2022年2月12日【富士S】終了時点までのデータをもとに、ダーリントンホールの好走パターンを分析。

ダーリントンホールの距離適性

ダーリントンホールはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-2)
  • 芝1800m(2-0-1-0)
  • 芝2000m(0-0-1-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

どうやら適距離は千六っぽい。

ダーリントンホールの脚質

近走では出遅れが多く、ポジションが取れないことが多い。

その場合は後方からの競馬になるが、特別切れる脚はないので、出遅れたら上位食い込みの芽はない。

出来れば中団、悪くて中団の後ろあたりから終いを生かす競馬が理想。

500キロを超える大型馬だけに、伸び伸びと加速できる広いコースの方が加速がつき、戦いやすい。

展開としては、キレる脚はないので、スローの瞬発力勝負は避けたい。

道中流れる展開で、スピードの持続力を生かしたい。

ダーリントンホールのコース適正

ダーリントンホールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-0)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 東京(1-0-0-2)
  • 中山(0-0-1-2)
  • 阪神(0-1-0-1)

長い直線を使ってしっかり使って加速できるコースで力を発揮。

ダーリントンホールの持ち時計(ベストタイム)

ダーリントンホールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.9 2着(阪神)
  • 芝1800m:1.49.6 1着(東京)
  • 芝2000m:1.59.1 3着(中山)
  • 芝2400m:2.25.5 12着(東京)

適距離、適コースでなら、速い時計への対応は可能。


ダーリントンホールの重馬場適正

ダーリントンホールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

緩い馬場も、路面さえ荒れていなければそこそこ走れそう。

ダーリントンホールの枠順適正

ダーリントンホールの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-0)
  • 5~9番(1-0-1-3)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ダーリントンホールの鉄砲実績(休み明け)

ダーリントンホールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ダーリントンホールの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-1-0)
  • 55キロ(0-0-1-1)
  • 56キロ(1-1-0-1)
  • 57キロ(0-0-0-3)

ダーリントンホールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-2)

ダーリントンホールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 512~538キロ

ダーリントンホールの血統背景

ダーリントンホールは外国産馬。

父はニューアプローチ(ND系サドラーズウェルズ)。

ニューアプローチは欧州で走り、芝のG1を5勝。主要距離は芝の7F(約1400m)、10F(約2000m)、12F(約2400m)。

母の父はピヴォタル(ND系ヌレイエフ)。

ピヴォタルは欧州で走り、芝のG1を1勝(5F・約1000m)。

次走、ダービー卿チャレンジT(G3)に向けて

次走は4月2日(土)、中山競馬場 芝1600mで行われる「ダービー卿チャレンジT(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

五分のスタートで、前走のようにそこそこのポジションが取れれば面白い。

 

⇒その他、ダービー卿チャレンジT(G3)の出走馬を分析