フィリオアレグロのキャリアはまだ3戦だけなので、近走だけをふり返る。

フィリオアレグの近走

19/10/19 2歳新馬 13頭立て

東京 芝2000m 重

着順:1着(2.01.7 -0.1差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

大外13番ゲートからスッと先団に取り付いた。

道中終始外々を回り、4角も外目から直線へ。

残り200m付近で抜け出すと、追いすがる良血馬レッドルレーヴの追撃を振り切ってゴール。

重馬場ながら、新馬戦としては時計も上々。

3着には6馬身半つけていることから、上位2頭が抜けていたと思われる。

ちなみに2着のレッドルレーヴは、次走の未勝利戦をしっかりと勝ち切っている。

20/2/16 共同通信杯(G3)

東京 芝1800m 稍重 9頭

着順:3着(1.50.3・0.7差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

7枠7番からスタートは出たが、そのあと下げて道中は中団あたり。

4角は5番手あたりで直線へ。

直線は馬場の外目から追い上げにかかるが、イマイチ伸びきれずに3着。

2着馬には4馬身つけられた。

スローの瞬発力勝負の展開だっただけに、キレ味勝負では後手を踏むと言うことか?

2020年 共同通信杯(G3)のラップ分析&回顧

20/5/2 青葉賞(G2)

東京 芝2400m 良 18頭

着順:3着(2.23.1・クビ差)

騎手:レーン(56キロ)

道中は中団。

直線は内をさばいて伸びて来て、一旦は先頭に立つが、ゴール前2頭に差されて3着。

直線入口で、進路を求めて少しウロウロしたロスがもったいない。

クビ差でダービーへの出走権を逃した。

レベルの高いレースだっただけに、この3着は惜しい。

2020年 青葉賞(G2)のラップ分析&回顧

フィリオアレグロの次走

次走は9月21日、中山競馬場 芝2200mで行われる、「セントライト記念(G2)」。

秋は満を持してここから。

力はある馬なので、前走の悔しさをバネに、ここから巻き返せるか?

 

その他、セントライト記念の出走馬を分析