2021年1月5日【中山金杯】終了時点までのデータをもとに、ダーリントンホールの好走パターンを分析。

ダーリントンホールの距離適性

ダーリントンホールはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-0-1-0)
  • 芝2000m(0-0-1-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

取りあえず2000mまでは大丈夫だが、それ以上になると未知数。

ダーリントンホールの脚質

前につけてしぶといスピード持続型だが、近走では出遅れ多発でポジションが取れない。

500キロを超える大型馬だけに、伸び伸びと加速できる広いコースの方が戦いやすい。

逆に、小回り、内回りでは苦戦。

特別切れる脚はなさそうなので、後ろからでは辛いだろう。

ダーリントンホールのコース適正

ダーリントンホールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-0)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(0-0-1-2)

長い直線を使ってしっかり加速できるコースで力を発揮。

ダーリントンホールの持ち時計(ベストタイム)

ダーリントンホールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.49.6 1着(東京)
  • 芝2000m:1.57.1 3着(中山)
  • 芝2400m:2.25.5 12着(東京)

速い時計への対応は可能だと思うが、小回り、内回りコースだと力が発揮し辛いのではないか。

ダーリントンホールの重馬場適正

ダーリントンホールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

緩い馬場も、路面さえ荒れていなければそこそこ走れそう。


ダーリントンホールの枠順適正

ダーリントンホールの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-0)
  • 5~9番(1-0-1-1)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

前につけてしぶとい競馬を見せる馬なので、枠順も内枠が欲しい。

ダーリントンホールの鉄砲実績(休み明け)

ダーリントンホールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ダーリントンホールの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-1-0)
  • 55キロ(0-0-1-1)
  • 56キロ(1-0-0-0)
  • 57キロ(0-0-0-2)

ダーリントンホールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-0)

ダーリントンホールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 512~526キロ

ダーリントンホールの血統背景

父はニューアプローチ(ND系サドラーズウェルズ)。

ニューアプローチは欧州で走り、芝のG1を5勝。主要距離は芝の7F(約1400m)、10F(約2000m)、12F(約2400m)。

母の父はピヴォタル(ND系ヌレイエフ)。

ピヴォタルは欧州で走り、芝のG1を1勝(5F・約1000m)。

ダーリントンホールのここまでの走り

19/7/21 2歳新馬 8頭立て

函館 芝1800m 良

着順:1着(1.49.8 -0.2差)

騎手:池添謙一(54キロ)

中団の4番手あたりを追走。

このコースの新馬戦としては、中盤はそこそこ締まった展開。

4角は2番手に進出して、直線は残り100mから楽に抜け出してゴール。

19/8/31 札幌2歳S(G3)12頭立て

札幌 芝1800m 稍重

着順:3着(1.50.9 0.5差)

騎手:池添謙一(54キロ)

少しだけ出負けはあったが、1枠1番の枠順を利して中団の前。

道中は稍重馬場だが、このクラスとしては若干締まった流れになっていた。

道中は内ぴったりで追走していたダーリントンホールは、4角手前で包まれるかたちになり、直線では追い出しを少し待たされた。

進路が開いてからは内をジワジワと伸びてきたものの、3着が精一杯。

500キロを超える大型馬だけに、一瞬の脚は期待できない。

19/11/30 葉牡丹賞(2歳・1勝クラス)12頭立て

中山 芝2000m 良

着順:3着(1.59.1 0.2差)

騎手:ビュイック(55キロ)

五分のスタートから中団にポジションを置く。

序盤、中盤と、このクラスとしてはかなり速いラップを刻んだ。

ダーリントンホールは3角を過ぎて進出を開始。

4角は5番手の外から直線へ。

直線も馬場の外目から先頭を追うが、その差はなかなか詰まらない。

ゴール前、2着馬にクビ差詰め寄ったところがゴール。

勝ったグランデマーレの走破時計は1.58.9で、このコースの2歳レコード。

この馬も残り600mから長く良い脚は使っているが、開幕週初日の馬場だけに、前が止まらなかったことも不運だった。

大型馬だけに、中山内回りのコース形態もベストではないだろう。

しかし前有利の展開を、一頭だけ差してきていることは評価できる。

20/2/16 共同通信杯(G3)

東京 芝1800m 稍重 9頭

着順:1着(1.49.6・ハナ差)

騎手:ルメール(56キロ)

道中は中団あたりを追走。

ペースは稍重馬場を考慮しても緩いペース。

このスローを嫌ってか、ルメール騎手は早めに前へ。

直線は逃げるビターエンダーとの叩き合いをハナ差制してゴール。

馬の能力もさることながら、鞍上の体内時計の正確さが光った。

併せて、東京では強い。

2020年 共同通信杯(G3)のラップ分析&回顧

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:6着(2.01.8・1.1差)

騎手:M・デムーロ(57キロ)

スタートは若干出負けで後方からの位置取り。

3~4角は外を回して追い込んで来るが、同じように外を回したコントレイルとは脚色がまったくと言っていいほど違う。

直線ではそジワジワ順位を上げているが、6着まで。

今回は位置取りも悪く、コーナー4つの中山内回り、そして稍重の馬場も応えた感じ。

2020年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

20/5/30 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:13着(2.25.5・1.4差)

騎手:M・デムーロ(57キロ)

スタートで出遅れて道中は後方12~13番手。

4角は15番手の大外から直線。

直線は馬群の外目から追い上げを計るが、良い脚は出せず13着。

この馬は、後ろから追い込む脚はない。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

21/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)

中山 芝2000m 良

着順:17着(2.03.6・2.7差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

外枠15番から出遅れて、二の脚でかかり気味に追い上げて道中は中団8番手あたり。

しかし3~4角で順位を下げて、4角は13番手の外で直線に向くが、直線ではもう余力なく殿負け。

約7か月ぶりの競馬で、まだ体調が万全ではないのかもしれない。

2021年 中山金杯(G3)のラップ分析&回顧

次走、富士S(G2)に向けて

次走は10月23日(土)、東京競馬場 芝1600m で行われる「富士S(G2)」。

千六は初距離。

約10ヵ月ぶりの実戦。

まずは様子見。

 

⇒その他、2021・富士S(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)