明。

20/7/11 猪苗代特別(2勝)

福島 芝2000m 稍重

着順:1着(2.00.9・-0.2差)

騎手:丸山元気(54キロ)

道中は先団の3番手。

直線は逃げるココナッツスルーをゴール前捉えて勝利。

稍重なりの平均ペースだが、中盤で緩んだ分、前の馬には有利な展開。

20/9/21 セントライト記念(G2)

中山 芝2200m 良

着順:6着(2.16.7・1.7差)

騎手:丸山元気(56キロ)

道中は逃げるバビットの2番手追走するが、4角では早くも一杯加減。

2200mは長そう。

2020年 セントライト記念(G2)のラップ分析&回顧

ココロノトウダイの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

まずは抽選突破だが、3000mのここは厳しい。

 

その他、菊花賞の出走馬を分析