2020年10月11日【毎日王冠】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、サトノインプレッサの好走パターンを分析。

サトノインプレッサの距離適性

サトノインプレッサはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-0-0-1)
  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

距離はマイル、中距離あたりと見るのが妥当。

サトノインプレッサの脚質

とにかくスタートが悪い馬で、キャリア6戦でまともにスタートを切れたレースは「新馬戦」だけ。

なので位置取りは当然後方からになる。

だが、終いの脚もそれほど切れると言う印象はなく、そうなるとおのずと着順も悪くなる。

下級条件ではそこそこ戦えたが、上のクラスでは歯が立たないと言うのが現状。

ダービーの4着も展開と位置取りが嵌っただけで、あまり評価できる4着とは思えない。

サトノインプレッサのコース適正

サトノインプレッサの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-3)
  • 京都(2-0-0-0)
  • 阪神(1-0-0-0)

東京コースは、「日本ダービー」ではそれなりに回って来ているので、左回り云々と言うことではないと思う。

サトノインプレッサの持ち時計(ベストタイム)

サトノインプレッサの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.2 10着(東京)
  • 芝2400m:2.24.9 4着(東京)

後ろからの追い込みになるので、時計が速いと、どうしても届かなくなる。

サトノインプレッサの重馬場適正

サトノインプレッサの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(2-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪は平気で走るようなので、馬場が渋れば展開次第で出番が回ってくることもある。

サトノインプレッサの鉄砲実績(休み明け)

サトノインプレッサの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

サトノインプレッサの枠順適正

サトノインプレッサの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(2-0-0-1)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(0-0-0-1)

スタートが悪いので、極端な外枠での出遅れは致命傷になる。

「日本ダービー」での4着は1枠1番からのスタート。当然出遅れたが何とかなった。

サトノインプレッサの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

サトノインプレッサの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(2-0-0-0)
  • 57キロ(0-0-0-2)

サトノインプレッサの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~488キロ

サトノインプレッサの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母のサプレザは主に欧州で走り、G1を3勝。主戦場は芝の1400~1600m。

母の父はサーム(ミスプロ系)。

サームは米国で走り、ダートの短距離~マイル、芝のマイル~中距離で活躍。

サトノインプレッサのこれまでの走り

19/10/26 2歳新馬 

京都 芝1600m(内)重 14頭

着順:1着(1.36.8 -0.1差)

騎手:川島信二(55キロ)

1枠2番からフワッと出るが、促されるかたちで好位の内5番手くらい。

道中内ぴったりで追走し、直線も内から逃げるノルカソルカをゴール前しっかり捉えて先着。

重馬場にしては、走破時計は悪くはないが、まあ、平均的な勝ち上がり。

20/2/16 こぶし賞(3歳・1勝)

京都 芝1600m(内)重 7頭

着順:1着(1.38.9・クビ差)

騎手:川島信二(56キロ)

道中は重馬場にしてもかなりの緩いペース。

サトノインプレッサは後方から、外を回して34.9秒の脚で差し切り勝ち。

20/3/28 毎日杯(G3)

阪神 芝1800m 稍重 10頭

着順:1着(1.47.9・0.1差)

騎手:武豊(56キロ)

スタート出遅れて最後方から。

3角手前から徐々に進出を開始して、4角では8番手の内で直線。

直線は内を突いて進出を計るが、前が開かずにしばし待たされる。

しかし、前が開いてからは一瞬にして突き抜けた。

馬場はかなり荒れた状態で、稍重にしては速いラップを刻んだ。

馬場の傷みなどを考慮すると、道中のペースはそれなりに速く、道悪適正の他に、スタミナ、パワーのあるところも示した。

2020年 毎日杯(G3)のラップ分析&回顧

20/5/10 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良 18頭

着順:13着(1.33.7・1.2差)

騎手:武豊(57キロ)

外枠17番からのスタートで、位置取りは後方から。

道中はかなり外々を回らされて、4角も14番手の外で直線。

直線も馬場の外目から追い上げるが、なかなかスピードに乗れなかった感じ。

かなりの距離ロスがあったことを考えれば、度外視しても良いレースかもしれないが、あまりにも見せ場なく終わってしまった。

左回りも、良馬場も、なにも確認できず終い。

ちょっと物足りない内容。

2020年 NHKマイルC(G1)のラップ分析&回顧

20/5/31 日本ダービー(G1)

東京 芝2400m 良

着順:4着(2.24.9・0.8差)

騎手:坂井瑠星(57キロ)

道中は中団のインでじっとしている。

途中マイラプソディが動いてペースが上がったときも、順位を下げながらもインで動かない。

直線に向いて、進路が取れると、馬場の馬群の内目をスルスルと抜けてきて、ゴール前接戦の中4着を確保。

ペースは総じてスローだっただけに、終始インで距離を稼いでいた分、最後に直線で弾けた感じ。

同じような位置取りだったが、終始外目を回り、4角も大外を回ったサリオスに先着を許しているあたり、4着と言ってもあまり評価はできない。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

20/10/11 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 稍重

着順:10着(1.47.2・1.7差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

スタートでアオって大きく出遅れる。

道中は後方を追走。

直線に向いても良い脚は出せず見せ場なく終わる。

2020年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

サトノインプレッサの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

可能性は低いが、スローの「日本ダービー」を内で4着に食い込んだ実績もあるので、あまり無下にもできない。

枠順、ペース、馬場などすべてがうまくかみ合えば、上位に食い込んでくる可能性もなくはない。

 

その他、菊花賞の出走馬を分析